paygine:2018年の最も安全なICO

Sponsored by paygine
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

銀行に基づいてオープンな金融プラットフォーム

我々自身の銀行に基づいてオープンな金融プラットフォームを設定するという考えは、2017年の初めにありました。あの時、パートナーと米国でビットコインに基づいてアメリカからメキシコへの送金システムを構築していました。ITシステムが設立され、弁護士の支援により法的問題が解決され、我々の操作や活動の合法性を確認したデューデリジェンスが行われました。銀行と共同して事業を始めるのはくだらない問題のようでしたが、困難が生じました。必須の法律書類や法律顧問の意見が提供されたにもかかわらず、ビットコインを用いて口座振替で支払いをする予定があることを知らせるなり、即座に拒絶されました。金額振込方法を整理しようとするとき欧州で同様の問題に直面しました。全ての決定は難しかったし、大勢の仲介者を包含したし、1~2箇月以上の期間に安定作業を保証できませんでした。それとともに積極的な法律顧問の意見のほかには我々はKYCとAMLの全ての要件を遵守しました。しかし、そんな事しても利点がありませんでした。ビットコイン用語が言われましたとき、銀行も金融機関も正当な理由なく協力することを拒否しました。

たとえ「ビットコイン」が言われてから一部の金融機関と交渉を進んだとしても、APIを介して必要なサービスの完全なリストを提供することで、「ホワイトレーベル」スキームで作業する機会がなかったことが判明したのは我々が直面した第二の問題である。そのせいで当社の顧客は取引相手に直接に通信させられたし、書類をたくさんそれらに提出させられたし、それらのインターフェースを使用させられた結果になりました。

後で調べた情報によると、79%以上のフィンテックやベンチャーや暗号通貨を用いているCMEがその二つの問題を直面しています。現在は色々な見積もりによって、暗号通貨の資本化は3,000億ドルを超え, ほとんどすべてのその大金は実体経済で利用出来ず、また日常生活の中で普通の人もそのお金にアクセスできません。

その時以来市場に根本的に違ったものを提供することにしました!

我々は優れたITシステムとホワイトレーベルスキームを用いて50以上の銀行にサービスを提供するBest2Payというペイメントゲートウェイがあります。我々自身の銀行が不足していました。ですから、フィンテックと暗号通貨に関係する業務のための根本的に違った銀行(オープンな金融プラットフォーム)を設立する新しいプロジェクトを組むことにしました。そんな銀行はホワイトレーベルスキームを用いて活動するオープンなAPIがある全体のITシステムで統合された世界中にある一部の銀行や金融機関に基づいきます。そんなアルゴリズムはたくさんの法律上の正式手続きをすることを簡素化し、顧客に自分のブランドを開発させられます。特定の暗号通貨バンクを構築するのではなく、古典的な銀行に基づくプラットフォームを設定することが同様のプロジェクトとの主な違いである。しかし、これらの銀行では技術や社内手続きや体制などがフィンテックや暗号通貨を扱うために特別に作成され、現地法とKYC / AMLの要件が確実に考慮されます。

我々は現在の古典的な内部手続きやシステムを古典的なビジネスのためにフィンテックや暗号通貨ビジネスのニーズに不自然に合わせようとはせず、このプラットフォームがフィンテックや暗号通貨ビジネスのメンテナンスのためにのみ作成されています。他の銀行との協力を必要とする金融機関ではなくて独自の本格的な銀行のみを持つことで、急速に発展している新しいセグメントと協力してリスクを十分に管理し、意思決定を行うことができます。

当社のブランドを強調する意志ではなく、当社の顧客たちに自分のブランドの名で製品やサービスを世界中で資金的で、法的な保護を受けて販売されるようにします。御客様は現地の規制当局することに報告とKYC / AMLの要件を遵守の監視を心配せずに、事業のみを拡張出来ます。上記のことが当社の責任である。

ICO

このプロジェクトを実施するために、米国で新しい会社を登録し、米国の法律に従ってICOを行うことにしました。多くの同僚は我々が一番困難な方法を選んだと言って驚きます。我々はプロジェクトの成功を確信しているので、これは意識的な選択である!

米国法のすべての要件を遵守するために、投資家のKYC / AML手続きが当社のICOに参加することが認められなければならず、また米国投資家も認可されるべきである。これは当社の事業を不法なお金から守ることができ、当社のプロジェクトがICOを金にされる簡単な方法ではないという保証が投資家に与えられます。

プロジェクトが効果的な業務と50以上の銀行で高性能を示した優れたITプラットフォームに基づいて実施されていることはもう一つの特徴である。

2017年11月にシンガポールでフィンテック専門イベント「FinTech Festival」にプロジェクトを提出し、そのような解決策を提示したのは唯一のプロジェクトであった。我々のプラットフォームは出展者の強い興味を引き付けました。皆さまは「発売日はいつですか」という一つの質問しかしませんでした。暗号通貨と普通のお金の世界を迅速で便利に結びつけることができる市場のソリューションはまだ存在せず、既存のソリューションはすべて不安定であるか、オープンなAPIとホワイトレーベルがないと我々のスタンドを見た会議のすべての参加者が言っていました。

このすべてが、我々のアイデアの正しさを再度確認し、プロジェクトが成功することに自信を加えました!

世界中の銀行や金融サービスについての意見を変えることになるプロジェクトに参加して下さい!

At: https://paygine.com/

関連記事

  • マイナーにとって素晴らしい日

    私たちの早期優先マイナーは、3日間の独占的なマイニング権を享受しており、7/11夜、最初のATと報酬を受け取りました。 マイナーにはどのようなメリットがありますか?私たちは何人かの早期優先マイナーと話し合い、素晴らしい話を伺うことができました。 優先マイナーの1人は、友人の紹介から参加した方でした。 彼はマイニングをして大きな衝撃を受け、スクリーンショットを送ってくれました。トレードとマイニングを通じて、1.57ETHは1.603ETH、0.000184BTC、0.000723USDT、5.19ATに増えました。まったく心配しないでください。7/12午後12時から、ABCCはTrade-to-
  • 【API連携】CoinEx/コインイーエックスのAPI連携

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。APIを取得したときのIPアドレスとアプリを使用する場所が違うとIPアドレスが変わり、ログインできなくなります。ログイン
  • 新興の仮想通貨取引所ABCCが本日(7月12日)午後1時から取引マイニングを開始

    仮想通貨取引所ABCCは数日前に、ATトークンのリリースを発表し、取引マイニングを開始している。4日間のプレマイニング期間が終了し、本日(7月12日)午後1時から全てのユーザーに取引マイニングが開放される。同取引所はFuncity Capital、Dream Seeker Capitalなどからの出資を受けている。既にマイニングが始まり、この数日間で、Coinhillsでは7位に位置する取引高を記録している。現段階では、ABCCではAPIを開放しておらず、数週間後に開放を想定している。現在の取引高が続くようであれば開放後にはさらなる取引高の増加が見込まれる。1. 第1半減期におけるATの総数:

コメント