今年最大のトークンセールが終了しようとしており、投資家らはBunnyTokenの購入を急いでいる

Sponsored by BunnyToken
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    2018年3月13日から快調に推移してきたBunnyTokenのセールが終了に近づいている。5月25日の終了日を目前に投資家らはトークン獲得を急いでいる。

    BunnyTokenはセール終了後もどこかの時点で取引所で購入可能になるので、今回買い損なった投資家らもいずれは購入できるようになるとはいえ、アダルト業界における決済機能を変えようと起こされたBunnyTokenムーブメントに乗ってセール終了前にトークンを手に入れておいた方がずっと得である。取引所でのトークン価格は急激に上昇すると予想されるからである。ICOセールでトークンを入手したトークン所有者はアダルト業界で、購入価格を大きく超える価値の支払いを行うことができるだろう。

    会社の最新の発表によると、150,000,000トークンが8,000人の投資家に販売された。ホワイトペーパーでも述べられていたように、売れ残ったトークンはセール終了後廃棄されるのでそれによりトークンの価値はさらに上がるだろう。

    BunnyTokenは有料コンテンツを含むアダルトウェブサイト、ウェブカメラプラットフォーム、オンラインのセックスショップ、デートアプリサービスなどアダルト産業関連のオンライン決済への利用を目的としたトークンである。これを利用すれば利用者の完全な匿名性が保証され、購入履歴も残らない。

    アダルト業界側もBunnyTokenを主要な決済方法として採用するようになっている。20以上の業界ウェブサイトがすでにこの決済方法を取り入れた。業界が長年の間決済にまつわる問題に苦労してきたことを考えればこれは不思議でもなんでもない。決済業者はアダルト業界の事業や個人に「ハイリスク」であるとのフラッグを立て高い手数料を取ってきた。あるいは場合によってはそれらの事業や個人をまとめて締め出したり、ブロックしたりして企業やそこで働くワーカーたちに大きな問題を引き起こしてきた。BunnyTokenはこの種の問題をかねてより大きく取り上げてきており、今、ブロックチェーンを利用した決済手段を提供しようとしている。

    BunnyTokenにはKira Queen、Nataly Gold、Jia Lissa、Alex Eiksterなど業界のスターたちもアドバイザーとして参加し、プロジェクトとプラットフォームの開発に豊富な専門知識を貸してくれている。セールスの終了が近づいてきた。次なる皆の関心の的はウォレットと実際の取引が行われるプラットフォームのリリースになるだろう。

    セール終了まで残された時間はほとんどないけれど、投資家らはofficial websiteへ急ぎ、トークンを手に入れることができる。

    関連記事

    • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

      「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
    • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

      ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
    • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

      より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の

    コメント