MyTokenのICO!中国有数の仮想通貨アプリMyTokenが発行するアプリ内トークン

Sponsored by MyToken
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

MyTokenは中国で最も人気のあるマルチな機能を保有する仮想通貨用アプリであり、そして中国では最大の市場シェアを持ち、DAU(デイリーアクティブユーザー数)が16万人を突破するなど人気の仮想通貨アプリとなっています。

そのアプリ内で使用することができるトークンがもう間も無くトークンセールとなります。MyTokenの情報からMTの将来性まで分析していきます!

どうして情報アプリを注目しなければならない

1、Alexaのウェブサイトのトラフィック監視状況によると、メディア、取引所、ウォレット、及び情報を提供しているウェブサイトなどのブロックチェーンに関連しているプラットフォームは80%のプラットフォームトラフィックがブロックチェーンの発展と共に上昇しています。ブロックチェーンが生き生きと活気にあふれているなら、これらのプラットフォームも成長し安くなります。

2、インターネットでの20年の経験を見ると、高い頻度のユーザー行動を伴うのがユーザートラフィックのエントリーポイントになり易いでしょう。続いてもっと多くのサービスができ来ると信じています。MyTokenの実際の運営データによれば、日常の平均的なアクティブユーザーは1日に10〜20回アプリケーションを起動しています。このデータは、他のタイプのブロックチェーン業界のサービスプラットフォームより高くなっています。

どうしてMyTokenを注目しなければならない

インターネットの投資ロジックによると、各国および各分野での人々に注目されているトップ3のプロダクトを深く長期的に注目するが必要があるのを皆によく知られていますが、しかし、ブロックチェーングローバリゼーション業界にとして、全世界のトップ10になるプロダクトを全て注目しなければなりません。更に、その中に、一つのプロダクトが多くの人に使えられているなら、もっと注目しなければならないと思います。貴方、またはあなたの友達はMyTokenを使っていますか?そしてMyTokenに対しての評価はどうですか?よく使ってみると、あなたはMyTokenもうマーケット半分を占有する事になり、そして、既にユーザーの中に、かなりいい評判を持っている事を絶対にわかると信じています。

2017年の上半期、中国のICOプラットフォームは、プロジェクトのファイナンスごとに4〜8%のサービス料を請求することができます。個々のプロジェクトファイナンス額は約1500〜2000万になると、ICOプラットフォームが各サービスされているプロジェクトから平均60〜160万の利益をもらうことができます。現在、ICOは中国、アメリカに禁止されていますが、しかし、世界の他の多くの国に許可されています。そしてICOはこれらの領域の規模で急速に成長しています。MyTokenは法律を遵守している地域でICOプロジェクトにサービスを提供するなら、貰える利益も相当なものになるでしょう。

これから見ると、もちろんICOにはリスクがあることは事実ですが、投資するならビットコインなどよりもリターンが大きいことも事実です。

ICOのことを詳しく知って判断し、MyTokenに将来性を見出したならば投資するのも良いかもしれません!

MTとは?

​MTとは中国NO.1人気仮想通貨ツールアプリであるMyToken内で使えるトークンのことです。具体的には、取引手数料や有料コンテンツなどの利用料としてお金の代わりに使用されます。MyTokenユーザーはMTが無いと取引やコンテンツを見ることが出来ないため、MyTokenユーザーにとってMTは必須となるでしょう。

MT成長の空間?

