eコマース関連問題に対する信頼できるソリューションPeur トークンイベントをローンチ

Sponsored by Peur
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

プレスリリース: 分散型eコマースプラットフォームPeurが間もなくトークンイベントをローンチすることを発表。Peurは品質が保証された幅広い商品を低価格で提供するマーケットプレイスである。

2018年3月11日、オーストラリア シドニー:電子化の時代にあって、eコマースという方法を用いることができないマーケットがあってはならず、全てのセクターはバーチャルなマーケット・決済に向けての歩みを進めている。しかし新しい経済トレンドを形成するeコマースの実現過程において妨げになるのが、ユーザーが投げかける1つの疑問である。それはeコマースプラットフォームの安全性とセキュリティに関するもの。この度ローンチされるPeurはイーサリアムブロックチェーンをベースとした分散型プラットフォームであり、信頼のおけるマーケットプレイスと決済の実現を後押しし、この問題を解決してくれる。

Peurとは正確にはどんなものなのか?

Peurは単なるマーケットプレイスとして機能するプラットフォームではなく、デジタルプラットフォームでの様々な取引の決済に利用できる仮想通貨である。Peurは品質が保証された幅広い商品を低価格で提供するマーケットプレイスであり、カスタマー、商業者、サービス提供業者など全てのマーケットプレイヤーにとって利点のあるものと言えるだろう。Peur開発者らは、Peurに100%信頼できる、透明で迅速な取引プロセスを保証している。

ユーザーにとっての利点の一つは、モバイルデバイスでも不換通貨、仮想通貨の取引ができるということ。Finger Scanners、Google Authenticator、Barcode により暗号化されるPeurウォレットもまたPeurの特徴である。

eコマースプラットフォームは今日ますます普及してきており、人々はそれを利用した取引に大いに惹かれている。しかしeコマースプラットフォームでは、カスタマー、販売業者双方が共通して、時間のかかる認証手続き、信頼性の低い処理システム、高い運用コストなどといった大きな問題に悩まされている。イーサリアムブロックをベースとした分散型プラットフォームPeurはこれらの弱点を克服し、クライアントの問題解決に取り組むために構築されるものである。

Peurは幅広く豊富な商品を提供するマーケットプレイスである。その一環としてPeurは信頼性の高い迅速な決済を実現するため自身の仮想通貨をローンチした。これは全てのマーケットセクションにとっての同プラットフォームの最大の強みであると言えよう。なぜならそれによりプラットフォームは透明性と安定性を保証するスマートコントラクトに支えられたものとなるからである。

Peurコミュニティはトークン所有者にとって最善のエコシステムである。トークン所有者はシステム内で、Peurが公開する他のプロジェクトに参加したり、商品の取引を行ったりできる。それを通じて彼らはプラットフォームで提供されるサービスを利用したりその支持を表明したりできるのである。

プレセールイベントのローンチ

一般に「TGE」と言われるトークン生成イベントはそれに参加することにより仮想通貨トークンを得られるイベントである。トークンはデジタルアセットとして機能し、これを使ってエクイティファンドを公開で販売することができる。TGEによって企業はプロジェクトのための資金調達を行い、仮想通貨の最大のポテンシャルを実現することができる。このイベントは見逃せない!

Peurの通貨は一般に「PURC」トークンの名で呼ばれる。トークンの価値はその基本となるアセットあるいはプロパティから派生する。PURCトークンは仮想通貨と考えられ、それを使って取引をしたり、数種の投資をしたり、決済金額を送金したり受け取ったり、給与を支払ったりできる。PURCトークンはERC-20準拠のウォレットに保管しておくことができる。

今回出回るPURCトークンの総数は200,000,000になる予定。その65%即ち130,000,000がセールに割り当てられる。まずはプレセールから。

プレセール

日程:4月24日から4月30日までに開始

販売トークン数:24,000,000

TGE基本価格:1イーサリアム=8,000PURC

最低投資額:1ETH

ホワイトリスト登録ボーナス:トークンの5%

プレセールボーナス:トークンの10%

受け入れられる通貨:BTC、ETH、LTC 、 DASH

トークン生成イベント開示

一般に開示されたトークンセールは「クラウドセール」と呼ばれる。企業がこれにより運営資金を調達することがある。またトークンを使うことによりデジタルプラットフォーム上でのユーザーの取引が促進される。

クラウドセールに割り当てられるPURCトークンは106,000,000。ハードキャップとソフトキャップはそれぞれ2500万ドル、250万ドルである。クラウドセールは次の4期にわたり実施される。

第1期

日程:プレセールイベント開始日から8日目に開始

販売トークン数:26,500,000

TGE基本価格:1ETH=6,400PURC

最低投資額:0.1ETH

ボーナス:トークンの5%

第2期

日程:プレセールイベント開始日から16日目に開始

販売トークン数:26,500,000

TGE基本価格:1ETH=5,440PURC

最低投資額:0.05ETH

ボーナス:トークンの3%

第3期

日程:プレセールイベント開始日から24日目に開始

販売トークン数:26,500,000

TGE基本価格:1ETH=4,890PURC

最低投資額:0.05ETH

第4期

日程:プレセールイベント開始日から32日目に開始

販売トークン数:26,500,000

TGE基本価格:1ETH=4,650PURC

最低投資額:0.01ETH

トークンイベントが4月に終了し次第、トークンは3か月以内に取引プラットフォームの取引通貨リストに掲載される。

Peurは全てのeコマース関連の問題に対する実行可能なソリューションであり、増え続けるオンライン上の小売りウェブサイトの障害を取り除いてくれる。Peurは全てのマーケットプレイヤーに対するアプローチを持ち、その開発チームはオンライン取引に堅固でかつフレキシブルな枠組みを提供するための業務に集中して取り組んでいる。

ウェブサイト:https://www.peur.io

フェイスブック:https://www.facebook.com/Peurcoin/

ツイッター:https://www.twitter.com/peurtoken

GitHub: https://github.com/peurmarketplace/peurcoinGitHub

Reddit: https://www.reddit.com/r/peur/

テレグラムのチャット:https://t.me/peurtelegram

関連記事

  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう
  • 【開催報告】Next Economy Conference 2018

    かれこれ、もう5ヶ月も前の話になってしまいますが、コイン相場が初の主催イベント、Next Economy Conference 2018を2018年9月15日に開催致しました。あいにくの天候だったのですが、350名の方に遊びに来て頂けました。改めまして、登壇者の方、来て頂いた方、ブース出展して頂いた方、スポンサー様、みなさんありがとうございました。開催報告と言っても、Logmiさんが全文を書き起こしてくれたのと、ダイジェスト動画が出来たのでご報告です。今見ても、とても豪華な登壇者の方々なので、お時間がある時に、ぜひ見てみてくださいね。なお、する予定です。共催したい、とか出展したいとか登壇した
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

    先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!

コメント