eコマース関連問題に対する信頼できるソリューションPeur トークンイベントをローンチ

Sponsored by Peur
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

プレスリリース: 分散型eコマースプラットフォームPeurが間もなくトークンイベントをローンチすることを発表。Peurは品質が保証された幅広い商品を低価格で提供するマーケットプレイスである。

2018年3月11日、オーストラリア シドニー:電子化の時代にあって、eコマースという方法を用いることができないマーケットがあってはならず、全てのセクターはバーチャルなマーケット・決済に向けての歩みを進めている。しかし新しい経済トレンドを形成するeコマースの実現過程において妨げになるのが、ユーザーが投げかける1つの疑問である。それはeコマースプラットフォームの安全性とセキュリティに関するもの。この度ローンチされるPeurはイーサリアムブロックチェーンをベースとした分散型プラットフォームであり、信頼のおけるマーケットプレイスと決済の実現を後押しし、この問題を解決してくれる。

Peurとは正確にはどんなものなのか?

Peurは単なるマーケットプレイスとして機能するプラットフォームではなく、デジタルプラットフォームでの様々な取引の決済に利用できる仮想通貨である。Peurは品質が保証された幅広い商品を低価格で提供するマーケットプレイスであり、カスタマー、商業者、サービス提供業者など全てのマーケットプレイヤーにとって利点のあるものと言えるだろう。Peur開発者らは、Peurに100%信頼できる、透明で迅速な取引プロセスを保証している。

ユーザーにとっての利点の一つは、モバイルデバイスでも不換通貨、仮想通貨の取引ができるということ。Finger Scanners、Google Authenticator、Barcode により暗号化されるPeurウォレットもまたPeurの特徴である。

eコマースプラットフォームは今日ますます普及してきており、人々はそれを利用した取引に大いに惹かれている。しかしeコマースプラットフォームでは、カスタマー、販売業者双方が共通して、時間のかかる認証手続き、信頼性の低い処理システム、高い運用コストなどといった大きな問題に悩まされている。イーサリアムブロックをベースとした分散型プラットフォームPeurはこれらの弱点を克服し、クライアントの問題解決に取り組むために構築されるものである。

Peurは幅広く豊富な商品を提供するマーケットプレイスである。その一環としてPeurは信頼性の高い迅速な決済を実現するため自身の仮想通貨をローンチした。これは全てのマーケットセクションにとっての同プラットフォームの最大の強みであると言えよう。なぜならそれによりプラットフォームは透明性と安定性を保証するスマートコントラクトに支えられたものとなるからである。

Peurコミュニティはトークン所有者にとって最善のエコシステムである。トークン所有者はシステム内で、Peurが公開する他のプロジェクトに参加したり、商品の取引を行ったりできる。それを通じて彼らはプラットフォームで提供されるサービスを利用したりその支持を表明したりできるのである。

プレセールイベントのローンチ

一般に「TGE」と言われるトークン生成イベントはそれに参加することにより仮想通貨トークンを得られるイベントである。トークンはデジタルアセットとして機能し、これを使ってエクイティファンドを公開で販売することができる。TGEによって企業はプロジェクトのための資金調達を行い、仮想通貨の最大のポテンシャルを実現することができる。このイベントは見逃せない!

Peurの通貨は一般に「PURC」トークンの名で呼ばれる。トークンの価値はその基本となるアセットあるいはプロパティから派生する。PURCトークンは仮想通貨と考えられ、それを使って取引をしたり、数種の投資をしたり、決済金額を送金したり受け取ったり、給与を支払ったりできる。PURCトークンはERC-20準拠のウォレットに保管しておくことができる。

今回出回るPURCトークンの総数は200,000,000になる予定。その65%即ち130,000,000がセールに割り当てられる。まずはプレセールから。

プレセール

日程:4月24日から4月30日までに開始

販売トークン数:24,000,000

TGE基本価格:1イーサリアム=8,000PURC

最低投資額:1ETH

ホワイトリスト登録ボーナス:トークンの5%

プレセールボーナス:トークンの10%

受け入れられる通貨:BTC、ETH、LTC 、 DASH

トークン生成イベント開示

一般に開示されたトークンセールは「クラウドセール」と呼ばれる。企業がこれにより運営資金を調達することがある。またトークンを使うことによりデジタルプラットフォーム上でのユーザーの取引が促進される。

クラウドセールに割り当てられるPURCトークンは106,000,000。ハードキャップとソフトキャップはそれぞれ2500万ドル、250万ドルである。クラウドセールは次の4期にわたり実施される。

第1期

日程:プレセールイベント開始日から8日目に開始

販売トークン数:26,500,000

TGE基本価格:1ETH=6,400PURC

最低投資額:0.1ETH

ボーナス:トークンの5%

第2期

日程:プレセールイベント開始日から16日目に開始

販売トークン数:26,500,000

TGE基本価格:1ETH=5,440PURC

最低投資額:0.05ETH

ボーナス:トークンの3%

第3期

日程:プレセールイベント開始日から24日目に開始

販売トークン数:26,500,000

TGE基本価格:1ETH=4,890PURC

最低投資額:0.05ETH

第4期

日程:プレセールイベント開始日から32日目に開始

販売トークン数:26,500,000

TGE基本価格:1ETH=4,650PURC

最低投資額:0.01ETH

トークンイベントが4月に終了し次第、トークンは3か月以内に取引プラットフォームの取引通貨リストに掲載される。

Peurは全てのeコマース関連の問題に対する実行可能なソリューションであり、増え続けるオンライン上の小売りウェブサイトの障害を取り除いてくれる。Peurは全てのマーケットプレイヤーに対するアプローチを持ち、その開発チームはオンライン取引に堅固でかつフレキシブルな枠組みを提供するための業務に集中して取り組んでいる。

ウェブサイト:https://www.peur.io

フェイスブック:https://www.facebook.com/Peurcoin/

ツイッター:https://www.twitter.com/peurtoken

GitHub: https://github.com/peurmarketplace/peurcoinGitHub

Reddit: https://www.reddit.com/r/peur/

テレグラムのチャット:https://t.me/peurtelegram

関連記事

  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
  • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

    より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の

コメント