MTはプロジェクトとユーザーの関係に活性化させられています。これにより、MyTokenプラットフォームは、独自のビジネスモデルを実現することができます。2018年のMyTokenの主なビジネスモデルは、広告(毎月利益は100万元)、集計トランザクションサービス料(月額収益は数千万元)、プロジェクト発行料(月額収益は数千万元) インターフェイスサービスの手数料(数百万元の毎月の利益)です。これらのサービス料の総利益は何千万もの人民元であり、MT自体が収益を伴ってトークンを買い戻すメカニズムを持っていますので、MTの成長を高い確率で保証しています。

MT成長の予想

​ ロックメカニズム

ワイトペーパーに基づいて、MTの全体的な市場価値は全体5億元前後と考えられます。取引所の初登場時、約13,000 ETH相当のMTがマーケットで流通して、残りの20,000またはそれ以上のETHは、今後6ヶ月間に毎日リニアにロック解除されます。つまり毎日110~140個ETH相当のMTロック解除されています(BNBフルネットワーク日次取引量約52,000 ETH、HT取引量約183,000 ETH、MTの初期日取引量がBNBまたはHTの1/20であっても、毎日ロック解除されるMTの数の量は MT価格に脅威しにくい)。これから見ますと、毎日解除されている量は毎日取引の総量の3%以内になります。このメカニズムは現在のベアーマーケットでMT価額の安定性に役立ています

製品が実装されている

ICOの時点で製品が存在せずいわば「机上の空論」であるICOも数多く存在します。そのようなコインは製品が実装されても期待外れである、もしくはいつまでたっても実装されないスキャムコインである可能性があります。

しかし、MTは既にMyTokenというアプリがリリースされ、中国で人気があります。

​ ​使用用途も明確であり、詳しくは後ほど説明しますが既にMTを使うための準備ができていることはプロジェクトがしっかりとしたものであることを保証しています。

長期的にも価格が上がる予想! ​​

​​アプリでの必須アイテムとなる

​MyTokenは現在中国で最も人気のある仮想通貨ツールアプリであり、40万人以上のユーザーが利用しています。

また仮想通貨市場もこれから発展していくことが予想できるので、さらにユーザーの増加が見込まれます。そのMyTokenで必須のトークンであるため、アプリ内で長期的に使用され需要が増していくと思われます。さらに、MyTokenが長期的にトークンを買い取って行くことが発表されています。

​そのため上場後にも価値は上がっていくことが予想されます。

MYtokenとDApp Store

DAppのコミュニケーションルートは、主にApple StoreやGoogle Playなどのさまざまなアプリケーションストアです。しかし、多くのインターネット時代のアプリケーションストアはDAppが好きではありません。なぜなら、支払いシステムをトークンに変更すると、App StoreがApp内部支払いの20〜30%利益配分がなくなっていまいますから。ブロックチェーン業界でのアプリの数が急速に増加するにつれて、これらのアプリをプロモーションできるルートの価値も急速に上昇しています。MyTokenはブロックチェーンのトラフィックの入口として、Appの配分に自然な利点があります。DAppはMyTokenのプラットフォームを利用して、多くのMTを消費できます。.MtのDApp Storeにもインターネットアプリケーションストアと同様のサブランシステムがあるなら、コミュニティユーザーの成長を刺激するために、さまざまなDAppトークンを受け取ることができます

MyTokenのプロジェクト概要

​プロジェクト概要

MyTokenはこれから下記の6つのシステムの構築を目指しています。

  1. ターゲット広告:広告主と顧客のより良いマッチングを達成し、広告主はより正確な情報を得られるようになり、顧客は不要な広告で注意力を奪われることが無くなり、双方の利益に繋がります。

  2. 集約的取引:提携の元、多くの仮想通貨取引所とMTを繋げ、取引を一元化し、投資家により良い体験を提供するとともに、より多くの取引を可能にします。

  3. 海外ICOプラットフォーム:新規プロジェクト立ち上げを目指す開発者と投資家との間にチャネルを作り、効果的に投資が行われる環境づくりを可能にします。

  4. データサービス:MTの保持するデータを専門のチーム向けに提供し、対価としてMTを用いるシステムを構築し、必要なデータが必要な場所に行き渡るようになります。

  5. Dapp ストア:Dappストアを開設することにより、ブロックチェーンによるアプリの公開を可能にする。開発者が顧客を集める助けとなることが予想されます。

  6. UGCシステム:MTコミュニティ上でユーザーがコンテンツを独自に生成することを可能にし、コミュニティがより多くのユーザーにより活発化し、仮想通貨投資に関わる質の高いコンテンツが流通する環境を作り出します。

この6つそれぞれのシステムにMTが関連し、例えば1の場合だと

「1. 広告主はアプリや他のプラットフォーム上のプロダクトで広告を表示する際に広告料としてMTを使い支払います。 将来的に、ユーザーは自分の興味関心に基づく広告モニターとして活動でき、その際にMTを報酬として得ることができます。」

