クイズで仮想通貨が無料で獲得出来るエアドロップQへの参加の仕方

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

エアドロップQの概要

エアドロップQは仮想通貨アプリ「コイン相場」に追加される新機能です。

仮想通貨に関連するクイズに正解すると、その仮想通貨が無料で獲得出来ます。

失敗しても何回でも挑戦することが出来るので、分からない方は、途中で調べて知識を蓄えながら進めてみて下さい。

エアドロップとは

通常、仮想通貨は有料で購入するものですが、お試し版として仮想通貨が貰えるのがエアドロップです。

仮想通貨の発行側としては、プロモーションの一貫で、多くのユーザーに対して認知され、実際に保有してもらう事が目的となります。

エアドロップQへの参加の仕方

まず、コイン相場アプリをお持ちで無い方はDLしてくださいね。

アプリ内の「ニュース」もしくは「ポートフォリオ」のタブからエアドロップQページを開くことが出来ます。

Step.1 アカウント登録

はじめてエアドロップQに参加する際には、アカウント登録が必要です。2回目以降は不要になります。

登録にはスマートフォンの電話番号が必要になる点だけご注意下さい。(追加説明は、エアドロップQでの注意点で後述します)

Step.2 クイズを選択

クイズを選択して下さい。選ぶとクイズが始まります。全問正解すると仮想通貨を獲得出来ます。

Step.3 クイズにチャンレンジ

クイズは全部で5問です、制限時間はありませんし、何回でもチャレンジが出来るのでご安心下さい。

わからない時には

クイズに下にある、該当プロジェクトのページリンクを参考にして下さい。

クイズを終えたら

お友達を招待して、クイズに正解すると更に10%分の追加ボーナスが発生します。

もし、エアドロップQが少しでも楽しめたら、Twitterなんかで紹介して貰えると嬉しいです。

(招待しただけではボーナスが発生しないのでご注意下さい)

エアドロップQで貰える仮想通貨

エアドロップQで貰える仮想通貨は、既に仮想通貨取引所に上場して、取引が可能な仮想通貨、もしくはICO情報サイト「COIN JINJA」に掲載されているICOのトークンに限定されています。

つまり、エアドロップと言っても、実際には価値がつかないコインだらけ、ということはありません。

また、エアドロップQで獲得出来るコインは、事前に弊社にてお預かりしていますので、その後配布されないということもありません。

一度クイズに正解すると、同じコインは貰えません。

ただ、公開時に登録されている4種類以外にも随時、参加する仮想通貨プロジェクトは増えていきますのでご安心下さい。

また、人気の仮想通貨はすぐに無くなってしまう可能性もありますが、仮想通貨プロジェクト側の判断で、更に増量される可能性もあります。もし、参加機会を逃したら、気長に待っていてくださいね。

エアドロップQでの注意点

個人アカウントを作成する必要があります

エアドロップQに参加する為には、ニックネームと電話番号を登録し、アカウントを作る必要があります。

SMSの受信が必要となるので、ご注意下さい。

この登録は1人の方が何度も同じ仮想通貨を獲得するような不正行為防止の為の処置となります。

出金機能は後日実装されます

獲得した仮想通貨は、後日、個人のETHウォレットに送金出来るようになります。

その際にはETHウォレットのアドレス登録等が必要になりますが、こちらはまた追ってご連絡致します。

いつ実装されるの?という時期の話ですが、コイン相場をずっと使っていただいている方にはご理解頂けると思いますが、割りと追加開発のスピードは早いです。

なので、1ヶ月位待って頂ければと想定していますし、3ヶ月経ってもまだ実装されていない、ということにはなりません。はっきりとした時期がわかればまたご連絡致します。

獲得した仮想通貨の現金化について

これも出金機能の実装と合わせてご案内致します。

仮想通貨アプリ「コイン相場」

是非、コイン相場をDLしてエアドロップQに参加してみて下さい。

関連記事

  • Lufthansa、Microsoft、NEM、それに続く企業たち- 明日に架ける橋なるか、UNIBRIGHT…

    Microsoft、Lufthansaとのハッカソン、NEMとの提携…
大手企業と手を組み、強い意志を持って活動する。その成功は、同社の戦略の正しさを証明している。成功を収めたICOから3ヶ月あまり。同ドイツ企業は、有望なパートナーシップ、そして実際のユースケースに初の顧客を獲得してトップニュースを飾った。事業統合に20年以上の実績を持つデベロッパーチームであるは、新たなテクノロジーに関してあらゆる企業が抱える共通課題への取り組み方を心得ているようだ。それがブロックチェーンに関するものなら、なおさらだ。のCEO、 はこう述べる:「近頃はほとんどの企業がブロックチェーン技術に強い興味を示
  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。

コメント