SafeCrypt.io:安全性と匿名性を重視した仮想通貨取引所

Sponsored by SafeCrypt
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

当プロジェクトは、取引の安全性と匿名性を高いレベルで確保する仮想通貨取引所を設計することで、フェイルセーフな仕組みを構築しています。

かつての最大手仮想通貨取引所マウントゴックスは、顧客からの絶大な信用を意のままにしていた、業界創生期の真の巨人でした。2013年8月にマウントゴックスを通して取引されたビットコインは、全体の実に47%以上でしたが、2014年4月15日、同社は850,000枚のビットコインを失うことになりました。この事件の原因は未だ明確になっていませんが、お金は永遠に失われてしまいました。

マウントゴックスの話や、最近のコインチェックの強奪事件が示すのは、外部からの脅威に脆弱な第三者のアカウントに、自分の仮想通貨資産を保管しているトレーダーは、その全てを失う危険にさらされているという事実です。壊滅的な状況になるのを避けるためには、トレーダーは常に自分のお金を、自らの管理下に置き続ける必要があります。しかしそれは、現状の仮想通貨業界内では、ほとんど不可能なことです。

SafeCrypt.ioは、高度なセキュリティーアルゴリズムとフェイルプルーフな設計を備える、仮想通貨取引プラットフォームを開発しています。このプラットフォームでは、ユーザーは取引所に預けることなく、デジタル通貨を使った運用を行うことができます。全ての資産はユーザーのハードドライブに保存されるため、外部からの攻撃にさらされることはありません。

SafeCrypt.ioのチームは、その競争力の高いサービス手数料(0.6%の低水準)と高いレベルの匿名性を投資家に提供することで、仮想通貨取引所市場の最大9.6%のシェアを獲得できると期待しています。

SafeCrypt.ioの主な特徴:

  • 取引の速さ(24秒未満)
  • 取扱仮想通貨資産の幅広い種類:44種類がすでに承認済み
  • リスクフリーの取引:資産はユーザーの管理下に維持される
  • 高いレベルの匿名性
  • 取引のメタデータを一時的に保存する安全なクラウド環境

SafeCrypt.io ICOの詳細

当プロジェクトは、支援者たちに対する完全な透明性を備えた、マイルストーンベースの資金調達システムを、ICOで初めて導入します。資金調達の目標をより細かな段階に分けることで、資金が効果的に利用されているか、プロジェクトの支援者たちが正確に把握できるようにします。

この資金調達システムは、すでにSafeCrypt.ioの支援者たちに承認されており、資金調達キャンペーンを確実に成功させる積極的な手段として、最新の市場状況を見ながら実施されます。

要するに、各開発フェーズは多くのマイルストーンで構成され、各マイルストーンを完了させるためには、一定量の資金調達が必要です。開発全体のロードマップは、プロジェクトのウェブサイトでご覧になれます。 SafeCrypt.ioのチームはこう述べています。「私たちはこのユニークなシステムで完全な透明性を実現し、支援者からの賛同を得たいと考えています。従来のICOはたいてい、明確な短期目標を設定しなかったり、何の中間結果も報告しません。そのため支援者たちは不安を抱えながら、公約された何らかのプロダクトやサービスが出て来るのを待つしかありません」

トークンの価値を安定化させるために、SafeCrypt.ioは以下のトークン安定化戦略を採用しています。

  1. トークンの買い戻し 取引所プラットフォームのリリース後、チームは2段階のトークン買い戻しフェーズを開始します。それにより、プロジェクト支援者のROIを確保します。

  2. 主要なトークン保有者に対する配当 総供給量の1%以上のトークン保有者は、プロジェクトのビジネスソリューション(取引所、商業、他)の営業純利益から、配当を毎月受け取ることができます。