というように利用されます。 ​

​開発状況

2017年7月MyTokenは複数の取引所の価格が一目でわかる投資家の悩みを解決するアプリをiOSとAndroidでファーストリリースしました。 半年間ソフトウェア開発を繰り返した結果、20ものバージョンをリリースし現在では下記のような機能があります。

1.300近くの取引所のデータと70以上の人気のある取引所のリアルタイムでの詳細な価格と出来高の閲覧

2.200種類以上もの仮想通貨のリアルタイムでの価格の閲覧

3.ケイ線や取引の出来高、詳しい取引データの閲覧

4.数千種類のユーザーが最も興味のある通貨の紹介、下位市場、ICOの販売価格やプロジェクトの情報の閲覧

5.全てのユーザーの資産のリアルタイムでの意見の閲覧

6.主要な取引のお知らせとtwitter情報との統合

MyTokenはすぐに中国で最も人気な仮想通貨市場の情報のプラットフォームになりました。

40万人以上のユーザーが利用し、毎日10万アクティビティ以上をあげており、最新のバージョンはiOSやAndroid、HTML5、Macをカバーしています。

収益予測

​現在、MytokenのDAUは約15万であり、ブロックチェーン市場の現在の平均価格によると、毎DAUの広告価値は約$0.2~0.4だと考えられます。そうしますと、MyTokenの月広告の総価値は約$90万~$180万になります。最初の広告掲載率がわずか30%であると仮定するなら、MyTokenの毎月の広告収入は27万~54万になります。そしてMyTokenのユーザーが増えると、この数字は増加し続けるでしょう。2017年12月以降、MyTokenの月間平均ユーザー増加率は100%に近づきましたので、このまましますと、MTは広告の収益だけに頼ってもいい結果を貰うと考えられます。

トークン設計

プロジェクト名: MyToken

トークン名: MT

ホームページ: https://tokensale.mytoken.io

ホワイトペーパー: https://mytoken.io/whitepaper/​

ハードキャップ: 22000ETH

ERC-20である

トークンセール日時:2018年3月18日〜

トークン全体の配分:45%:システムの基礎のためにロックアップ 40%:資金調達用 15%:創立メンバーや早期の投資家用

プライベートセールは2回行われ、

第1回換算レート:1 ETH = 75000 MT、50%をロックされ六ヶ月に分けて毎週リリースされます。(購買の順番に基づいて発行されます。)

第2回換算レート:1 ETH = 45000 MT、20%をロックされ三ヶ月に分けて毎週リリースされます。(購買の順番に基づいて発行されます。) Publicセールは今週から始まり、1ETH=36000MT、9000ボーナス(3ヶ月ロックアップされ、毎週リリースされます。)で購入できます。

中国国籍の人、アメリカ国籍・居住者で投資資格を持たない人、18歳未満の人はICOの参加できませんので注意してください。​

トークンの使用用途

MTは​①広告主が払う広告料②取引手数料③ICOプラットフォームへの参加費④データサービスの利用費⑤DAppストアの利用費⑥UGCコンテンツの利用費としてMyToken内で使用できます。

