【韓国レポ】DeepbrainchainのMeet upに参加しました

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

この度、韓国のソウルでEther Lab主催のDeepbrainChainの1st Meet upに参加しましたのでその時の情報を共有いたします。

DeepbrainChain

ブロックチェーン x AI

世界的に第4次産業革命の核心はブロックチェーンと人口知能であると認識されています。

これらの分野はまだまだ、初期産業であるためその分、開発への費用、投資、努力が必要です。しかし、投資、努力はまだ微々たるものであるのが現実です。

この現実を打破するため、世界初のブロックチェーン技術を活用し、低費用で分散型のAIプラットフォームを開発しているのDBC (DeepbrainChain)です。

DBCのチーム

約300名ほど参加した今回のMEET UPで一番、記憶に残っているのはAI業界で有名なワンさん(Wang Dong Yan)とファンさん(Feng He)の講演と今後DBCの展開でした。

DBCのCEO、ワンさんはアメリカのシリコンバレーでAIとBI、深層学習などを専門としたコンサル会社Grand IntelligenceのCEOを勤め、分散型AIとブロックチェーンエコシステムを土台にし、二つの技術を融合するDeepbrainChainに合流したそうです。

また、ファンさんは上海産業革新賞を受賞した経験があり業界の先駆者として評価されているすごい人でした。

現在のAIについて

CEOのワンさんは現在、日常生活で適用されるAIを3~4歳水準だと評価しています。

Aiの技術向上のためにはPC、クラウド、データー分析をともに発展させる必要があるが、まだ技術と応用が足りないのが課題だとおっしゃっていました。

また、色んな企業がビッグデータを元にインターネットと3D、自動運転車などの開発をしているが、世界市場を左右できるレベルではないと評価しました。

DBCの今後

講演の中で彼らが言っているDBCの強みを集約すると3つに絞られます。

1.ローコスト 2.セキュリティ 3.柔軟性

今後、DeepbrainChainはこれらの強みを活かし、アメリカのシリコンバレー人工知能の研究機関に1億ドルを投資します。

また、この投資を通じ世界最高水準の人工知能、ブロックチェーン融合研究機関を養成するという野望を持っていました。

関連記事

  • ICOに日本一詳しいCOIN JINJA (コイン神社) がプレオープン!

    初めまして、です。数ヶ月の間システムの開発やICO情報翻訳等の準備を進めてきましたが、やっと今週からプレオープンする事が出来ました。まだまだ足りない所ばかりですが、正式リリースに向かってブラッシュアップしていきます!乞うご期待ください!合わせて、仮想通貨アプリ「」もリリースしています。宜しくお願い致します!
  • スタッフが駐在する仮想通貨取引所coinoneを韓国で開設!仮想通貨大国を目指せるか!?

    韓国3番目に大きいビットコイン取引所coinoneは、本日リアルの取引所を開設した。韓国初の仮想通貨OTC販売になる。当面販売する暗号通貨は、ビットコイン(BTC)以外、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、リップル(XRP)とQTUMの6種類。取引所となる複合施設には、市場情報を展示する大型モニターやATMが用意され、スタッフによる顧客相談も対応。現在に業界別のICO(トークンのクラウドセール)プロジェクト、合計464件を公開している。
  • Blackmoon投資ファンドのトークン化プラットフォームが仮想通貨はさらなる盛り上がりを見せる

    トークンファンドで現実の世界と暗号経済の両方に投資機会を提供するために世界最高のフレームワークを作成することを目指しています。 3日目 ~ 7日目 1 BMC = 1.05 USD実世界と仮想通貨経済の両方で投資機会を提供するため、世界最高峰のトークン化された資金の枠組みを作り、維持することを目指しています。これは認可機関に柔軟性をもたらし、仮想通貨投資に対する蓄積された財務知識を活かします。地方分権化、透明性、取引可能性、コスト効率など、クリプト世界全体の利益を維持しながら、収入源の多様化を行います。投資ファンドの法的に準拠した構造は、当社の法律顧問によって審査され承認されます。規制リスク

コメント