クイズで仮想通貨が無料で獲得出来るエアドロップQへの参加の仕方

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

エアドロップQの概要

エアドロップQは仮想通貨アプリ「コイン相場」に追加される新機能です。

仮想通貨に関連するクイズに正解すると、その仮想通貨が無料で獲得出来ます。

失敗しても何回でも挑戦することが出来るので、分からない方は、途中で調べて知識を蓄えながら進めてみて下さい。

エアドロップとは

通常、仮想通貨は有料で購入するものですが、お試し版として仮想通貨が貰えるのがエアドロップです。

仮想通貨の発行側としては、プロモーションの一貫で、多くのユーザーに対して認知され、実際に保有してもらう事が目的となります。

エアドロップQへの参加の仕方

まず、コイン相場アプリをお持ちで無い方はDLしてくださいね。

アプリ内の「ニュース」もしくは「ポートフォリオ」のタブからエアドロップQページを開くことが出来ます。

Step.1 アカウント登録

はじめてエアドロップQに参加する際には、アカウント登録が必要です。2回目以降は不要になります。

登録にはスマートフォンの電話番号が必要になる点だけご注意下さい。(追加説明は、エアドロップQでの注意点で後述します)

Step.2 クイズを選択

クイズを選択して下さい。選ぶとクイズが始まります。全問正解すると仮想通貨を獲得出来ます。

Step.3 クイズにチャンレンジ

クイズは全部で5問です、制限時間はありませんし、何回でもチャレンジが出来るのでご安心下さい。

わからない時には

クイズに下にある、該当プロジェクトのページリンクを参考にして下さい。

クイズを終えたら

お友達を招待して、クイズに正解すると更に10%分の追加ボーナスが発生します。

もし、エアドロップQが少しでも楽しめたら、Twitterなんかで紹介して貰えると嬉しいです。

(招待しただけではボーナスが発生しないのでご注意下さい)

エアドロップQで貰える仮想通貨

エアドロップQで貰える仮想通貨は、既に仮想通貨取引所に上場して、取引が可能な仮想通貨、もしくはICO情報サイト「COIN JINJA」に掲載されているICOのトークンに限定されています。

つまり、エアドロップと言っても、実際には価値がつかないコインだらけ、ということはありません。

また、エアドロップQで獲得出来るコインは、事前に弊社にてお預かりしていますので、その後配布されないということもありません。

一度クイズに正解すると、同じコインは貰えません。

ただ、公開時に登録されている4種類以外にも随時、参加する仮想通貨プロジェクトは増えていきますのでご安心下さい。

また、人気の仮想通貨はすぐに無くなってしまう可能性もありますが、仮想通貨プロジェクト側の判断で、更に増量される可能性もあります。もし、参加機会を逃したら、気長に待っていてくださいね。

エアドロップQでの注意点

個人アカウントを作成する必要があります

エアドロップQに参加する為には、ニックネームと電話番号を登録し、アカウントを作る必要があります。

SMSの受信が必要となるので、ご注意下さい。

この登録は1人の方が何度も同じ仮想通貨を獲得するような不正行為防止の為の処置となります。

出金機能は後日実装されます

獲得した仮想通貨は、後日、個人のETHウォレットに送金出来るようになります。

その際にはETHウォレットのアドレス登録等が必要になりますが、こちらはまた追ってご連絡致します。

いつ実装されるの?という時期の話ですが、コイン相場をずっと使っていただいている方にはご理解頂けると思いますが、割りと追加開発のスピードは早いです。

なので、1ヶ月位待って頂ければと想定していますし、3ヶ月経ってもまだ実装されていない、ということにはなりません。はっきりとした時期がわかればまたご連絡致します。

獲得した仮想通貨の現金化について

これも出金機能の実装と合わせてご案内致します。

仮想通貨アプリ「コイン相場」

是非、コイン相場をDLしてエアドロップQに参加してみて下さい。

関連記事

  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう
  • 【開催報告】Next Economy Conference 2018

    かれこれ、もう5ヶ月も前の話になってしまいますが、コイン相場が初の主催イベント、Next Economy Conference 2018を2018年9月15日に開催致しました。あいにくの天候だったのですが、350名の方に遊びに来て頂けました。改めまして、登壇者の方、来て頂いた方、ブース出展して頂いた方、スポンサー様、みなさんありがとうございました。開催報告と言っても、Logmiさんが全文を書き起こしてくれたのと、ダイジェスト動画が出来たのでご報告です。今見ても、とても豪華な登壇者の方々なので、お時間がある時に、ぜひ見てみてくださいね。なお、する予定です。共催したい、とか出展したいとか登壇した
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

    先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!

コメント