仮想通貨大国、韓国発のプロジェクトを9社リストアップ!(HDAC,PlayCoinが含まれてます。)

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

1.HDAC

実施時期:2017/11/27~

詳細:https://www.coinjinja.com/ico/hdac

韓国の大手グループ、ヒュンダイグループの創業者のジョンジュヨンさんの孫、ジョンデソンさんが中核となっているプロジェクトです。

韓国のICO規制が厳しくなり、スイスで現地法人を通じICOを行いました。合わせて15,200BTCが集まり売却していなげれば4月10日時点で100億円以上の金額に相当します。ICO終了したときは300億超え!

HDACのジョンデソンさんの思いとは・・?

“数々のIoTと共存する世の中に‘Hdac’技術をさらに発展させ安全で便利な世界を作るのに必ず貢献したい。と述べました。

募金金額:15,200BTC(約300億円)→売却してなければ100億円推定。

2.PlayCoin

実施時期:2017/11/15 ~

詳細:https://www.coinjinja.com/ico/playcoin

Qtumベースですごい噂が付きまとうコインです。

噂1.ウォレットが韓国SAMSUNGの携帯に搭載される。

噂2.スターバックスのグッズがこのコインで買えるようになる。

などこれが事実であれば今後、一番注目すべき仮想通貨の中の一つ。韓国内の情報を探してみましたがこれに関する公式情報はありませんでした。

韓国では代理店を通じて買った人々がKYCで拒否され払い戻しになったそうです。CEOのDenis Kimは中国市場も視野に入れている様子です。

個人的な意見になりますが、いずれBithumbに上場するのではないか予想しています。(あくまで個人の意見です。)

募金金額:33,642,560 USD(約35億円)

3.MediBloc

実施時期:2017/1113 ~

詳細:https://www.coinjinja.com/ico/medibloc

こちらもQtumベースのコインです。 日本のNAMコインと非常にコンセプトが似ているプロジェクトです。

4月9日韓国の名門漢陽大学の医療院とMOUを締結しました。着々とプロジェクが進んでいる様子。

やっぱり今後、医療分野でブロックチェン技術は密接な関係になる可能性が高いですかね。

募金金額:約7億円

4.BOScoin

実施時期:2017/05/26 ~

詳細:https://www.coinjinja.com/ico/boscoin

韓国、第1号コインで有名なコインです。 4万個からマスターノード始まります。(DPOS方式)

KUCOINで取引可能。 CEOは5年以内に1億名のユーザーを集め時価総額10億ドル規模の全世界5位まで成長するとこを1次目標にしています。

募金金額:約17億円

5.PIBBLE

実施時期:2017/04/04~

詳細:https://www.coinjinja.com/ico/pibble

イメージ共有に対する補償。また、そのイメージをブロックチェーン技術を利用し著作権まで管理してくれるそうです。

CEOは一時期、韓国内で流行っていた顔認識アプリ(プーディング)の開発者でもあります。(1,500万人DL)

しかし、プーディングは俳優、芸能人などの写真を無断で使ったためサービス中止になりました。

こういう背景がある分、法律的な部分もしっかり考えて事業展開していただきたいですね。(笑)

募金金額:ICO進行中

6.MOSSLAND

実施時期:2018/03/21 ~

詳細:https://www.coinjinja.com/ico/mossland

ARを使った位置基盤、不動産売買ゲームプラットフォームです。 (第2のポケモンGOになれるのでしょうか。。?)

韓国内では関連記事も多くマーケティングも頑張っている様子です。

ICO後の暴落を防ぐためロックアップ、個人投資金額が10ETHで制限されています。(今回のICOで変更になったそうです。)

注目する点は最近、中国のQtumとMeetupがあったのですが、Qtum側から投資をしてもらうことになったそうです。

募金金額:ICO進行中

7.STARCRO

実施時期:2018/04/03~

詳細:公式ホームページ

PoX (Proof of eXpansion)という独自のプロトコルを使います。

ロードマップを見たら今年中に中国、日本支部を作ると書かれており世界進出に積極的であることが分かります。

募金金閣:ICO進行中

8.AIRBLOC

実施時期:2018/04/23 ~

詳細:公式ホームページ

マーケットプレイスコンセプトのプロジェットです。

同じコンセプトのものがたくさんあり競合が激しい業界の仮想通貨です。

韓国の仮想通貨取引所のkorbit代表とkakao blockchainの子会社代表がアドバイザーなのでここだけが注目されている様子。(マーケティングにもうまく使われていますね。)

募金金額:ICO進行前

9.ICON

実施時期:2017/09/18 ~

詳細:ブログ記事

上場後、今まで100倍以上、上がったコインです。詳しくは以前書きましたブログ記事をご覧ください。

募金金額:約100億円

関連記事

  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
  • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

    より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の

コメント