COIN JINJAさんに道場破りしに来た

アリスマン
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

自己紹介

こんにちは。COIN JINJAさんに魂を売った男、

アリスマン改め「神社マン」です。

よろしくお願いします。

先日の日も落ちた頃、Twitter内にて

COIN JINJAさんに挑戦状を叩きつけられ、

「ALIS非公式マスコットとして黙っていられない!」と

即日キーボードを叩いております。

普段はALISにて毎日記事を投稿しながら、

このプロジェクトを広めるために、スタンプ作成や

企画の考案、まぁ主には賑やかしとして日々活動しています。

どうか最後までご覧いただけると幸いです。

「AL●Sで書くならCOIN JINJAで書いてみない?!」

以前からCOIN JINJAさんの記事は時々

拝見しておりました。

その中で目に飛び込んで来たタイトル。

「AL●Sで書くならCOIN JINJAで書いてみない?!」

なんだと?!!

ほう。これは戦いの時か。武器を取れィ!!!!

荒ぶる親指を落ち着かせ、リンク先へダイブ。

ALIS部隊・特攻隊長(自称)の私ですが、

いざ戦場に赴いてみると、その記事の中に確かな思いを

感じることが出来たのです。

COIN JINJA部隊の尖兵たちは、こちらに刃を向けてはいませんでした。

目指すところは同じじゃないのか?

この記事を拝見し、自分なりに色々と考えました。

「どちらで書く方がいいのか?」

「この先、生き残るメディアとは一体?」

ここでふと、僕はあることに気付きます。

ALISというメディア、COIN JINJAさん、確かにどちらも

入口や手法は違えど、目指すところは同じように感じました。

「いい情報を持った人を豊かにし、win-winの関係を築く。」

たったこれだけ。物事は私たちの想像以上にシンプルなのです。

ライターの活躍によりメディアが成長し、

また新しいライターが、新しい風を吹かせる。

相互に成長し、共に豊かになる。

これはALIS、COIN JINJAさんどちらも同じだと思います。

コンビニって何種類コーヒー置いてるかご存知?

朝昼晩、よくコーヒーを買うサラリーマンを見かけますよね。

コンビニには、コーヒー類だけで20種類以上の商品が並びます。

多いと感じるかもしれませんが本当の話です。

今度コンビニに寄った際はぜひ数えてみてください。

なぜ在庫を抱えてまで多くの物を並べるのか?

1種類じゃダメなのか?

そこにALIS、COIN JINJAさんが共存するキーがあります。

その時の気分、時間帯、お財布事情、年齢、性別、好み。

ユーザーは様々な要因から1つのコーヒーを導き出します。

ちなみに僕はカフェオレばかり飲みます。甘党です。

たくさんの種類があるからこそ、顧客には

選ぶ楽しみがあり、満足し、飽きないのです。

これをブログメディアに置き換えると、

簡単にスッキリ広告のないメディアで記事を書きたい方、

文章を書くのが得意でPV数ベースに報酬を求める方、

それぞれに違うニーズがあり、それぞれに良いところがあります。

ALISに飽きたら一回COIN JINJAさんで書いてみればいい。

COIN JINJAさんで書くのが難しければALISで書いてみればいい。

そこで得た知見を生かし、自分の得意なフィールドで活躍する事が

誰かのため、世の中のため、そして自分のためになるでしょう。

おわりに


身も蓋もないかもしれませんが、記事を書くだけが

幸せではないと思っています。

奥さんとの買い物も幸せでしょうし、子供と遊ぶのも幸せでしょう。

悪友と飲みに行くのが1番だ!って方もいらっしゃるかもしれません。

「若者は出世したがらない!」「やりがいより安定!」

なんて言葉も飛び交う世の中になってきましたね。

別にそれでいいんじゃないですか?

幸せのカタチは人それぞれだなぁと本当に最近感じます。

ただもし、自己表現のカタチとして記事を書くことに

幸せを見出す方がいらっしゃるとすれば、

ALIS、COINJINJAさん、どちらも将来 あなたを輝かせる大きなステージになる事でしょう。

著者:アリスマン

Twitter :@alisman_nuhaha

WebSite:ALIS 非公式マスコットブログ

enter image description here

関連記事

  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
  • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

    より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の

コメント