エコシステムにおける20の仮想通貨の取扱いを約していたEO.Trade、プレセール最初の1か月ですでに30の仮想通貨を統合

Sponsored by ExpertOption
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    有力ブローカーExpertOptionが運営する4つのプラットフォームから成るエコシステムEOは、プラットフォームローンチの暁には30の仮想通貨が決済に利用できるようになると発表した。ホワイトペーパーでは、EOのファイナンシャルウォレットEO.Financeのローンチ時には20の仮想通貨が利用できると約束していたが、公開プレセール最初の1か月のうちにすでに30を超える仮想通貨を配布するに至っている。

    EOは、ExpertOption CEOの Ivan Opriaの優れた知能が生み出したエコシステムで、不換通貨取引と仮想通貨取引の融合を図る4つのプラットフォームのローンチ計画により仮想通貨業界に旋風を巻き起こした。EOはそのマーケットプラットフォームEO.Tradeで、最高、最大、最速の仮想通貨取引実現を約束し、仮想通貨と不換通貨を結ぶ金融ハブEO.Finance、トークンベースのアカウントExpertOption.com、ブロックチェーンと最新の取引についての最新ニュースを扱うニュースポータルサイトEO.Newsの提供を約している。プロジェクト開発はスピーディに進行しており、EOがその約束を実現するだろうとの確信は高まっている。

    CEOのIvan Opriaはこう語る「約束を履行するのは当然のことです。私たちが計画しているのは期待を超えること。ExpertOptionの成功をバネにEOは投資家の選択肢を広げ、ブロックチェーンと従来タイプのオンライントレードを近づけ、利便性、実用性を高めることをねらっています」

    EOプロジェクトの開始以来EOは一連の動画によってその経営、チームメンバーを公開し、高い水準の透明性を保ってきた。動画を見る人はExpertOptionを成功に導き、今またEOについても同様の成功をもたらそうとしている会社のコア部門について知ることができる。

    プロジェクトのスマートコントラクトはSmartDecにより検証されそのセキュリティが保証された。格付け会社ICO Rankerでは100点満点中100点を獲得した。さらにEO が2人の大物をアドバイザーに迎えたことも発表されている。マーケティングの権威でありブロックチェーン専門家であるHeinz Grunwaldとアジアのマーケットを専門とする仮想通貨投資アドバイザーKenji Cheungである。

    ExpertOptionは、激賞されている上記プラットフォームを開発したのと同じチームにより設立され、運営されている。このブローカー企業は現在800万を超える登録者、100人以上の社員を持ち、世界6カ国にオフィスを構えている。EOのブロックチェーンプロジェクトは、定評あるチームを持ちすでに成功し発展している企業に支えられているレアなケースなのである。

    EOのローンチによりExpertOptionの影が薄くなるということはない。ExpertOptionは引き続き、150カ国以上のトレーダーにオンライントレードサービスを提供していく。カスタマーサポートの長を務めるDmitrij Nikitinは語る「ExpertOptionは今までもそしてこれからも何百万人ものトレーダーに好まれるブローカーであり続けます。当社はブロックチェーンの世界に飛び込む準備がまだできていないクライアントに優れた取引環境とサポートを提供していきます。もちろんその準備ができているクライアントの支援もしていきます」

    EOコインはEO.Trade およびEO.Financeにおける取引の決済に対してディスカウントを提供し、ExpertOptionにおけるトークンベースの取引に高い収益率をもたらすだろう。

    EOコインセールは現在進行中である。

    関連記事

    • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

      ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう
    • 【開催報告】Next Economy Conference 2018

      かれこれ、もう5ヶ月も前の話になってしまいますが、コイン相場が初の主催イベント、Next Economy Conference 2018を2018年9月15日に開催致しました。あいにくの天候だったのですが、350名の方に遊びに来て頂けました。改めまして、登壇者の方、来て頂いた方、ブース出展して頂いた方、スポンサー様、みなさんありがとうございました。開催報告と言っても、Logmiさんが全文を書き起こしてくれたのと、ダイジェスト動画が出来たのでご報告です。今見ても、とても豪華な登壇者の方々なので、お時間がある時に、ぜひ見てみてくださいね。なお、する予定です。共催したい、とか出展したいとか登壇した
    • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

      先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!

    コメント