ロンドンのBubbles Escorts、BunnyTokenとスマートムーブで手を組み支払いオプションを拡大

Sponsored by BunnyToken
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

Bubbles Escortsと協力

ロンドンの大手代理店Bubbles Escortsは4月11日水曜日、ブロックチェーンベースの決済方法であるBunnyTokenと協力関係を結んだことを公式に発表した。

同社はロンドンで、エスコートサービスに対して仮想通貨による支払い方法を提供する業界初の企業の1つであった。この動きは同代理店にしてみれば、次なるステップとして非常に合理的である。1999年以来、Bubbles Escortsは高品質なサービスや評価高い労働倫理で成功を収めている。

「多くのアイデアが出されましたが、どれも印象の薄いものでした。しかしBunnyTokenについて調査し、プロジェクトに耳を傾け、そのチームから連絡を頂いてからは、志を同じくする企業と共に拡大し続け、顧客に未来をもたらすのに今こそ適切な時期であると感じるようになりました。」同代理店は新しいパートナーシップに関してそうウェブサイトに記述している。

今年初頭に登場したBunnyTokenは、大きな成功を収めたトークン販売や、非常に明確な目標と共に、成人向け産業における支払い手段に革命をもたらしている。それ以来、最近のバブルスエスコートを含め、数多くのパートナーシップの締結を発表している。

「Bubbles Escorts社からのアプローチがあり、このパートナーシップが素晴らしいものになるであろうと思うようになるまでにはほとんど時間を要しませんでした。」BunnyTokenの共同設立者かつCOOであるVasilisa Yakubo氏はこう述べる。「彼らのサービスは最高水準であり、労働倫理は高く評価されています。 BunnyTokenと同様に、社会的およびビジネス的な観点から進歩的な考えを持っています。Bubbles社は、我々が是非とも協力関係を結びたいと思える企業です。」

BunnyTokenの進展

BunnyTokenは、2018年1月にソフトキャップに到達し、支払い方法の開発に着手した後、3月13日にトークンの先行販売を開始した。CRMや支払いページのMVP版をプロジェクトの早い段階でリリースし、プラットフォームが利用開始されると、より多くの企業がエコシステムに参加し、BunnyTokenを支払い方法として追加するようになった。

この新しいパートナーシップは、成人向け産業の未来はBunnyTokenに大きく依存しており、トークンが取引所に上場され、オンライン購入に使用されるようになれば、初期の投資家はその利益を享受できるだろうということを示している。

Bubbles Escorts社はイギリスのロンドンでサービスを提供しており、公式サイトを通じてオンラインから連絡を取ることができる。 BunnyTokenの販売はいまだ継続しており、関心のある投資家は公式サイトから登録し、トークンを購入することができる。

関連記事

  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう
  • 【開催報告】Next Economy Conference 2018

    かれこれ、もう5ヶ月も前の話になってしまいますが、コイン相場が初の主催イベント、Next Economy Conference 2018を2018年9月15日に開催致しました。あいにくの天候だったのですが、350名の方に遊びに来て頂けました。改めまして、登壇者の方、来て頂いた方、ブース出展して頂いた方、スポンサー様、みなさんありがとうございました。開催報告と言っても、Logmiさんが全文を書き起こしてくれたのと、ダイジェスト動画が出来たのでご報告です。今見ても、とても豪華な登壇者の方々なので、お時間がある時に、ぜひ見てみてくださいね。なお、する予定です。共催したい、とか出展したいとか登壇した
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

    先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!

コメント