ヌータが見る仮想通貨の未来

ヌータ=クリプト
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

はじめに

はじめまして。ヌータ=クリプトです!

A●ISで仮想通貨ニュース記事を書いたり、面白い漫画記事にいいね!押したりして不思議の国に迷い込んでいたところ、

この度「AL●Sで書くならCOIN JINJAで書いてみない!?」企画で記事を書かせていただくことになりました。

いつも見ているアプリつくっているサイトに自分の記事が載るとは夢のようです。

不思議の国から夢の国に入国、、、おあとがよろしいようで。

さて、タイトルとの乖離が激しいと早速お気づきの方もいらっしゃると思います。

なぜ仮想通貨の未来とか壮大なタイトルにしたかというと、仮想通貨の記事を書かせていただくからには

私が現在どういう風な思いを仮想通貨に抱いているか、をあらかじめお伝えしておきたい、

そのうえでこれから記事を読んでいただきたいと思うからです。

仮想通貨を始めるきっかけ

きっかけは至極単純、仮想通貨のボラティリティの大きさに魅了されました。

もともと株やFX多少ですが経験がありました。

2017年12月、仮想通貨デビューコインチェックとzaifに口座を開設し少額ではじめました。

当時は話題になっていたリップルと時価総額的に成長余地がありそうなNEM、あとインフレンサー推しのXPを買いました。

20円台で買ったリップル、NEMがぐんぐん伸び、XPは数十倍に。少額ずつ利確してうはうはでお正月を迎えました。

しかしいい時期は長くは続きません。2018年1月から2月にかけてビットコイン価格は約半額に。

下落率が目立つ銘柄が増えてきました。

俗にいう脳死ガチホでは勝てない状況となりました。

ここで引退された方もいらっしゃると思います。

しかし、私は色々情報を調べることで仮想通貨が好きになっていました。

現状の仮想通貨

価格に関しては比較的落ち着いてきたのではないかと思います。

大口の思惑で時に上にも下にもオーバーシュートしていますが笑

ブロックチェーン技術に関してはどうでしょう。

  • 国家間の送金手数料が格段に安くなる
  • 製品の管理をブロックチェーンで行うことでコスト削減、品質管理の質も上がる
  • 契約をブロックチェーン上で管理することで改ざんできない正確なデータが得られる

さっと例を挙げただけでも産業に活かせる革命的な技術がブロックチェーンに紐づいて開発されています。

また、最近はDAPPS(ブロックチェーンゲーム)も盛んにつくられ始めています。

仮想通貨の未来

上にあげたように様々なユースケースが出てきて、

サプライチェーン、契約といったビジネス的なことから

店舗決済、ブロックチェーンゲームといった私たちの身近なことまで

ブロックチェーンの技術が使われ始めています。

インターネットが出たときのような革新的技術だとも言われていますが考えただけで楽しくなります。

  • 子供たちがスマホでDAPPS(ブロックチェーンゲーム)を公園でやっている
  • コンビニ決済も仮想通貨決済が日常的になる、チャージもできる
  • お金の振込も仮想通貨に対応し、銀行に支払っていた手数料と比べ格安で振込める
  • 食べ物の産地からのサプライチェーン情報がブロックチェーンで管理されQRをかざすとすぐ見れる

こんなことが“普通”になる未来くるのではないかと私は考えております。

さまざまな分野で革命を起こしそうな仮想通貨、ブロックチェーン技術、

これから皆さんと楽しみながら理解を深めていければと考えております。

長文となりましたが読んでいただきありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします!


著者:ヌータ=クリプト

A●ISで仮想通貨ニュース記事を書き不思議の国に迷い込んでいたところCOINJINJAに拾っていただきました笑

最近はDAPPS(ブロックチェーンゲーム)に興味津々スマホゲームで課金したことない額を課金中。

みなさまにCOINJINJAだからこそ読める楽しくためになる記事をお届けしていきます。

Twitter :ヌータ=クリプト伯@dApps、仮想通貨ニュース(@nuutacrypto)

WebSite:さくさくコイン~さくっと読める仮想通貨入門サイト~

enter image description here

関連記事

  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
  • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

    より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の

コメント