SapienはSPNトークンを採用した未来のソーシャルネットワークのウェップ3.0です

Sponsored by Sapien
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

現代のソーシャルメディアプラットフォームは、ユーザーデータとコンテンツの管理を独占する。ユーザーエクスペリエンスの透明性、精度、品質を犠牲にして個人の利益を最大化する問題が発生した。

Sapienは、分散されたソーシャルニュースプラットフォームであり、ブロックチェーン上に構築されており、この動向に対処するように設計された。使用者が個人の情報を完全に管理する。

SPNトークンは、Sapienプラットフォームを容易にし、高品質のコンテンツを作成し、広告を見ることによって、コミュニティ内で評判を築くことをユーザーに報奨する。

民主的に透明性の高い評判システム、出版社やベンダーとのスマートな取引を通じて、Sapienは価値のあるプロトコルを採用して偽のニュースを抑制し、確実の高いコンテンツを促進する。既存のソーシャルメディアの中核となる問題の中心として、解決するように、ソリューションをSapienエコシステムに直接統合することで、当社のチームはユーザーの体験を優先順位を変更することを注目する。

統計情報:

完全に発展したベータ版! (4月に生きる)

Bitclave、DAOstack、Blockcentury、Rocket Chatなどと提携しました!

142カ国からの事前販売で2万以上のETHが調達されました。

主要なソーシャルチャネルにわたる4万人以上のメンバーによる活気のあるコミュニティ

私たちのトークンについてもっと知るには:

ティッカー:SPN

ERC20トークン

SPNトークンユーティリティ:

1)サピエンネットワークにアクセスするにはSPNを保持する必要があります。

2)トークンは、ステーク・フォームとアンステーク・フォームで存在します。スタックトークンは、ユーザーにプラットフォーム機能を提供します。

3)トークンは、各コミュニティ内の評判を記録し、専門知識と偽のニュースの広がりを蓄積する。

4)Democratified Autonomous Platform(DAP)に供給し、ユーザーが組織の意思決定に参加し、製品のロードマップも完成できるようにする。

5)保有者が分散型市場で物理的、仮想的な商品、コンテンツ、サービスを販売できるようにする。

6)定量化可能な価値を生み出し、コミュニティのコンセンサスによって決定されたデジタルコンテンツクリエイターに報酬を与える。

7)広告を表示するように共通するユーザーと収益を共有する。より多くのトークンをステークすることで、ユーザーは生成する収益の大部分を獲得することができます。

私たちのコミュニティに参加する

あなたが認定寄稿者であり、あなたがSapienの戦略的パートナーになれると信じている場合は、sales@sapien.networkまで電子メールでお問い合わせください。

http://t.me/SapienNetworkのSapien Telegramコミュニティに参加することができます。詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。

関連記事

  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう
  • 【開催報告】Next Economy Conference 2018

    かれこれ、もう5ヶ月も前の話になってしまいますが、コイン相場が初の主催イベント、Next Economy Conference 2018を2018年9月15日に開催致しました。あいにくの天候だったのですが、350名の方に遊びに来て頂けました。改めまして、登壇者の方、来て頂いた方、ブース出展して頂いた方、スポンサー様、みなさんありがとうございました。開催報告と言っても、Logmiさんが全文を書き起こしてくれたのと、ダイジェスト動画が出来たのでご報告です。今見ても、とても豪華な登壇者の方々なので、お時間がある時に、ぜひ見てみてくださいね。なお、する予定です。共催したい、とか出展したいとか登壇した
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

    先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!

コメント