エコシステムにおける20の仮想通貨の取扱いを約していたEO.Trade、プレセール最初の1か月ですでに30の仮想通貨を統合

Sponsored by ExpertOption
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    有力ブローカーExpertOptionが運営する4つのプラットフォームから成るエコシステムEOは、プラットフォームローンチの暁には30の仮想通貨が決済に利用できるようになると発表した。ホワイトペーパーでは、EOのファイナンシャルウォレットEO.Financeのローンチ時には20の仮想通貨が利用できると約束していたが、公開プレセール最初の1か月のうちにすでに30を超える仮想通貨を配布するに至っている。

    EOは、ExpertOption CEOの Ivan Opriaの優れた知能が生み出したエコシステムで、不換通貨取引と仮想通貨取引の融合を図る4つのプラットフォームのローンチ計画により仮想通貨業界に旋風を巻き起こした。EOはそのマーケットプラットフォームEO.Tradeで、最高、最大、最速の仮想通貨取引実現を約束し、仮想通貨と不換通貨を結ぶ金融ハブEO.Finance、トークンベースのアカウントExpertOption.com、ブロックチェーンと最新の取引についての最新ニュースを扱うニュースポータルサイトEO.Newsの提供を約している。プロジェクト開発はスピーディに進行しており、EOがその約束を実現するだろうとの確信は高まっている。

    CEOのIvan Opriaはこう語る「約束を履行するのは当然のことです。私たちが計画しているのは期待を超えること。ExpertOptionの成功をバネにEOは投資家の選択肢を広げ、ブロックチェーンと従来タイプのオンライントレードを近づけ、利便性、実用性を高めることをねらっています」

    EOプロジェクトの開始以来EOは一連の動画によってその経営、チームメンバーを公開し、高い水準の透明性を保ってきた。動画を見る人はExpertOptionを成功に導き、今またEOについても同様の成功をもたらそうとしている会社のコア部門について知ることができる。

    プロジェクトのスマートコントラクトはSmartDecにより検証されそのセキュリティが保証された。格付け会社ICO Rankerでは100点満点中100点を獲得した。さらにEO が2人の大物をアドバイザーに迎えたことも発表されている。マーケティングの権威でありブロックチェーン専門家であるHeinz Grunwaldとアジアのマーケットを専門とする仮想通貨投資アドバイザーKenji Cheungである。

    ExpertOptionは、激賞されている上記プラットフォームを開発したのと同じチームにより設立され、運営されている。このブローカー企業は現在800万を超える登録者、100人以上の社員を持ち、世界6カ国にオフィスを構えている。EOのブロックチェーンプロジェクトは、定評あるチームを持ちすでに成功し発展している企業に支えられているレアなケースなのである。

    EOのローンチによりExpertOptionの影が薄くなるということはない。ExpertOptionは引き続き、150カ国以上のトレーダーにオンライントレードサービスを提供していく。カスタマーサポートの長を務めるDmitrij Nikitinは語る「ExpertOptionは今までもそしてこれからも何百万人ものトレーダーに好まれるブローカーであり続けます。当社はブロックチェーンの世界に飛び込む準備がまだできていないクライアントに優れた取引環境とサポートを提供していきます。もちろんその準備ができているクライアントの支援もしていきます」

    EOコインはEO.Trade およびEO.Financeにおける取引の決済に対してディスカウントを提供し、ExpertOptionにおけるトークンベースの取引に高い収益率をもたらすだろう。

    EOコインセールは現在進行中である。

    関連記事

    • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

      「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
    • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

      ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
    • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

      より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の

    コメント