Bitcoin.comのCOO、スマートコントラクトをベースにした大人気のiGamingプロジェクトTruegame.ioに参画

Sponsored by Truegame
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

3月13日 - Truegameは、スマートコントラクトを採用した独自のプラットフォームを備える形で、未だかつて見たこともないような革新的で新しいiGamingのコンセプトを再導入しようとしている。この革新的な仕掛けをiGamingで完全に開発するために、Truegameは2018年4月16日の一般イベントに先立ち、2018年3月15日からプレセールを開始してそのICOに乗り出した。

同プロジェクトには、ブロックチェーンからiGamingまでの業界トップのエキスパートだけでなく、強力なプロフェッショナルチームが参加している。つい先日、Truegameは新しく刺激的な協力者を発表した。新規ブロックチェーン・アドバイザーとして、Bitcoin.comのCOOを務めるMate Tokay氏を迎えたのだ。

Bitcoin.comの最高執行責任者として、Mate Tokay氏は疑いなく、ビットコインとビットコインキャッシュの最も積極的で声高な支持者の一人だ。彼の目標と情熱は、仮想通貨を可能な限り広めることにある。2012年、彼はブダペストで国際ビジネススクールから卒業した。しかし彼がビットコインについて初めて耳にしたのは2012年後半であり、特注のASIC機器を使ってビットコインの採掘を開始したのは2013年中期になってからのことだった。後に、Tokay氏は高い名声を集めたビットコインニュースとレビューサイト、「Bitcoinist」を立ち上げた。しかし彼は2015年以来、Bitcoin.comの構築を担当している。

Mate Tokay氏: 「Truegameについては本当に楽しみです。彼らの主な目標は、賭博業界における透明性の向上ですからね。彼らの新しいブロックチェーン技術があれば、どんな不正や改ざんもないことを確かめられるようになります…」

Truegameについて

TruegameはブロックチェーンとスマートコントラクトをベースにしたiGamingのプラットフォームで、透明性の課題を解決してくれる。ブロックチェーン技術が、信頼性のあるオープンなレジストリを可能にするのだ。これは改ざんすることがでず、全てのゲームの全ての結果を表示する。ブロックチェーンから生み出される組み合わせは改ざんできず、そして完全に無作為なものだ。それによって勝機は運と数学的確率に絞り込まれる。完璧な信用への取り組みを促進するために、ブロックチェーンのネットワークはゲームのルール内で賞金の配布に責任を負う。スマートコントラクト技術を革新的に使用して、プレイヤーと潜在的プレイヤーに賞金を用意するのだ。

Trugameのトークンセール:

  1. ソフトキャップはたった5日間で調達
  2. Truegameは1位 - エキスパート間で最も評価されたプロジェクト (現在の評価は4.8/5)
  3. 58人以上のエキスパートが同プロジェクトを評価済み
  4. テレグラム上のコミュニティメンバーは9000人を超過
  5. 小規模なハードキャップ – 900万米ドル

Truegameのアイディアは、Tokay氏の哲学とイデオロギーに近似している。Bitcoin.comのプラットフォーム (games.bitcoin.com) には多くのゲームが紹介されているが、Tokay氏は高い将来性を持つゲーミング・プラットフォームとしてTruegameを評価している。同プロジェクトにおけるアドバイザーとしての役割と並行し、Tokay氏は大規模なメディアでTruegameのPRとプロモーションを支援する予定だ。

iGamingの新時代は、もうここにある!

詳細はTrueGameのウェブサイトを参照ください: https://ico.truegame.io/

テレグラムでつながろう: Telegram

BitcoinTalkのスレッド: BitcoinTalk

ゲーム・プラットフォーム: https://truegame.io/

メディアお問い合わせ窓口

氏名 - Liudmila Varavina

Eメール - [email protected]

関連記事

  • 新サービス「トークン発行サポート」

    株式会社COINJINJAは新サービス、トークン発行サポートを行います。仮想通貨関連に特化したサービスを行なっている当社のノウハウを駆使してトークン発行から仮想通貨取引所への上場支援まで一気通貫したワンストップサービスをいたします。2017年9月よりICO検索サイト「COINJINJA」、翌月より仮想通貨アプリ「コイン相場」をリリースいたしました。COINJINJAは開始4ヶ月で月間150万PVを達成、アプリは現在日英中韓の4ヶ国語対応で約50万ダウンロードとなっており、数多くの企業様からICOのサポート依頼のお問い合わせをいただき、今回サポートをすることにいたしました。COINJINJAでは
  • コイン相場「ニュース」にDappsカテゴリを追加しました

    仮想通貨アプリ・コイン相場の中では、国内有力仮想通貨メディア・ブログから毎日記事を提供して頂いております。今回は、「カテゴリ」の中に「Dapps」を設け、の3つを追加致しましました。Dappsと言っても、今回は特にGameを取り上げている3つのブログをピックアップさせて頂きました。仮想通貨アプリ・コイン相場のDLは「ニュース」の使い方を実は一度も説明していなかったので、この場を借りて使い方を簡単に説明させてもらいます。※今回はDappsを選択して下さい鉄板なのは、直近1ヶ月位を掛けて、このニュースセクションはカテゴリ分けやソースを含めて精査していく予定です。
  • 【7月2週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報

    BigONEとFCoinがマイニングを再開したことに加え、CoinExの取引所マイニング(コイン相場の機能では「ハミングバード」と命名)をスタートしました。さらにマイニングスピードと安定性も向上させました。マーケットページは、通貨の分類と主要通貨の情報が豊富になりました。マーケットページだけで市場の最新動向を十分に理解することができます。 

コメント