MTはMyTokenでの価値の流通を促進しプラットフォームの発展にも寄与します。

また、開発者と顧客の結びつきを強化するため、MTの保有量に基づき定期的にMT pointsと呼ばれるものが配布されます。

MT pointsはユーザーの権利と相互に関連し、アプリ内で使うこともできます。

今後のロードマップ

​ 2017年8月 MyToken誕生、iOS・Android版開発着手

2017年10月 Angel Round Fund(中国VC)より出資を受ける

2018年2月 主要機能公開

2018年3月 トークン配布、広告システムのテスト、資金調達用トークンシステム構築 を予定

2018年6月 既存の取引所での取引情報データ収集 を予定

2018年9月 分散型ウォレットのテスト、ICO資金調達データ収集 を予定

2018年12月 Dappストア開設、コミュニティおよびUGC開放 を予定 ​ 【MTの購入方法】ICOに参加するためには

​トークンセールは3/18からです。

1ETH=36000MT、9000ボーナス(3ヶ月ロックアップされ、毎週リリースされます。)​です。

​一人につき5ETH以上〜20ETH以下購入することができます。

​またICOへの参加はあくまで自己責任でお願いします! ​ ​登録

登録はここからできます。​https://tokensale.mytoken.io/#

電話番号とそこに送られるコードを入力するとログインできます。

​ Spectra Ventures & Advisory​​は、MyTokenの独占的なベンチャーキャピタル&コンサルティング会社として、MyTokenが多くの海外の国でマーケティングキャンペーンを行うのを手伝ってきました。

SpectraのWeChatの公式アカウント:spectravc(Telegramアカウント:spectravc)を追加してイーサリアムのウォレットのアドレスを送るとボーナスとして200MTが得られます。

さらにMT配布計画についてのより詳細な情報は、Spectraの公式チャンネルで公開される予定です。最新のアップデートについては、Spectraのアカウントをフォローしてください!​

問い合わせ:https://spectragroup.io/​

ICOへの参加は自己責任でお願いします!!​

関連記事

  • ウォレットがFace IDに対応! 「コイン相場」10月2週目の開発週報 Vol.16

    今週はバグを色々直して新しい機能や項目も追加しました。11月か12月にハッカソンを開催しようと考えています。詳細決まりましたらアナウンスいたしますので興味ある方はぜひ参加ください。10月2週目(10/8〜10/14)の開発状況です。PINは他の人に盗み見られたらヤバいという声もありましたのでFace IDに対応いたしました。Face IDも完璧なセキュリティではないので十分にお気をつけください。AirDropQやその他のトークンで「価格なし」と表示されていたトークンがありましたが、徐々に対応しております。前回のバージョンでは数値の取得が追いついていなかった指数もありましたが今回は大幅に改善し、
  • アリババコイン世界9か所の主要取引所の取扱通貨一覧表に掲載され、ユーザーによる取引がより便利に

    は、財団発行の通貨ABBC コインが世界9か所の主要取引所の取扱通貨一覧表に掲載されたことを発表いたします。アリババコイン財団CEO ポール・フィリップとそのチームのメンバーは、より多くのユーザー獲得、ABBC コインでの取引の便宜向上のため、世界の取引所の取扱通貨一覧表へのABBC コイン掲載を目指し常に業務に取り組んでまいりました。今やABBCコインはBitforexC、oinsuper、Coinbene、Ooobtc、Dragonex、Idax, Topbtc、Rightbtc、Sistemkoinの取扱通貨一覧表に掲載されています。すべてのコミュニティメンバー、ユーザー、アリババコイ
  • ブロックチェーンアクセレーターRooted Partnersを紹介します!

    日本と韓国を中心に事業展開をしているアクセレーターRooted Partnersが運営している有名YouTubeチャンネルでコイン相場アプリが紹介されました!お陰様で韓国市場でのダウンロード数が大変増加しました!とても効果的な宣伝になり感謝の気持ちでいっぱいです!Rooted Partnersは日本の東京、韓国のソウルで事業展開をしているアクセレーターで、ブロックチェーンプロジェクトのために様々なサービスコンサルティングを提供しています。彼らは市場分析とブロックチェーン技術に焦点を当てたYouTubeチャンネルの運営を通じ、強大な影響力を持つインフルエンサーとして成長してきました。そんな彼らの

コメント