ブローカー大手ExpertOptionが、巨大な仮想通貨市場をサポートする取引所をついに開設

Sponsored by ExpertOption
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

プレセールを開始

大手ブローカーのExpertOptionが、既存の顧客ベース限定のプライベートコインのプレセールを開始し、新たな仮想通貨取引所で最初に取引できる特別な機会を提供します。このニュースは、金融業界と仮想通貨世界の双方で波紋を呼んでいます。

正式なライセンスを有する取引所

正式なライセンスを有するExpertOptionは、受賞歴のある自前のプラットフォームを稼働しています。通貨や商品、株式、仮想通貨のための取引アプリでも成功を収め、世界的な顧客ベースがあります。

ビットコインやリップル、イーサリアムを含む20以上の仮想通貨のオンライン取引を最初に手がけた業者の1つとして、独自コインの発行は次なるステップとして理にかなっています。しかしExpertOptionはさらに先へ進み、取引所の開設へと踏み出しました。投資家のニーズを完全にサポートする取引所がついに実現する、という希望をもたらすものです。

仮想通貨取引所によるICOは、ブロックチェーンの世界をリードする出来事になっています。BinanceやHuobiは突出した売り上げを記録し、コインも大きな成功を収め、早期に参加した投資家に幸運をもたらしました。そのようなチャンスを逃した人々にとって、ExpertOptionが新たな機会となる可能性があります。

ExpertOptionグループのイヴァン・オプリアCEOは次のように述べてます。「当社の金融界での膨大な経験を踏まえ、仮想通貨には未来があり、仮想通貨取引所が既存の取引所よりも存在感を高めていくことが分かっています。先行企業の過ちから学習した当社の取引所は質や速さで上回り、さらに堅牢なものとなります。オンライン取引と同様に、この分野でもリーダーを目指します」

仮想通貨取引所の需要は高くなる

仮想通貨取引所の需要は高く、世界全体で1日あたり約10万人のユーザーが新たに参入しています。データを比較してみると、FX市場が数十年に渡って稼働し1日の推定売上が3兆ドルなのに対し、開設1年未満の仮想通貨取引所であるBinanceは1日あたりの取引額が20億ドルに達することもあります。このようにとどまるところを知らない仮想通貨の伸びにより、リソースを上回る需要が生じ、既存の取引所のパフォーマンスが落ち、承認作業が遅れる事態となっています。大手取引所のBinanceでさえ、短期間に大量のユーザーが殺到した際には新規登録を抑制せざるを得ませんでした。つまり、大量のユーザーに対処できる新規の取引所にとっては大きな間隙が存在し、システムの能力を上回るような既存のユーザーの一部を引き受けられる可能性があります。

ExpertOptionを運営するのは、数百万規模のプラットフォームへの変貌を短期間で成功させ、競争や浮き沈みの激しい業界で地位やパフォーマンスを維持してきたチームです。厳格な規制や激しい競争の圧力に屈した多くの仲介業者とは異なり、ExpertOptionは逆境においても継続的に成長しています。ExpertOptionの新たな取引所が画期的なものになるという自信は高まるばかりです。

本プロジェクトについて、今後数週間のうちにさらなる詳細を発表していきます。パブリックセールは4月に開始される予定です。

関連記事

  • 「コイン相場」開発週報 Vol.31 - 相場チャットが間もなくリリースされる予定です。

    仮想通貨の市場が少し回復され、最近コイン相場アプリのダウンロード数も増えてきました。(いつもご利用ありがとうございます。)また、韓国の大手企業サムスンが仮想通貨をサポートするギャラクシーS10を発表し、ブロックチェーンに対する期待感も高まっております。コイン相場運営局は先週に続いて今週もチャット機能とニュースページの最適化のために開発を進めてまいりました。詳しくは以下の内容をご確認ください。(現在、審査段階であり予定より遅れる可能性もあります。)ニュースページの一番下に次のニュース記事が分かるようになります。クリックすることで次の記事がスピーディーに確認できます。普通のチャットだけだと面白くな
  • 仮想通貨で副業を始めるならこの5つ!?【2019年版】

    副業ブームが来たのか来ているのか、と言われて久しいですが、皆さん副業って何をしているんですかね。仮想通貨も副業や資産運用の文脈で語られる、というよりは、関連付けて考えられる方も多いみたいなので、仮想通貨やブロックチェーンという領域での副業を考えてみました。仮想通貨投資というやり方ですね。これについては、ここで語るのも、と思うので、とりあえず「」アプリで価格を追いかけて、ニュースをチェックするところから始めてみてはいかがでしょうか。仮想通貨・ブロックチェーンのライターは、色んな仮想通貨メディアが結構募集しています。例えば、さんやさんでも。1年位前(2018年初頭)であれば、「仮想通貨メディ
  • 仮想通貨でお小遣い稼ぎをする3つの方法【2019年版】

    仮想通貨投資はオワコン、と言われ始めてはや何ヶ月・・・という感もありますが、ちょっと投資は置いておいて、仮想通貨でお小遣い稼ぎをする方法ってどうなんだろうというお話です。ご存知のように仮想通貨市場は一時期のような盛り上がりは無く、「今からお金を入れるのはどうなの!?」と思うような状況です。なので、一旦ここでは、、お金を掛けずに仮想通貨でお小遣い稼ぎをする方法を考えていきます。少しづつですが、サービスを利用するだけで仮想通貨が貰えるものが出てきています。日本ではというブログサービスが一番有名ですね。ブログ記事を書いたり、いいねを押す事で、 ALIS という仮想通貨が貰えます。世界的にも有名な

コメント