仮想通貨業界におけるプレICOの売り上げが急上昇する中、バニートークンを夢中で購入する投資家たち

Sponsored by BunnyToken
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

プレICOの真っ最中であるバニートークン (BunnyToken) は、世界中の5000人以上の投資家たちに7500万トークン以上のバニートークンを販売した。その際立った印象と大きな成功の可能性により仮想通貨業界を制覇したこのトークンは、大きな話題となったことがただの一時的な騒ぎではなかったことを証明している。

人気のあるプロジェクト

バニートークンプロジェクトは、アダルト業界向けのブロックチェーンに基づく決済方法として今年初めに明るみに出ると、批評家、専門家、および投資家から大きな期待を寄せられながら、すぐさま、近々実施される仮想通貨のプロジェクトの中で最も人気のあるプロジェクトの一つとなった。

登録数は増え続ける

最初に大きな注目を集めるが業績を上げることができない多くのICOとは異なり、バニートークンは卓越している。同社は公式サイトでこれまでに50,000件の登録があったことを発表し、登録数は増え続ける一方だ。

その決済方法は、アダルト業界の関連事業および個人が高速かつ安全な取引を行うのを可能にするようデザインされており、今までのところ同社は十数サイト以上のアダルト業界のウェブサイトとのパートナーシップを確保している。同社はトークン販売に続いて、この勢いに便乗して今後の決済方法における自社の地位を確保しようとするさらに大きなパートナーとの交渉も行っている。

バニートークンは、既存の大きな問題を解決することでトークンに現実的な価値を与えているだけでなく、そのコンセプト、ブランド、およびマスコットで仮想通貨業界を魅了している。これまでいかなる投資プロジェクトも、決してその特徴でこれほどファンを集めることはなかったし、視聴者との面白い交流が絶えず生まれることもなかった。

YouTubeで話題を呼び

同プロジェクトのバニーは、それ自体で独自の成功を収めており、仮想通貨の文化の一部となっている。バニーは、セント・パトリックデーにリバーダンスを披露し、独自のビデオクリップでYouTubeで話題を呼び、チャットルームのステッカーになっている。それに加えバニートークンは、アドバイザーとして業界の最も輝かしいスターを集めることでポルノ業界を団結させた。このようなことは、この会社が独自のブランドにいかに自信を持っているかを証明する一方であり、それは世界最大規模の企業にのみ見出されるような特徴だ。

バニートークンのプレICOセールは4月24日に終了し、その後、4月25日のイニシャルトークンセールが続く。興味のある投資家は、同社のウェブサイトで登録することができる。

関連記事

  • 仮想通貨で副業を始めるならこの5つ!?【2019年版】

    副業ブームが来たのか来ているのか、と言われて久しいですが、皆さん副業って何をしているんですかね。仮想通貨も副業や資産運用の文脈で語られる、というよりは、関連付けて考えられる方も多いみたいなので、仮想通貨やブロックチェーンという領域での副業を考えてみました。仮想通貨投資というやり方ですね。これについては、ここで語るのも、と思うので、とりあえず「」アプリで価格を追いかけて、ニュースをチェックするところから始めてみてはいかがでしょうか。仮想通貨・ブロックチェーンのライターは、色んな仮想通貨メディアが結構募集しています。例えば、さんやさんでも。1年位前(2018年初頭)であれば、「仮想通貨メディ
  • 仮想通貨でお小遣い稼ぎをする3つの方法【2019年版】

    仮想通貨投資はオワコン、と言われ始めてはや何ヶ月・・・という感もありますが、ちょっと投資は置いておいて、仮想通貨でお小遣い稼ぎをする方法ってどうなんだろうというお話です。ご存知のように仮想通貨市場は一時期のような盛り上がりは無く、「今からお金を入れるのはどうなの!?」と思うような状況です。なので、一旦ここでは、、お金を掛けずに仮想通貨でお小遣い稼ぎをする方法を考えていきます。少しづつですが、サービスを利用するだけで仮想通貨が貰えるものが出てきています。日本ではというブログサービスが一番有名ですね。ブログ記事を書いたり、いいねを押す事で、 ALIS という仮想通貨が貰えます。世界的にも有名な
  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう

コメント