UP or DOWN ?

ジョージ
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

動き遅くて・・・

いやいや、結構ヤキモキしてましたよ・・・ 出来高が全く上がらない中、まさか$7635あたりを突破してしまうんではないか??

1発目の予想から外してどんな言い訳しようかな~

なんて(笑) マカフィーさんが来月12日までに1.5万ドルまで上がるっていったから・・・とかww もうイタリアがとんでもないことになっててww

ほんの少しだけ考えてました!

今の時刻は21時43分。 少しビットコさんがリバウンドしてるとこであります。

さて、問題はこれからどうなるか? 答えはアイキャッチに載せときました。 ビットコさんはこれから

クルクルクルッと3回転ほど回って着地を決めに行くと思います!

難易度はC+です。

ちなみに今の私の心配事はビットコさんがこの記事を書いてる間に鬼リバウンドを見せてこの記事が台無しになることです(笑)

真面目に予測しましょう。 今回の下げ。 ビットコさんのリバウンドはおそらく矢印のところまでは戻らないとみています。半分ぐらいは戻すことはあるかもしれませんが・・・。 いまだに私の選択はショート一択。

先日は7635ドル以上定着で考えなおすと言いましたが、今回は矢印のところを上向けしたら考え直します。 まぁ、2月から始めた私の意見で焼けないように注意だけしておいてください。 ちなみに最終目標は最悪でも6900台に置いてます。 うまくいけばいいですが・・・どうでしょうかね?

なぜそうなるの? という理由はたくさんあるからちょっと今回は書きません。 文字数も多くなるし・・・また気が向いたら考察も書きたいと思います。

ちなみに先ほどビットコさんが下げていた時、リップル君は上げてました。 ちょっとここ最近では見ない流れだったので挙げておきます。 これがどんな意味を持つのか、わかる人はわかるはずですよね? ちょっとこれから面白い展開になるかもしれませんね!

それでは、今日はこの辺で。

あ、今週の競馬ですが・・・ 鳴尾記念はトリオンフ狙い 安田記念はペルシアンナイト狙い でいこうかと思っています。騙されないようにDYORしてください(笑)

記事応援募金お願いします。(笑)

BTCアドレス

1MsVNk1RQhbJ3q364QNciqvMxbtzfGNyy9

ETHアドレス

0x2218a62bfdde24627cb30ddd23364362f76fe4fd


著者:George

Twitter :ジョージの競馬

WebSite:ジョージの競馬。至高の調教相馬眼

enter image description here

関連記事

  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
  • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

    より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の

コメント