基軸通貨どうなるの?

ジョージ
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

BTC大丈夫?

これから書くことはあくまで私個人の主観です。

特に贔屓にしている通貨もありませんが、仮想通貨の未来には期待をしています。

ただ、最近のビットコさんと主要アルトの動きを見てかなり思うところがありますので書いてみようと思います。

基軸離れ進行中?

アイキャッチの画像は

BTC 、XRP、BCH、ETHを4時間脚で6月初めから現在まで並べたものです。

一目見て連動が弱いのがわかりますね。

もちろん、いまだにBTCが大きく下げれば主要アルトも下がる傾向にはあるのですが、主要アルトのほうが下げた後の回復が早いです。

BTC下げ→アルト下げ

BTC下げ止まり→アルト回復上げ

BTC上げ→アルトさらに上げ

最近はこんなイメージです。

もちろん短期トレーダーの方はもうご存知かと思います。

BTCが下げ止まったら主要アルトにIN。

これかなり美味しいのは間違いないですね。

基軸通貨を変えたがっているのか

しかしこんな動きを見ると、どこか一般人の見えないところで基軸通貨を変えたがっているようにしか思えないですね。

それとも、もしかしたら基軸通貨の概念さえも取り払おうとしているのかもしれません。

仮にBTCを基軸通貨の役割から引きずり降ろそうとしていると仮定すると、BTCのボラティリティが小さくなったのが納得できてしまいます。基軸通貨、切り離しのシナリオはもしかしたらこうかもしれません。

①BTCのボラが大きいと否が応でもアルトもそれにつられるのは目に見えている。

②そこでまずBTCのボラティリティを小さくする。

③主要アルトがBTCの下げにつられる動きを大口が阻止

④BTC回復に合わせて主要アルトを大口が上げる

この②~④を長期間繰り返すとどうなるでしょうか?

⑤最終的にはBTCの下げにつられていた主要アルトがそのうちつられなくなる。

⑥BTCの基軸通貨としての役割が減少

こんな流れになっていきそうです。

かといって、BTCがなくなるし価値がなくなるかといえばそうも思いません。何年後かにそうなってもおかしくはありませんが・・・。

これからの展望

では、これから基軸通貨はどうなっていくのでしょうか?

私的にはいくつかの主要通貨がそれぞれ基軸通貨としての役割を担っていく群雄割拠の状態に近づいていくのじゃないかと思います。

そして、さらに今年は数ある仮想通貨も淘汰されていくように思えます。(みんなわかってるか・・・)

ポートフォリオを確認しておかないとゴミになるコインが多量発生しそうで怖いですね

流れ的にはBTCと主要アルトの差がどんどん縮まっていく。 そんな1年になりそうです。

募金してね!

BTCアドレス

1MsVNk1RQhbJ3q364QNciqvMxbtzfGNyy9

ETHアドレス

0x2218a62bfdde24627cb30ddd23364362f76fe4fd


著者:George

Twitter :ジョージの競馬

WebSite:ジョージの競馬。至高の調教相馬眼

enter image description here

関連記事

  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
  • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

    より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の

コメント