【韓国レポ】DeepbrainchainのMeet upに参加しました

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

この度、韓国のソウルでEther Lab主催のDeepbrainChainの1st Meet upに参加しましたのでその時の情報を共有いたします。

DeepbrainChain

ブロックチェーン x AI

世界的に第4次産業革命の核心はブロックチェーンと人口知能であると認識されています。

これらの分野はまだまだ、初期産業であるためその分、開発への費用、投資、努力が必要です。しかし、投資、努力はまだ微々たるものであるのが現実です。

この現実を打破するため、世界初のブロックチェーン技術を活用し、低費用で分散型のAIプラットフォームを開発しているのDBC (DeepbrainChain)です。

DBCのチーム

約300名ほど参加した今回のMEET UPで一番、記憶に残っているのはAI業界で有名なワンさん(Wang Dong Yan)とファンさん(Feng He)の講演と今後DBCの展開でした。

DBCのCEO、ワンさんはアメリカのシリコンバレーでAIとBI、深層学習などを専門としたコンサル会社Grand IntelligenceのCEOを勤め、分散型AIとブロックチェーンエコシステムを土台にし、二つの技術を融合するDeepbrainChainに合流したそうです。

また、ファンさんは上海産業革新賞を受賞した経験があり業界の先駆者として評価されているすごい人でした。

現在のAIについて

CEOのワンさんは現在、日常生活で適用されるAIを3~4歳水準だと評価しています。

Aiの技術向上のためにはPC、クラウド、データー分析をともに発展させる必要があるが、まだ技術と応用が足りないのが課題だとおっしゃっていました。

また、色んな企業がビッグデータを元にインターネットと3D、自動運転車などの開発をしているが、世界市場を左右できるレベルではないと評価しました。

DBCの今後

講演の中で彼らが言っているDBCの強みを集約すると3つに絞られます。

1.ローコスト 2.セキュリティ 3.柔軟性

今後、DeepbrainChainはこれらの強みを活かし、アメリカのシリコンバレー人工知能の研究機関に1億ドルを投資します。

また、この投資を通じ世界最高水準の人工知能、ブロックチェーン融合研究機関を養成するという野望を持っていました。

関連記事

  • TEAMZが9月28日にBLOCKCHAIN SUMMITを開催

    日頃お世話になっている弊社のCoinJinja読者の皆様と先日NEXTECONOMY CONFERENCEにご参加頂いた皆様、コイン相場をご利用の皆様にパートナーであるTEAMZが開催するTEAMZ BLOCKCHAIN SUMMITのDay1チケット(9/28)を無料でプレゼントいたします!!枚数や期限があるのでお早めにお申込み下さい。スピーカーと出会う機会…世界クラスのリーダーや専門家が一堂に会し、ブロックチェーン業界における最先端のイノベーションについて、今日および今後に向けて話題となっているトピックについて見解を語ります。堀江貴文NEM財団 元代表 – ロン・ウォン(Lon Wong
  • ウォレットの復元について

    新しいスマホで新規作成すると、以前のスマホでウォレットにアクセスできなくなりますので、以前のスマホにデータが残っている方は新規作成をしないでください。ウォレット画面右上からシークレットキー(バックアップキー)をバックアップしてください1. 右上のボタンをタップ 2. シークレットキー(バックアップキー)をタップ3. シークレットキーをコピーウォレットを復元したら、以前のスマホではウォレットにアクセスできなくなるのでご注意ください。
  • 暗号通貨に関する最大の問題のいくつかをPlatioはどのようにして解決するのか

    暗号通貨は、経済を変革する大きな可能性を秘めています。 暗号通貨は、支払いをより速くし、財政的な包括性を高め、すべての種類の取引の機能性を高めることができます。 国家の境界が意味をなくし、世界市民が直接迅速に安価に取引ができるような、かつてない真のグローバル経済がすぐ近くに迫ってきているのです。しかし、すべての暗号通貨の利点に関わらず、その特徴のいくつかは、通常の人々やビジネスによって使用される妨げとなっています。市場がこういった問題の解決策を見いだすことができない限り、暗号通貨が広く普及するには困難を伴うでしょう。ロンドンの金融センターの中心に本部を置く国際フィンテックプロジェクト、Plat

コメント