今年最大のトークンセールが終了しようとしており、投資家らはBunnyTokenの購入を急いでいる

Sponsored by BunnyToken
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    2018年3月13日から快調に推移してきたBunnyTokenのセールが終了に近づいている。5月25日の終了日を目前に投資家らはトークン獲得を急いでいる。

    BunnyTokenはセール終了後もどこかの時点で取引所で購入可能になるので、今回買い損なった投資家らもいずれは購入できるようになるとはいえ、アダルト業界における決済機能を変えようと起こされたBunnyTokenムーブメントに乗ってセール終了前にトークンを手に入れておいた方がずっと得である。取引所でのトークン価格は急激に上昇すると予想されるからである。ICOセールでトークンを入手したトークン所有者はアダルト業界で、購入価格を大きく超える価値の支払いを行うことができるだろう。

    会社の最新の発表によると、150,000,000トークンが8,000人の投資家に販売された。ホワイトペーパーでも述べられていたように、売れ残ったトークンはセール終了後廃棄されるのでそれによりトークンの価値はさらに上がるだろう。

    BunnyTokenは有料コンテンツを含むアダルトウェブサイト、ウェブカメラプラットフォーム、オンラインのセックスショップ、デートアプリサービスなどアダルト産業関連のオンライン決済への利用を目的としたトークンである。これを利用すれば利用者の完全な匿名性が保証され、購入履歴も残らない。

    アダルト業界側もBunnyTokenを主要な決済方法として採用するようになっている。20以上の業界ウェブサイトがすでにこの決済方法を取り入れた。業界が長年の間決済にまつわる問題に苦労してきたことを考えればこれは不思議でもなんでもない。決済業者はアダルト業界の事業や個人に「ハイリスク」であるとのフラッグを立て高い手数料を取ってきた。あるいは場合によってはそれらの事業や個人をまとめて締め出したり、ブロックしたりして企業やそこで働くワーカーたちに大きな問題を引き起こしてきた。BunnyTokenはこの種の問題をかねてより大きく取り上げてきており、今、ブロックチェーンを利用した決済手段を提供しようとしている。

    BunnyTokenにはKira Queen、Nataly Gold、Jia Lissa、Alex Eiksterなど業界のスターたちもアドバイザーとして参加し、プロジェクトとプラットフォームの開発に豊富な専門知識を貸してくれている。セールスの終了が近づいてきた。次なる皆の関心の的はウォレットと実際の取引が行われるプラットフォームのリリースになるだろう。

    セール終了まで残された時間はほとんどないけれど、投資家らはofficial websiteへ急ぎ、トークンを手に入れることができる。

    関連記事

    • 底打ちだろ?これ。俺はそう思うよ!

      今まで散々、下がる下がる行ってきましたがTweetでは昨日から上がる上がる言ってます。この記事を書いている最中にもまた一段階上がって6,500ドルを越えてきたようですという格言があるぐらいやから、ほんとに底を当てるのは難しいです。私も6350に下落したときに底宣言しておりました。一応、最後の下げが弱かったので半信半疑やったけど・・・。あれはいったい何だったのか?まぁまだ結論は出てないみたいだが、あれもクジラの相場を操作する手だとしたら非常にせこい・・・。実際、私のところにもかなり信頼できる方面からそんな話が入ってきておりました。まぁしかしそのおかげ?でショート1000ドル幅程度いただくこ
    • ALISユーザーが語る!ALISのココがダメ!

      はじめまして、ブルーモアイです。普段はALISで記事を書いているALISユーザーでございます。ALISは今、クローズドβです。そのため外部の方々には、なかなか内情が分かりづらいかと思います。よって今回は普段ALISを見ない方々のために、その内情をユーザー目線からご紹介します。というかをします!では、行ってみましょう。ALISクローズドβに投稿できる記事は、「」と「」のみです。そりゃね?腐っても仮想通貨界隈の人々ですから、数記事位なら楽々書けるんですよ。しかしそれを何十記事も、となると厳しい!常にネタ切れと隣り合わせなんです!そんなわけで、投稿数はβ版公開からじわじわ下がってます。すこし
    • 仮想通貨を動かしてる勢力って?

       こんにちは。韓国ママコイナーのミコです。仮想通貨って、今までの中央集権的な金融システムとは違い、分散型経済システムっていうところが魅力ですよね。でも、このP2Pネットワークシステムにおいても勢力争いっていうのは、やっぱりあります。 仮想通貨が使われるようになって、全世界的にブロックチェーン生態系がたくさん形成されています。仮想通貨に関わる様々な人達や団体がいて、仮想通貨用語が飛び交いますね。ブロックチェーン技術開発者、投資家、取引所、マイナー、プレセールマーケティング、仮想通貨の学会や団体、法律事務所、ICO代理店などなど。どのポジションが魅力的でしょうか?ではこの中で一番力が強く、影響力が

    コメント