【COINJINJA共催イベント】Crypto Media Collection Vol.1 仮想通貨メディアが本気でディスカッション

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

COIN JINJA初のイベントを実施します

おはようございます。COIN JINJA編集部です。

今回はお知らせで、我々が主催な初のイベントを開催させて頂きます。テーマは、仮想通貨メディアによる本気なディスカッションで、

「ぶっちゃけアフィリエイトで稼ぐ為にだけにやっているんですか?」

「相場を操作して、自分が儲けているんですか?」

等、仮想通貨メディアと言えばかなりブラックというか、実体不明なところがあると思っていて。このあたりに切り込むイベントにしないなと考えて実施する企画です。

モデレーターにはALISの安さんをお迎えしていて、ALISはブロックチェーンベースでのメディアを作ろうとしているので、

「仮想通貨メディアと言いながら、ブロックチェーンベースでも無いなんて話にならないんで、明日からサイト閉じてください」

と言われかねないイベントになっています。

申し込みはこちらから(無料)

仮想通貨メディア(笑)と言われない為に

冗談は置いておいて、仮想通貨の情報というのは、大部分はオンラインで流れています。

かなり大きなニュースで無い限り、テレビや新聞などの既存のメディアが取り上げることは無く、必然的にWebメディアがその中心になっているのが現状です。

ただ、率直に言ってしまうと、どの仮想通貨Webメディアも個人のブログに毛が生えた程度のレベルで、自身がメディアと名乗れるのはまだ先だと思っています。

COIN JINJAは基本的にはICO検索サイトですし、我々のBlogコーナーなんてのは、個人のブロガーさん以下の質で運営している状態です。

そんなところが現状ですが、この先は、海外の仮想通貨メディア、例えばCoindeskさんなんかが挙げられますが、のようにしっかりとした情報発信をしていけるのか。

また、ユーザーが求める情報はなんなのか。

そういった中でアクセス数や知名度はそこそこでも、中身はまだまだよちよち歩きな現在の日本の仮想通貨メディアのトップランナーたちを集めて、ユーザーの皆様とディスカッションしていきたいと考えています。

イベント概要

■日時:2018/4/14 (土) 16:00 - 19:15

■会場:渋谷ヒカリエ 21階 DeNAオフィス/セミナールーム

※会場スポンサー:DeNA TECH STUDIO ( https://denatechstudio.connpass.com/ )

■登壇:

  • ゲスト講演 : VeChain
  • モデレーター : 安 昌浩 (ALIS)
  • パネラー : 
    • CRYPTO TIMES (クリプトタイムズ) スピーカー : アラタ
    • COIN JINJA (コインジンジャ) スピーカー : 沼崎悠
    • CoinOtaku (コインオタク) スピーカー : 下山明彦
    • BITDAYS(ビットデイズ) スピーカー : 三矢晃平

申し込みはこちらから(無料)

関連記事

  • TEAMZが9月28日にBLOCKCHAIN SUMMITを開催

    日頃お世話になっている弊社のCoinJinja読者の皆様と先日NEXTECONOMY CONFERENCEにご参加頂いた皆様、コイン相場をご利用の皆様にパートナーであるTEAMZが開催するTEAMZ BLOCKCHAIN SUMMITのDay1チケット(9/28)を無料でプレゼントいたします!!枚数や期限があるのでお早めにお申込み下さい。スピーカーと出会う機会…世界クラスのリーダーや専門家が一堂に会し、ブロックチェーン業界における最先端のイノベーションについて、今日および今後に向けて話題となっているトピックについて見解を語ります。堀江貴文NEM財団 元代表 – ロン・ウォン(Lon Wong
  • ウォレットの復元について

    新しいスマホで新規作成すると、以前のスマホでウォレットにアクセスできなくなりますので、以前のスマホにデータが残っている方は新規作成をしないでください。ウォレット画面右上からシークレットキー(バックアップキー)をバックアップしてください1. 右上のボタンをタップ 2. シークレットキー(バックアップキー)をタップ3. シークレットキーをコピーウォレットを復元したら、以前のスマホではウォレットにアクセスできなくなるのでご注意ください。
  • 暗号通貨に関する最大の問題のいくつかをPlatioはどのようにして解決するのか

    暗号通貨は、経済を変革する大きな可能性を秘めています。 暗号通貨は、支払いをより速くし、財政的な包括性を高め、すべての種類の取引の機能性を高めることができます。 国家の境界が意味をなくし、世界市民が直接迅速に安価に取引ができるような、かつてない真のグローバル経済がすぐ近くに迫ってきているのです。しかし、すべての暗号通貨の利点に関わらず、その特徴のいくつかは、通常の人々やビジネスによって使用される妨げとなっています。市場がこういった問題の解決策を見いだすことができない限り、暗号通貨が広く普及するには困難を伴うでしょう。ロンドンの金融センターの中心に本部を置く国際フィンテックプロジェクト、Plat

コメント