ヒルトン氏によるバックアップを受けてブロックチェーン市場に挑む

Sponsored by Aqua Intelligence
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

ブロックチェーン上での信頼できるデータプラットフォームであるAqua Intelligenceが、トークのプリセールスとリチャード・ヒルトンのシニアアドバイザー就任を発表

アメリカ、ラスベガス-AQUAは、ヒルトン・アンド・ハイランドおよび自らの名前を冠したヒルトン・ホテルズの会長であるリチャード・ヒルトンがAQUA Intelligenceのシニアアドバイザーに就任したことを発表いたします。リチャードはAQUA Intelligenceを代表して、サービス業界に革命を起こすというAQUAチームの長期的ビジョンの達成に協力します。

アメリカ人ビジネスマン、不動産ブローカー、エグゼクティブプロデューサー、そして実業家として、ヒルトン氏はホテル、リゾート、商業および高級不動産の投資に長年携わってきました。若い頃には文房具の訪問販売員として、学校の長期休暇中にはホテルのベルアテンダントとして働くなど、ヒルトン氏は早くからそのビジネスに関する洞察力を鍛えてきました。ヒルトン家はその不動産開発における成功と業界における長年の経験で有名ですが、リチャード・ヒルトン氏自身もまたアメリカにおいて高級不動産を扱う企業を創設し、大成功を収めました。

AQUA Intelligenceにとって、リチャード・ヒルトン氏のアドバイザーとしての参加は必然的なものでした。これにより、サービス業界におけるヒルトン氏との末永いパートナーシップが更に強固なものとなるからです。

「リチャードをアドバイザーとして取締役会に迎えられることをとても嬉しく思います。彼の協力は、競争の激しいホテル業界において正しい選択を行うためにも極めて重要なものとなるでしょう。また、リック氏のおかげで、AQUA Intelligenceのプラットフォームのためにデータを徹底的に集めるという、これまでには決してできなかったことが可能となるはずです」とAQUA IntelligenceのCEOを務めるアンソニー・ゲルマンは言います。

AQUAのチームはブロックチェーンを活用したAQUA Intelligenceのデータドリブン式プラットフォームの供給に欠かせないAQXトークンのプリセールスをつい先日開始しました。トークンのプリセールスは7月30日まで行われ、総額で上限にして5000万ドル分が販売される予定です。

今回のローンチの成功に際して、リチャード・ヒルトンはこう言います。「AQUAとそのチームは現在のホテル業界の常識を打ち破ることに情熱を注いでいます。彼らのビジョンをサポートできることを私としても誇らしく思います」

トークンの販売や弊社に関してはこちらをご覧ください: aquaintel.io

プレスやメディアの皆様のお問合せに関してはこちらからよろしくお願いいたします: [email protected]

AQUAについて:

AQUAインテリジェンスはお客様が所有する個人データのマネタイズおよび検証を可能にする、データドリブンのブロックチェーン上のプラットフォーム開発を行っております。AQUAはAQUA Intelligenceを開発するための完全なロードマップをすでに作成済みであり、動作が実証された製品を使用してサービスを実行する能力があることを証明しています。その戦略の一部として、現在運用している製品や別個のデータソースからデータを収集することによって、業界で初となる国際市場向け包括的プロファイルシステムを開発しています。人工知能と予測分析を共に活用することによって、これらのプロファイルがホテルやその他の事業がセールス、リテンション、コンバージョン、そしてお客様満足度の大幅な改善をすることが可能になるのです。大きなポテンシャルを持った市場を持ったこの数十億ドル規模の業界において、飛躍を遂げるための準備がAQUAには既にできています。AQUAについてより詳しく知りたい方はaquaintel.ioをご覧ください。皆様がAQUAのビジョンにご協力いただけることを期待しております。

関連記事

  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
  • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

    より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の

コメント