  3. トークンを使った手数料の支払い このオプションは主に、投資金額は少額ながら、さらにメリットを得たいと考えている寄付者向けのものです。

  4. 低いボーナス率 提供可能なボーナスを制限することで、チームはトークン価値のインフレ問題を解決し、トークンの価値下落を確実に防ぎます。

支援者と、プロジェクトのさらなる発展のために利益を生み出すことを目的として、SafeCrypt.ioは以下のビジネスソリューションを提供します。

商業ソリューション

フェイルプルーフな機能性を備える、商業用ウェブサイト及び電子商取引プラットフォーム向け商業ソリューションを開発します。このソリューションにより、それらのウェブサイトは最低限の費用で幅広い種類の仮想通貨資産を受け入れたり、非常に使いやすい料金請求システムを導入することができます。ソリューションはすでに公開テスト用にリリースされており、無料でテストに参加できます:https://token.safecrypt.io

仮想通貨取引所サービス

SafeCrypt.ioのフェイルセーフ機能のウェブ版開発は、すぐに利用できる仮想通貨取引所サービスの設計で完了します。取引できる仮想通貨として200種類以上を用意し、取引手数料は0.06%の固定制です。

その他のB2Bソリューション

広範囲に及ぶ枠組みを持つSafeCrypt.ioは、商業利用向けのポートフォリオ管理機能を開発しようとしています。この機能により、顧客や提携業者の仮想通貨を運用する専門ブローカーや仮想通貨ファンドは、その業務プロセスを最適化することができます。

トークンセール自体は、参加者にとって非常に使いやすい方法で設計されています。投資家は44種類の仮想通貨を使って、SFCトークンを購入できます。交換レートは、1 ETH=15000 SafeCrypt.ioトークン+適用されるボーナスです。他の仮想通貨との交換レートは、ETHとSFCとの固定交換レート(1/15000)に基づいて計算されます。

SFCはERC20トークンなので、あらゆるETH互換ウォレットで保管することができます。プロジェクトは15億枚のトークンの発行を予定しており、総供給量の70%がICOで分配されます。

当プロジェクトについて更に詳しい情報を知りたい場合は、公式ウェブサイトを参照していただくか、TwitterTelegramで登録して最新情報を入手してください。

関連記事

  • ブロックチェーンのオンライン学習サービス「EnterChain」がスタート

    ブロックチェーン技術の教育、ブロックチェーン・AIの導入コンサルティングを行う株式会社digglue(代表取締役社長:原英之本社:東京都文京区)は、ブロックチェーンのオンライン学習サービス「EnterChain」を2019年2月5日(火)より100名限定で公開いたします。本サービスでは、テキストや図だけでなく実際に操作しながら学ぶことでブロックチェーンの初学者にとってわかりづらい技術を、オンラインであってもわかりやすく学ぶことを支援します。将来、ブロックチェーンの与える社会への潜在的なインパクトは国内外で67兆円※に上ると算出されています。そのため、今後日本国内においてブロックチェーンの知識の
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.29

    直近2週間は、UI最適化と機能追加により、アプリがアップデートしました。仮想通貨の相場は相変わらずの冬景色ですが、業界を少しでも盛り上げられるように頑張って参ります。最新版は今週中にリリース予定ですので、しばらくお待ちください。先週にリリースを予定していたTOPページなのですが、UIの微調整・ニュース整理のため予想していた時間より少し時間がかかりました。全ての情報をTOPページでスピーディーに確認できます。最新バージョンでは、各通貨詳細ページでSiri機能をショートカットで追加し、コインの価格がリアルタイムで確認できるようになります。簡単かつ便利に利用できる機能でございますので是非、お試しくだ
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.28

    2019年の1月も半分以上経っております。仮想通貨市場全体が下がっておりますが今年もコイン相場アプリはこれまで以上に進化していきますのご期待ください。今月は主に今までの機能を最適化する作業をおこないました。ニュースタブにTOPページが新設されます。今までユーザーは最新情報を得るために多数のページにアクセスする必要がありました。今回、アップデートされるTOPページではよりスピーディーな情報獲得ができます。また、速報スクリーンショットシェア機能が追加され、SNSで共有できるようになります。一般モードと夜間モード両方で目に負担がかからないような色を選別し、調整いたしました。待ち時間を減らすため、ポー

コメント