【韓国進出】COINJINJAの海外進出レポート

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

コイン相場アプリの韓国市場進出

コイン相場アプリは2月から韓国語へ翻訳作業を始め、3月から正式に韓国市場にリリースいたしました。

現在ユーザー数は少ないですが、ユーザー数の確保のために色々、試行錯誤しています。

リーリスしたことを記念すべく5月10~12日まで開かれた韓国最大の金融イベント、Seoul Money Showに出店し、コイン相場アプリを披露いたしました。(5万人規模のイベント)

Seoul Money Showは韓国の主要銀行、保険会社が出店し、仮想通貨関係の会社はBithumb、Korbit、Gopax、Coinoneの韓国の主要仮想通貨取引所そしてCOINJINJA(以下、弊社)、弊社の韓国でのマーケティングパートナー社Ether Labです。Ether Labと協力し韓国の仮想通貨取引所と肩を並べ無事、出店できました。

今回のSeoul Money Showの客層は主に引退を控えている年配の方々が多かったため、私たちのターゲットとは若干客層がずれていましたが、韓国市場に弊社の存在をアピールすることができました。また、韓国の仮想通貨関係者たちと絆を深められるいい機会でした。

COINJINJA

Bithumb

韓国最大の仮想通貨コミュニティサイトddengleとMOU締結

コミュニティサイト中心の閉鎖的な韓国市場を攻略するため、韓国仮想通貨最大のコミュニティサイトddengleとMOU(業務提携)を結びました。

ddengleは韓国仮想通貨コミュニティの象徴でもあり、歴史のあるコミュニティサイトです。

今後、協力しお互いの認知度を高めてまいります。

関連記事

  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
  • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

    より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の

コメント