Urbit Data:論評数最大級のICO 兆の桁の不動産業界を粉砕する

Sponsored by Urbit Data
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    Urbit Data世界最大のオンライン不動産プラットフォームを創出しようとしており、あらゆる人がこの野心的で有望なプロジェクトを話題にしています。6月14日に予定されているローンチには多くの期待が寄せられています。

    Urbit Dataの目標はきわめて明確です。Urbitチームは以下の目標を達成するために1年以上にわたって活動を続けてきました。

    • 全世界の国際物件のすべてを同一のプラットフォーム上でアクセスできるようにし、アクセスを改善します。

    • Urbit Dataスマートコントラクトの実装により、すべての不動産購入、賃借、販売をより透明かつ効率的な方法で簡単に管理できるようにします。

    • 既に実現しているUrbit Data価格評価ツールでは、複数の不動産データソースの比較を通じて、より真実に近い公正な価格を提供します。

    • Urbit Dataソフトウェアを利用してスピード、効率、信頼性の向上を図り、不要な文書作成を回避します。

    • 取引時間の短縮をもたらし、取引を安価かつ安全なものにします。

    • Urbit Dataのユーザーは弊社のビッグデータソフトウェアをダウンロードして、掲載不動産のUrbit Dataデータベースを利用できます。ユーザーは報酬としてUrbit Dataコインを受け取ります。

    Urbit DataはUrbit価格評価ツールを開発済みです。これは種々の不動産ポータル、公的登記簿その他の情報源の公開不動産データを収集するオンラインプラットフォームです。これらのデータをすべて組み合わせることで、近隣の類似物件の推定価格を把握できるため、わかりにくい市場に透明性がもたらされます。

    この強力なツールにより、ユーザーは販売・賃貸価格、物件どうしの比較、価格変更履歴、リクエストした不動産に近接する目標物等の情報を入手できます。

    このプロジェクトの他の最も傑出した側面として、ユーザーへの報酬システムを挙げることができます。単純です。Urbit Dataがユーザーにお支払いいたします! そうです。ユーザーはUrbitのビッグデータソフトウェアをダウンロードできます。Urbitの国際物件データベースを提供するこのソフトウェアを利用すると、Urbitコインを受け取れます。

    不動産業界は巨大です。世界の開発済み全不動産の総価額は217兆米ドルになりました。この桁違いの市場で、Urbit Dataはビッグプレーヤーになろうとしています。現在の状況を改善する堅実かつ強力なソリューションを誕生させました。

    Urbit Dataプロジェクトが他のプロジェクトとは異なっている理由。

    • Urbit Dataは上記のすべての重要ポイントに対するミックスソリューションを提供します。ユーザーにとっての真のソリューションになります。

    • Urbit Dataはグローバルビッグデータソフトウェアを実装します(ユーザーは無料でダウンロードできます)。不動産市場の他のプレーヤーは一つとして企業アプリの利用に報酬を提供していません。弊社アプリはパソコンでも携帯電話でも利用できます。

    • Urbit Dataはどのサービスも省いておらず、顧客にフル不動産ソリューションを提供します。

    • Urbit Dataは価格評価ツールを実装します(無料)。同様のプラットフォームを国際銀行は1000万ドルで購入しましたが、同プラットフォームにはUrbitの技術面での改善、すなわち、ブロックチェーン、グローバルビッグデータ、ユーザーへの報酬、暗号通貨、が伴っていません。

    • Urbit Dataは作動中のベータ版で既にローンチを開始しています。スペインの不動産市場で実施されています。Urbitは単なるアイデアではありません。既に現実のものです!

    Urbit Dataは論評数最大級のICOプロジェクトです。既に投資家、機関、個人の関心を集めています。Urbitのプレセールを6月14日に開始いたします。初期にお申込みくださる方には大幅割引をご用意しております。

    詳細情報:https://urbitdata.io

    ホワイトペーパー:https://urbitdata.io/#nav-whitepaper

    関連記事

    • 【API連携】CoinEx/コインイーエックスのAPI連携

      通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。APIを取得したときのIPアドレスとアプリを使用する場所が違うとIPアドレスが変わり、ログインできなくなります。よりI
    • 新興の仮想通貨取引所ABCCが本日(7月12日)午後1時から取引マイニングを開始

      仮想通貨取引所ABCCは数日前に、ATトークンのリリースを発表し、取引マイニングを開始している。4日間のプレマイニング期間が終了し、本日(7月12日)午後1時から全てのユーザーに取引マイニングが開放される。同取引所はFuncity Capital、Dream Seeker Capitalなどからの出資を受けている。既にマイニングが始まり、この数日間で、Coinhillsでは7位に位置する取引高を記録している。現段階では、ABCCではAPIを開放しておらず、数週間後に開放を想定している。現在の取引高が続くようであれば開放後にはさらなる取引高の増加が見込まれる。1. 第1半減期におけるATの総数:
    • コイン相場club主催【全国詐欺被害額選手権】エントリー募集!

      2017年はビットコインブーム!「億り人」なんて言葉も生まれたくらいに稼いだ人もいて仮想通貨を持ってさえいれば、みんなホクホク。そして2018年はICOブーム!上場前のトークンを安く買って、上場後に高く売ってその利益で、みんなホクホク。・・・とまあ、これだけ聞けば仮想通貨やICOに関わる人はみんなホクホクしたように聞こえますが実際には、騙されて損しちゃった人もたくさんいます。 ⇒根拠のないガセネタで、結局○○コインは翌週暴落し、それ以来、ずっと含み損を抱えている。 ⇒ICO自体がそもそも存在しない。上場ももちろんデマ。話のすべては仕組まれた詐欺だった。気付いたころにはもうトークン購入費は支

    コメント