2018年3月注目のICOランキングTOP10発表!

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

COIN JINJAで2018年3月にアクセス数が多かったICOのTOP10を発表いたします。

以下はランキングです。

第10位:Wanchain

Wanchainのチームの構成はおよそ38名で技術力のあるFactomプロジェクト出身やHuaweiのトップエンジニアがいるなどなど目標達成のための技術力は十分あるのではないかと思われます。

Aion ICONとの協力関係ニュースや3月にBinanceに上場したことによりアクセス数が増えました。

第9位:Alibabacoin

中国の大手企業Alibabaと名前が似ているため、名前だけで注目を集めました。調べた所、Alibabacoinの所在地はドバイでアリババとの関係性は全くないと判明。

中国のAlibabaが商標権侵害だと主張し訴訟を起こしている状態です。

第8位:LeadCoin

ICO販売の設定時間が100分と短かったが、30分ぐらいで50億円の資金調達に成功。

3月1日ICO終了後、3月2日Bancorに上場し注目を集めました。今、現在はLiqui、Hitbtcなどにも上場されています。

第7位:Crowd Machine

これといった話題はなかったのですが、アクセス数7位にランクインしました。

Twitterで代理店をしている方々が見えたのでそこから情報を求めCOINJINJAに流れてアクセス数が増えたと思われます。

/ico/mark-space

第 6位:BunnyToken

アダルト業界の有名女優たちがアドバイザーです。

記事を書くため会社でホワイトペーパーを開きましたが、ポルノサイトのスクリーンショットがあり見られてないかソワソワしました。(笑)

Demoイメージページに接続し、Pay to unlock → Bunny walletを押すと何となくどういう仕組みでどういうUIで作られるのかが少しは分かります。

第5位:Storm

代表的なアドバイザーはBittrexのCEO Bill shiharaさんADAのCharles Hoskinsonさん、Bancor共同設立者GuyさんなどStormコインのアドバイザーは業界で有名な人が多いですね。

3月には韓国のUpbitに上場し、注目を集めました。

第4位:Shopin

オンライン流通業者たちを集め、分散型のアマゾンを目指します。 CoinAgendaという大会で優勝していますので技術力は高そうですね。

第3位:w3coin

w3coinはHitbtcで上場廃止になり、アクセス数が伸びたと思われます。しかし、4月15日DEX(分散型取引所)のOPENLEDGERに上場されました。

第2位:HoToKeN

キングオブコインと呼ばれているあの方が販売を手がけた案件です。この方がかかわっているProjectはアクセスが増えます。

アプリのHotNowはタイですでに70万人のDLを成し遂げております。

2020年まで2000万人の顧客を獲得することを目標としているそうです。

第1位:Hero

1月、2月、3月ともにアクセス数トップ。ファンドを通じSoftBank、Alibabaから出資を受けたことで注目を集めました。ホワイトペーパーに記載されています。

/ico/hero-1

関連記事

  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
  • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

    より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の

コメント