EOコインセール開始、4プラットフォームエコシステムへの道のりが始まる

Sponsored by ExpertOption
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

コインセール

公式のプレイニシャルEOコインセールが4月16日月曜日に開始、仮想通貨とフィアットの投資家を熱狂させます。4プラットフォームエコシステムは、世界有数のブランドExpertOptionの立役者が構築した、フィアットと仮想通貨投資のための取引ヘイブンです。コインセールはEO.Tradeの公式ウェブサイトで行われます。

今年初めにエコシステムが発表されたことで、投資の世界は沸き立ちました。仮想通貨とフィアットの投資商品エコシステム全体がサポートし、大規模で信頼性の高い仮想通貨取引が約束されています。

ExpertOptionの強み

ExpertOptionは、100を超えるアセットを提供し成功を収め受賞歴もある取引プラットフォームを運営しています。経験豊かなチームを活用して、ExpertOption上にEO.Financeウォレット、EO.Trade仮想通貨取引、EO.Newsポータル、トークンベースのアカウントを加えるブロックチェーンに発展しています。すべてのプラットフォームはEOコインによって成長が拡大し、ワンセットの信用証明でアクセスできます。

「仮想通貨取引は従来のオンライン取引の水準に急速に近づいていますが、ほとんどの場合まだこの2つは分離しています」とイワン・オプリヤCEOは述べました。「当社のエコシステムで、投資家はEOプロダクトを使用して最初から最後まで処理を完了することができます。これにより、より迅速で、よりスムーズかつ低コストのエクスペリエンスが保証されます」。

プロジェクトの規模は大きな将来性を示しており、次の大きな投資になることは明らかです。新興の仮想通貨関連プロダクトとは異なり、EOは、将来性が市場で実証された現在信頼できるブランドによって支えられています。取引プラットフォームとしてのExpertOptionはオンライン取引のみを提供していましたが、EOエコシステムは、投資家が大きく投資を拡大できる機会を提供しています。

「過去数年で700万人以上のトレーダーを抱えることができました。次のステップに進む中で、トレーダーと投資家がこのプロジェクトに参加する絶好の機会だと考えています」とカスタマーケア責任者ドミトリー・ニキティン氏は述べました。「皆様はEOコインを当社プロダクトに使用する利益を得るだけでなく、エコシステムの発展に投資してその利益を得ることができるでしょう」と述べた。

ICOは、投資家が低価格でコインを購入し、プロダクトがリリースされた時にコインを活用するオンラインクラウドファンディングの一形態です。EOコインホルダーは、コインをすべての企業プラットフォームのディスカウントに使用すること、トークンベースアカウントを開き、インスタントトランザクションで100以上のアセットのデリバティブ取引を行うことができます。

セールに参加

同社は、プライベート・プリセールで500万ドル以上を調達しており、コインセール中にさらに多くの資金を調達する予定です。投資家はEO.Tradeに登録し、期間中セールに参加することで、そのチャンスを活用することができるでしょう。

関連記事

  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
  • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

    より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の

コメント