SCAM ICO突撃!シリーズ①

ペペカルト
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

皆様、こんにちは。ペペカルトです。

仮想通貨界隈にいる方なら、SCAMという言葉も、ICOという言葉も聞いたことありますよね。

簡単に説明すると、

ICO:クラウドファンディングの一種(僕たちのトークン挙げるから、仮想通貨頂戴(^_-)-☆ってやつです)

SCAM:詐欺

仮想通貨相場は冷え込んでいますが、未だに様々なICOが立ち上がっています。

しかし、同時に多くのScammer(詐欺師)も存在しており、注意が必要です。

ICOに投資するにしろ、しないにしろ、SCAM ICOを学んで、身を引き締めましょう。

1.今回、突撃したSCAM ICOはこちら

enter image description here

CCA(Composite Cylinders Advanced)

なんだそりゃ?知らないよ、そんなの。

はい、知らなくて大丈夫です。むしろ知っているほうがおかしいです。

新型のガスシリンダーを製造して売りまくって、皆でhappyになっちゃおうよ!みたいな感じです。

ふと、ICO benchを見た時に、たまたま目に入って開いてみると、SCAMのオイニーがしたので観察することになりました。

ICO bench:ICO格付けサイトだが、あ、察しな部分もある。

お、アドバイザーにレーニン賞受賞者がいるやないけ!

enter image description here

んw調べても、出てこない( ゚Д゚) てか、受賞者リストに載ってないやんけ!

これは臭いますね。SCAM臭が。 要観察対象です。

さて、どうなることやら・・・

2.Telegramの様子

enter image description here

Teleglamでよく見る光景ですね。まだ、問題ないです。

※Teleglam:仮想通貨界隈でよく使われるアプリ。ICO側が投資家にアナウンスしたり質問に答えるのによく使われる。英語とネットスラングを学ぶのにも役に立つ?仮想通貨投資家必須アプリ。

enter image description here

walletに問題がでてきたようです。どうなるやら。

enter image description here

Admin(管理人)が消え、SCAM疑惑がでてきました。

※Admin:消えてはいけない人。消えると無法地帯になる。

ちなみに「アドバイザーのレーニン賞受賞者が受賞者リストに乗っ取らんぞ!」と言ったところ、一瞬だけAdminが出てきました。「秘密のプロジェクトが何たら」とか言い訳こいてました。

そして、Adminは消えました。現在も、Adminの書き込みが確認できません。

3.詳しい人?現われる!

ここで、思いもよらないことが起きました。

私宛に 「このICOは100%SCAMだ」 というPMが来たのです。

しかも、「私は彼ら(このICOのCEOとエンジニアと言ってました)を知っている」 と・・・ さらに、「しばらくの間、一緒に働いたことがある」 と・・・

「こいつら詐欺師?」 と聞くと、「不幸にも、そうだ」 との返事。

※このICOに関する情報を提供していただいた方は、他のICOのマーケティング担当をしており、ロシア発のICOやプロジェクトに詳しい方でした。

enter image description here

enter image description here

enter image description here

そして、「このICOのCEOに連絡とることできるの?」と聞いてみると、

enter image description here

はい。ロシア語なんてわかりません(^^) でも、相手は間違いなくこのICOのCEOのようです。

よって、ロシアのヤクーツク在住のマヤさんに翻訳を頼みました。

※ここでマヤさんを金髪のロシア人美女だと想像した方は般若心経100回唱えてください。煩悩を消し去りましょう。

結果はこんな感じらしいです。

enter image description here

どんだけ悪党やねん。お前( ゚Д゚)

さらに、

enter image description here

  • 10000$(100万ちょい)集めた
  • walletは外部に委託しているが、お金がなくて維持できない

読者の皆様。ひどいICOは、こんなもんです笑

ただ、少額でも大問題だと思います。

仮想通貨界隈の隅っこで、こういうことが起きています。 そして、騙し取られる人も多いわけです。 このICOもScam山の一角にすぎないでしょう。

もし、何かのICOに投資しようと思っていのなら、もう一度しっかり、 そのICOを調べるべきかもしれません。

Scammerを覗く時、Scammerもこちらを覗いているのだ。

SCAM ICO突撃シリーズ①はこれで終わりですが、シリーズ②も書きますのでお待ちください。

※Scam情報を絶賛募集しております。twitterからDMください。よろしくお願い致します。


著者:ペペカルト

個別株、投資信託、仮想通貨への投資が趣味。 Pepecash推し。

Twitter :@CultPepe

enter image description here

関連記事

  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
  • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

    より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の

コメント