革新的通信事業者、ブロックチェーンと仮想通貨を利用してモバイルのローミングを不要に

Sponsored by BUBBLETONE
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

新しい現実によって業界が変化を迫られている中、通信事業者モバイル部門も全面的な見直しを図ろうとしている。インターネットの無料電話での国際通話が可能になり、旅行者はもはや高額なローミング料金を払おうとはしなくなっている。既存のローミングは変わる必要があり、通信分野有力企業はブロックチェーンのテクノロジーに解決の道を見出そうとしている。

Bubble Toneのエコシステム

保守的な業界にすでに一石を投じたのがBubble ToneBubble Toneはユーザーと通信事業者間の直接の双方向的つながりが重要だとの新しい考えに立脚したエコシステムを開発した。このシステムではユーザーは現地価格で音声通話し、モバイルインターネットを利用することができる。これを可能にしたのが、事前契約なしにトラストレスに業務プロセスを自動処理するンピューターアルゴリズム、スマートコントラクトである。

このソリューションはローミング分野の改革、分散化に協力して取り組む通信事業者とブロックチェーン専門家のチームが考案したもの。プロジェクトチームの中心メンバーは20年以上にわたり、リアルな世界の名門通信会社を動かしてきた人々である。

Bubble Toneのアプリ

Bubble Toneのブロックチェーンは超高Grapheneエンジンを利用したもので、すでに実用化されている。世界中の通信事業者が、そのサービス対象エリアにやってくる旅行者に現地価格でモバイルサービスパックを提供できる。カスタマーはすでにベータ版で手に入るBubble Toneアプリにログオンし、旅行先で必要な音声・文書・データ量を選択する。スマートコントラクトによってアプリ内でプロバイダーから直接サービスを購入でき、ほんの数秒でサービス利用を開始することができるのだ。さらにすごいのは、ユーザーは、もともと使っていたSIMカードをそのまま使うことができ、旅行中でも元の電話番号を変えなくてよいということだ。

Bubble Toneの解決案

Bubble Toneが解決する通信事業者にとっての問題とは何か、それはサービスを届けたい旅行者へのアクセスにからむ問題である。世界の千を超える通信事業者はこのアクセスのための費用が払えないのだ。現在グローバルなモバイルローミングシステムを構築しようとすれば通信事業者は1000万ドルもの費用をかけ、世界中の何百ものパートナーと契約しなければならない。そこに至るまでの交渉に3年もかかってしまうかもしれない。これに対し、Bubble Toneが通信事業者に提案するのは、ノーコストでブロックチェーンに参加し、彼らのサービス対象エリアにやってくる潜在的ユーザーと直接つながることである。

Bubble Toneの強み

ブロックチェーンを利用したBubble Toneのプラットフォームの強みはセキュリティとシンプルさ。システムのユーザー認証は先進テクノロジーにより個人情報を伝えることなく行われる。料金プランは非常に幅広く、通信事業者に支払う金額ゼロのサービスをシステム内プロバイダーから購入することさえできる。こんなことができるのは、Bubble Toneのブロックチェーンが基本的に、オンラインサービス(音楽やテレビなどのコンテンツ配信サービス、オンラインデータ保管サービス、あるいはオンライン語学学習プログラムサービスなど)のプロバイダーから直接購入ができる認証済みユーザーを対象とする分配ネットワークだからである。Bubble Toneはすでに、オンライン英語学習サービス分野の大手Lingualeoと提携している。

ICO

Bubble Toneのブロックチェーンは4月後半に、プラットフォームとモバイルアプリの拡充・規模拡大対応のための資金調達を目的にICOキャンペーンを実施しようとしている。多数の有力通信事業者との提携契約も交わされようとしており、プロジェクトの拡大を後押ししている。

Bubble Toneはプラットフォーム内の決済手段、そしてシステムが運営されている分散型サーバーのメンテナンスへの報酬として、Universal Mobile Token(UMT)を発行する予定である。

従来のローミング業界をブロックチェーンテクノロジーに適応できるものにするために、Bubble Toneは安定したトークンSDRTもローンチしようとしている。このトークンは、何十年もの間モバイル事業者が国際決済に使ってきた既存の不換通貨SDRに結び付けられている。これを使うことによりモバイル通信事業者は通常通りの事業運営を行いながら、Bubble Toneブロックチェーンのプラットフォームともスムーズにやり取りができる。

ユーザーと通信事業者の間に直接の双方向的つながりを構築しようという新しい考え方は、基本となるテクノロジーに支えられた新たな分散型ビジネスモデルであり、皆に利益をもたらす。旅行者は旅先の現地価格で音声通話、モバイルインターネットの利用ができるし、通信事業者やサービス・プロバイダーは顧客獲得コストゼロで新しいユーザーを惹きつけ、かつてないほどそのリーチを拡大することができるのだ。

関連記事

  • マイナーにとって素晴らしい日

    仮想通貨取引所ABCCでは7月9日から12日までの3日間、2,000人の事前登録ユーザーに限定して、取引マイニングを公開していた。現在は既に誰でも取引マイニングに参加する事が可能だ。事前登録したユーザーは7月11日の夜に最初のAT(ABCCによって発行される取引所トークン)と最初の配当(ABCCの取引手数料の80%はAT保有者に配分される)を受け取る事が出来た。事前登録ユーザーの一人は、彼の取引マイニングの結果をABCC側のインタビューを通じて公開している。彼のスクリーンショットを見ると。トレードとマイニングを通じて、1.57ETHがに増加している。既にABCCは7/12午後12時から、取引マ
  • 【API連携】CoinEx/コインイーエックスのAPI連携

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。APIを取得したときのIPアドレスとアプリを使用する場所が違うとIPアドレスが変わり、ログインできなくなります。ログイン
  • 新興の仮想通貨取引所ABCCが本日(7月12日)午後1時から取引マイニングを開始

    仮想通貨取引所ABCCは数日前に、ATトークンのリリースを発表し、取引マイニングを開始している。4日間のプレマイニング期間が終了し、本日(7月12日)午後1時から全てのユーザーに取引マイニングが開放される。同取引所はFuncity Capital、Dream Seeker Capitalなどからの出資を受けている。既にマイニングが始まり、この数日間で、Coinhillsでは7位に位置する取引高を記録している。現段階では、ABCCではAPIを開放しておらず、数週間後に開放を想定している。現在の取引高が続くようであれば開放後にはさらなる取引高の増加が見込まれる。1. 第1半減期におけるATの総数:

コメント