エコシステムにおける20の仮想通貨の取扱いを約していたEO.Trade、プレセール最初の1か月ですでに30の仮想通貨を統合

Sponsored by ExpertOption
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    有力ブローカーExpertOptionが運営する4つのプラットフォームから成るエコシステムEOは、プラットフォームローンチの暁には30の仮想通貨が決済に利用できるようになると発表した。ホワイトペーパーでは、EOのファイナンシャルウォレットEO.Financeのローンチ時には20の仮想通貨が利用できると約束していたが、公開プレセール最初の1か月のうちにすでに30を超える仮想通貨を配布するに至っている。

    EOは、ExpertOption CEOの Ivan Opriaの優れた知能が生み出したエコシステムで、不換通貨取引と仮想通貨取引の融合を図る4つのプラットフォームのローンチ計画により仮想通貨業界に旋風を巻き起こした。EOはそのマーケットプラットフォームEO.Tradeで、最高、最大、最速の仮想通貨取引実現を約束し、仮想通貨と不換通貨を結ぶ金融ハブEO.Finance、トークンベースのアカウントExpertOption.com、ブロックチェーンと最新の取引についての最新ニュースを扱うニュースポータルサイトEO.Newsの提供を約している。プロジェクト開発はスピーディに進行しており、EOがその約束を実現するだろうとの確信は高まっている。

    CEOのIvan Opriaはこう語る「約束を履行するのは当然のことです。私たちが計画しているのは期待を超えること。ExpertOptionの成功をバネにEOは投資家の選択肢を広げ、ブロックチェーンと従来タイプのオンライントレードを近づけ、利便性、実用性を高めることをねらっています」

    EOプロジェクトの開始以来EOは一連の動画によってその経営、チームメンバーを公開し、高い水準の透明性を保ってきた。動画を見る人はExpertOptionを成功に導き、今またEOについても同様の成功をもたらそうとしている会社のコア部門について知ることができる。

    プロジェクトのスマートコントラクトはSmartDecにより検証されそのセキュリティが保証された。格付け会社ICO Rankerでは100点満点中100点を獲得した。さらにEO が2人の大物をアドバイザーに迎えたことも発表されている。マーケティングの権威でありブロックチェーン専門家であるHeinz Grunwaldとアジアのマーケットを専門とする仮想通貨投資アドバイザーKenji Cheungである。

    ExpertOptionは、激賞されている上記プラットフォームを開発したのと同じチームにより設立され、運営されている。このブローカー企業は現在800万を超える登録者、100人以上の社員を持ち、世界6カ国にオフィスを構えている。EOのブロックチェーンプロジェクトは、定評あるチームを持ちすでに成功し発展している企業に支えられているレアなケースなのである。

    EOのローンチによりExpertOptionの影が薄くなるということはない。ExpertOptionは引き続き、150カ国以上のトレーダーにオンライントレードサービスを提供していく。カスタマーサポートの長を務めるDmitrij Nikitinは語る「ExpertOptionは今までもそしてこれからも何百万人ものトレーダーに好まれるブローカーであり続けます。当社はブロックチェーンの世界に飛び込む準備がまだできていないクライアントに優れた取引環境とサポートを提供していきます。もちろんその準備ができているクライアントの支援もしていきます」

    EOコインはEO.Trade およびEO.Financeにおける取引の決済に対してディスカウントを提供し、ExpertOptionにおけるトークンベースの取引に高い収益率をもたらすだろう。

    EOコインセールは現在進行中である。

    関連記事

    • ウォレットがFace IDに対応! 「コイン相場」10月2週目の開発週報 Vol.16

      今週はバグを色々直して新しい機能や項目も追加しました。11月か12月にハッカソンを開催しようと考えています。詳細決まりましたらアナウンスいたしますので興味ある方はぜひ参加ください。10月2週目(10/8〜10/14)の開発状況です。PINは他の人に盗み見られたらヤバいという声もありましたのでFace IDに対応いたしました。Face IDも完璧なセキュリティではないので十分にお気をつけください。AirDropQやその他のトークンで「価格なし」と表示されていたトークンがありましたが、徐々に対応しております。前回のバージョンでは数値の取得が追いついていなかった指数もありましたが今回は大幅に改善し、
    • アリババコイン世界9か所の主要取引所の取扱通貨一覧表に掲載され、ユーザーによる取引がより便利に

      は、財団発行の通貨ABBC コインが世界9か所の主要取引所の取扱通貨一覧表に掲載されたことを発表いたします。アリババコイン財団CEO ポール・フィリップとそのチームのメンバーは、より多くのユーザー獲得、ABBC コインでの取引の便宜向上のため、世界の取引所の取扱通貨一覧表へのABBC コイン掲載を目指し常に業務に取り組んでまいりました。今やABBCコインはBitforexC、oinsuper、Coinbene、Ooobtc、Dragonex、Idax, Topbtc、Rightbtc、Sistemkoinの取扱通貨一覧表に掲載されています。すべてのコミュニティメンバー、ユーザー、アリババコイ
    • ブロックチェーンアクセレーターRooted Partnersを紹介します!

      日本と韓国を中心に事業展開をしているアクセレーターRooted Partnersが運営している有名YouTubeチャンネルでコイン相場アプリが紹介されました!お陰様で韓国市場でのダウンロード数が大変増加しました!とても効果的な宣伝になり感謝の気持ちでいっぱいです!Rooted Partnersは日本の東京、韓国のソウルで事業展開をしているアクセレーターで、ブロックチェーンプロジェクトのために様々なサービスコンサルティングを提供しています。彼らは市場分析とブロックチェーン技術に焦点を当てたYouTubeチャンネルの運営を通じ、強大な影響力を持つインフルエンサーとして成長してきました。そんな彼らの

    コメント