基軸通貨どうなるの?

ジョージ
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

BTC大丈夫?

これから書くことはあくまで私個人の主観です。

特に贔屓にしている通貨もありませんが、仮想通貨の未来には期待をしています。

ただ、最近のビットコさんと主要アルトの動きを見てかなり思うところがありますので書いてみようと思います。

基軸離れ進行中?

アイキャッチの画像は

BTC 、XRP、BCH、ETHを4時間脚で6月初めから現在まで並べたものです。

一目見て連動が弱いのがわかりますね。

もちろん、いまだにBTCが大きく下げれば主要アルトも下がる傾向にはあるのですが、主要アルトのほうが下げた後の回復が早いです。

BTC下げ→アルト下げ

BTC下げ止まり→アルト回復上げ

BTC上げ→アルトさらに上げ

最近はこんなイメージです。

もちろん短期トレーダーの方はもうご存知かと思います。

BTCが下げ止まったら主要アルトにIN。

これかなり美味しいのは間違いないですね。

基軸通貨を変えたがっているのか

しかしこんな動きを見ると、どこか一般人の見えないところで基軸通貨を変えたがっているようにしか思えないですね。

それとも、もしかしたら基軸通貨の概念さえも取り払おうとしているのかもしれません。

仮にBTCを基軸通貨の役割から引きずり降ろそうとしていると仮定すると、BTCのボラティリティが小さくなったのが納得できてしまいます。基軸通貨、切り離しのシナリオはもしかしたらこうかもしれません。

①BTCのボラが大きいと否が応でもアルトもそれにつられるのは目に見えている。

②そこでまずBTCのボラティリティを小さくする。

③主要アルトがBTCの下げにつられる動きを大口が阻止

④BTC回復に合わせて主要アルトを大口が上げる

この②~④を長期間繰り返すとどうなるでしょうか?

⑤最終的にはBTCの下げにつられていた主要アルトがそのうちつられなくなる。

⑥BTCの基軸通貨としての役割が減少

こんな流れになっていきそうです。

かといって、BTCがなくなるし価値がなくなるかといえばそうも思いません。何年後かにそうなってもおかしくはありませんが・・・。

これからの展望

では、これから基軸通貨はどうなっていくのでしょうか?

私的にはいくつかの主要通貨がそれぞれ基軸通貨としての役割を担っていく群雄割拠の状態に近づいていくのじゃないかと思います。

そして、さらに今年は数ある仮想通貨も淘汰されていくように思えます。(みんなわかってるか・・・)

ポートフォリオを確認しておかないとゴミになるコインが多量発生しそうで怖いですね

流れ的にはBTCと主要アルトの差がどんどん縮まっていく。 そんな1年になりそうです。

募金してね!

BTCアドレス

1MsVNk1RQhbJ3q364QNciqvMxbtzfGNyy9

ETHアドレス

0x2218a62bfdde24627cb30ddd23364362f76fe4fd


著者:George

Twitter :ジョージの競馬

WebSite:ジョージの競馬。至高の調教相馬眼

enter image description here

コインポイン

関連記事

  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・

コメント