まだガラパゴス島で消耗してるの?

ペペカルト
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

はい笑 皆様、こんにちは。

ペペカルトです。

え?タイトルが何か・・・って?
まあ、ええやんw

でも、今回は真面目な話ですし、仮想通貨の民にプラスになる内容
だと思います。

また、なんかガラパゴス化してない?

一時期、日本は仮想通貨関係の法律ができたり、参加者が多かったりして、「仮想通貨先進国」、「仮想通貨に優しい国」みたいなことが言われていました。

ぶっちゃけ最近どうよw?

税制にしろ、規制にしろ、迷走してる感が否めません。
いや、はっきり言います。ガラパゴス化が絶賛進行中です。

さらに、我々日本人は当然ですが、日本語を使います、何らかの情報を追うにしても、日本語で書かれていたほうが理解しやすいです。

しかしながら、実は、仮想通貨やICOの情報を集めたりする際に、日本語で書かれた記事だけを読んでいると、我々もガラパゴス化しかねません泣

enter image description here

もちろん、英語→日本語に訳された記事は重要度が高いことが多く、手っ取り早く事情を知るのに役立ちます。

しかし、日本語よりも英語で書かれた記事のほうが多いため、情報量に差がありまくります。ガラパゴス島から脱出しましょう笑

どうやって脱出するよ?

多くの人にとって、下2つは鉄板ではないでしょうか。
・Twitter
・日本語で書かれた記事(ブログ等)

加えて、英語で書かれた記事も読んでみましょう!

こう言うと、「おいごら!英語とかわからねぇよ!」という声が聞こえてきそうですが・・・

問題ありません!!

実は最近のgoogle翻訳はかなり優秀です。

・Step1
Chromeを開く

・Step2
海外の仮想通貨メディア(後述)にアクセスする

・Step3
右クリックして、「日本語に翻訳する」を押す。
※設定で自動的に翻訳されるかもしれません。

100%の翻訳精度ではありませんが、65%以上はあると思います。
大意は掴めます。

自分は英語の勉強も兼ねて、英語で読んでいます。分からない単語が出てきたら調べています。

役立つ海外メディア(簡易版)

※独断です。

・鉄板ニュースサイト
※以下の3つから、お気に入りのニュースサイトを1つ選んで、継続的に見たほうが体力的に楽かもしれません。他の媒体からもたくさんの情報を得る時代ですからね。

1.CoinDesk
2.Cointelegraph

※日本専用版もあり
3.CCN

・Telegramを持っていて、英語が少しわかるなら・・・

ここから探して見るのも良いかもしれません。仮想通貨関連のchannelリストです。

・他にも取引所がブログで情報発信してたりします。

1.Coinbase Blog
2.BitMex Blog

※取引所系はこの当たりが良いと思います。特にCoinbaseの動きは見逃せないです。

他にも上げようと思えば、たくさんあるのですが、逆に情報の洪水に流されて、わけわかめ状態になるので、ここらで抑えておきます。

あと、Twitterで仮想通貨界隈の有名な外国人をフォローしてみても面白いかもしれません。Twitterにも翻訳機能が一応ありますからねw
bitcoinはベーコンと訳されますけど笑

次回は、VC(Venture Capital)特集やろうかなと思います(; ・`д・´)
時間かかりそうだったら、途中に小ネタはさみますw

過去の記事
SCAM ICO突撃シリーズ①
memeって知ってる?


著者:ペペカルト

個別株、投資信託、仮想通貨への投資が趣味。
Pepecash推し。

Twitter :@CultPepe

enter image description here

関連記事

  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
  • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

    より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の

コメント