仮想通貨大国、韓国発のプロジェクトを9社リストアップ!(HDAC,PlayCoinが含まれてます。)

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

1.HDAC

実施時期:2017/11/27~

詳細:https://www.coinjinja.com/ico/hdac

韓国の大手グループ、ヒュンダイグループの創業者のジョンジュヨンさんの孫、ジョンデソンさんが中核となっているプロジェクトです。

韓国のICO規制が厳しくなり、スイスで現地法人を通じICOを行いました。合わせて15,200BTCが集まり売却していなげれば4月10日時点で100億円以上の金額に相当します。ICO終了したときは300億超え!

HDACのジョンデソンさんの思いとは・・?

“数々のIoTと共存する世の中に‘Hdac’技術をさらに発展させ安全で便利な世界を作るのに必ず貢献したい。と述べました。

募金金額:15,200BTC(約300億円)→売却してなければ100億円推定。

2.PlayCoin

実施時期:2017/11/15 ~

詳細:https://www.coinjinja.com/ico/playcoin

Qtumベースですごい噂が付きまとうコインです。

噂1.ウォレットが韓国SAMSUNGの携帯に搭載される。

噂2.スターバックスのグッズがこのコインで買えるようになる。

などこれが事実であれば今後、一番注目すべき仮想通貨の中の一つ。韓国内の情報を探してみましたがこれに関する公式情報はありませんでした。

韓国では代理店を通じて買った人々がKYCで拒否され払い戻しになったそうです。CEOのDenis Kimは中国市場も視野に入れている様子です。

個人的な意見になりますが、いずれBithumbに上場するのではないか予想しています。(あくまで個人の意見です。)

募金金額:33,642,560 USD(約35億円)

3.MediBloc

実施時期:2017/1113 ~

詳細:https://www.coinjinja.com/ico/medibloc

こちらもQtumベースのコインです。 日本のNAMコインと非常にコンセプトが似ているプロジェクトです。

4月9日韓国の名門漢陽大学の医療院とMOUを締結しました。着々とプロジェクが進んでいる様子。

やっぱり今後、医療分野でブロックチェン技術は密接な関係になる可能性が高いですかね。

募金金額:約7億円

4.BOScoin

実施時期:2017/05/26 ~

詳細:https://www.coinjinja.com/ico/boscoin

韓国、第1号コインで有名なコインです。 4万個からマスターノード始まります。(DPOS方式)

KUCOINで取引可能。 CEOは5年以内に1億名のユーザーを集め時価総額10億ドル規模の全世界5位まで成長するとこを1次目標にしています。

募金金額:約17億円

5.PIBBLE

実施時期:2017/04/04~

詳細:https://www.coinjinja.com/ico/pibble

イメージ共有に対する補償。また、そのイメージをブロックチェーン技術を利用し著作権まで管理してくれるそうです。

CEOは一時期、韓国内で流行っていた顔認識アプリ(プーディング)の開発者でもあります。(1,500万人DL)

しかし、プーディングは俳優、芸能人などの写真を無断で使ったためサービス中止になりました。

こういう背景がある分、法律的な部分もしっかり考えて事業展開していただきたいですね。(笑)

募金金額:ICO進行中

6.MOSSLAND

実施時期:2018/03/21 ~

詳細:https://www.coinjinja.com/ico/mossland

ARを使った位置基盤、不動産売買ゲームプラットフォームです。 (第2のポケモンGOになれるのでしょうか。。?)

韓国内では関連記事も多くマーケティングも頑張っている様子です。

ICO後の暴落を防ぐためロックアップ、個人投資金額が10ETHで制限されています。(今回のICOで変更になったそうです。)

注目する点は最近、中国のQtumとMeetupがあったのですが、Qtum側から投資をしてもらうことになったそうです。

募金金額:ICO進行中

7.STARCRO

実施時期:2018/04/03~

詳細:公式ホームページ

PoX (Proof of eXpansion)という独自のプロトコルを使います。

ロードマップを見たら今年中に中国、日本支部を作ると書かれており世界進出に積極的であることが分かります。

募金金閣:ICO進行中

8.AIRBLOC

実施時期:2018/04/23 ~

詳細:公式ホームページ

マーケットプレイスコンセプトのプロジェットです。

同じコンセプトのものがたくさんあり競合が激しい業界の仮想通貨です。

韓国の仮想通貨取引所のkorbit代表とkakao blockchainの子会社代表がアドバイザーなのでここだけが注目されている様子。(マーケティングにもうまく使われていますね。)

募金金額:ICO進行前

9.ICON

実施時期:2017/09/18 ~

詳細:ブログ記事

上場後、今まで100倍以上、上がったコインです。詳しくは以前書きましたブログ記事をご覧ください。

募金金額:約100億円

関連記事

  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう
  • 【開催報告】Next Economy Conference 2018

    かれこれ、もう5ヶ月も前の話になってしまいますが、コイン相場が初の主催イベント、Next Economy Conference 2018を2018年9月15日に開催致しました。あいにくの天候だったのですが、350名の方に遊びに来て頂けました。改めまして、登壇者の方、来て頂いた方、ブース出展して頂いた方、スポンサー様、みなさんありがとうございました。開催報告と言っても、Logmiさんが全文を書き起こしてくれたのと、ダイジェスト動画が出来たのでご報告です。今見ても、とても豪華な登壇者の方々なので、お時間がある時に、ぜひ見てみてくださいね。なお、する予定です。共催したい、とか出展したいとか登壇した
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

    先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!

コメント