オンラインサロン「コイン相場Club」 1期生募集!

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

仮想通貨・ブロックチェーンの未来にコミットした企画運営集団「コイン相場Club」をはじめます。

【リターン内容】


  • コイン相場ClubのFBグループへの参加が出来ます。
  • 月一回の定例会への参加が出来ます。
  • コイン相場の各種リソースを活用して、仮想通貨に関連するイベント・企画の運営側として関わる事が出来ます。

【参加条件】


  • 1期生定員:8 名様
  • 会費:0.1ETH / 月

書類審査、面談をさせていただいた上、指名させていただきます。

⇒ ご応募はこちらから

▼仮想通貨アプリ「コイン相場」とは

コイン相場は仮想通貨取引に関わる主要な機能(相場チャート、ニュースキュレーション、ポートフォリオ管理、税金計算、ICO検索、ウィジェット機能など)を網羅した、オールインワンアプリです。

DL数におきまして、仮想通貨関連のアプリでは2位、仮想通貨取引所の公式アプリを除く仮想通貨ツールアプリでは1位となっています。

「1万人超えの仮想通貨フェスをやろう!」「仮想通貨Vtuberを創ろう!」「トークンエコノミーの原型が見える地方都市ツアーにいこう!」など、既にいくつかの企画が上がって来ています

▼コイン相場clubをはじめる理由

コイン相場は株式会社COINJINJAが運営元です。外国人比率80%、そのほとんどがエンジニアという技術者集団になります。ダウンロード数国内で約30万ダウンロードを記録し、仮想通貨界隈の認知度や仮想通貨関連企業との横のつながり、100件を超える海外プロジェクトとのつながりなど、提供出来るネタは多くありますが、実行していくチームが無いのが現状です。

非中央集権な未来を作るには、企業としてプロジェクトを実施するのではなく、コイン相場のユーザーやファンと対等な関係で新しいサービスを軸としたコミュニティ・仮想通貨エコシステムを構築したい考えで開始します。

単なる学校のような教える側と教わる側の上下の関係ではなく、対等な関係でプロジェクトを生み出し進行する予定にしており、我々は【オンラインサロン2.0】と称します。それは、働き方改革、人生100年時代と言われる中で個人の生き方や、一歩先を生きる仮想通貨民の居場所づくりでもあると考えます。

▼最後に

仮想通貨・ブロックチェーンが好きな方、将来この分野で起業しよう、なんらか仕事を作っていこうとしている方にはぴったりなオンラインサロンになると考えます。

企画すること、ゼロから人を集めるのも、並大抵の努力ではありませんが、チームや、そこに参加する観客を集めるリソースは我々も提供いたします。しかしながら、自立分散したオンラインサロンですので、運営元は余計な口出しも致しません。あくまで自走するまでの初期フォローとリソース提供に徹し、ルールや役割、新たな企画等はclubメンバーの皆様にお任せしたいと考えます。

⇒ ご応募はこちらから

※企画の属性によるとは思いますが、当然企画の中で上がった収益に関しては、運営元が売上として持っていくのでは無く、企画運営のメンバーの中で分配して頂いて構いません。我々は全力で応援していきます。

▼注意事項

  • Facebookの非公開グループにて活動を行いますので、ご参加いただく際はアカウントが必要になります。
  • Facebookアカウントがアクティブでないと判断した場合(実名ではない、プロフィール写真がない、友達がいない等)入会をお断りする場合があります。
  • このプロジェクトは秘密のグループです。内部の情報を漏らさず秘密を厳守できる方のみ入会できます。
  • 特定の利用者への誹謗中傷、荒らし行為などがあった場合、強制退会とさせていただく場合があります。
  • 情報商材、またはそれ相当と判断されるビジネスに関わる方や、弊社の競合企業に関わる方、暴力団関係者の入会はお断りします。入会後に判明した場合強制退会となります。
  • その他、運営側が不適切だと判断した場合は退会をお願いする場合がございます。

関連記事

  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
  • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

    より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の

コメント