ブローカー大手ExpertOptionが、巨大な仮想通貨市場をサポートする取引所をついに開設

Sponsored by ExpertOption
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

プレセールを開始

大手ブローカーのExpertOptionが、既存の顧客ベース限定のプライベートコインのプレセールを開始し、新たな仮想通貨取引所で最初に取引できる特別な機会を提供します。このニュースは、金融業界と仮想通貨世界の双方で波紋を呼んでいます。

正式なライセンスを有する取引所

正式なライセンスを有するExpertOptionは、受賞歴のある自前のプラットフォームを稼働しています。通貨や商品、株式、仮想通貨のための取引アプリでも成功を収め、世界的な顧客ベースがあります。

ビットコインやリップル、イーサリアムを含む20以上の仮想通貨のオンライン取引を最初に手がけた業者の1つとして、独自コインの発行は次なるステップとして理にかなっています。しかしExpertOptionはさらに先へ進み、取引所の開設へと踏み出しました。投資家のニーズを完全にサポートする取引所がついに実現する、という希望をもたらすものです。

仮想通貨取引所によるICOは、ブロックチェーンの世界をリードする出来事になっています。BinanceやHuobiは突出した売り上げを記録し、コインも大きな成功を収め、早期に参加した投資家に幸運をもたらしました。そのようなチャンスを逃した人々にとって、ExpertOptionが新たな機会となる可能性があります。

ExpertOptionグループのイヴァン・オプリアCEOは次のように述べてます。「当社の金融界での膨大な経験を踏まえ、仮想通貨には未来があり、仮想通貨取引所が既存の取引所よりも存在感を高めていくことが分かっています。先行企業の過ちから学習した当社の取引所は質や速さで上回り、さらに堅牢なものとなります。オンライン取引と同様に、この分野でもリーダーを目指します」

仮想通貨取引所の需要は高くなる

仮想通貨取引所の需要は高く、世界全体で1日あたり約10万人のユーザーが新たに参入しています。データを比較してみると、FX市場が数十年に渡って稼働し1日の推定売上が3兆ドルなのに対し、開設1年未満の仮想通貨取引所であるBinanceは1日あたりの取引額が20億ドルに達することもあります。このようにとどまるところを知らない仮想通貨の伸びにより、リソースを上回る需要が生じ、既存の取引所のパフォーマンスが落ち、承認作業が遅れる事態となっています。大手取引所のBinanceでさえ、短期間に大量のユーザーが殺到した際には新規登録を抑制せざるを得ませんでした。つまり、大量のユーザーに対処できる新規の取引所にとっては大きな間隙が存在し、システムの能力を上回るような既存のユーザーの一部を引き受けられる可能性があります。

ExpertOptionを運営するのは、数百万規模のプラットフォームへの変貌を短期間で成功させ、競争や浮き沈みの激しい業界で地位やパフォーマンスを維持してきたチームです。厳格な規制や激しい競争の圧力に屈した多くの仲介業者とは異なり、ExpertOptionは逆境においても継続的に成長しています。ExpertOptionの新たな取引所が画期的なものになるという自信は高まるばかりです。

本プロジェクトについて、今後数週間のうちにさらなる詳細を発表していきます。パブリックセールは4月に開始される予定です。

関連記事

  • マイナーにとって素晴らしい日

    仮想通貨取引所ABCCでは7月9日から12日までの3日間、2,000人の事前登録ユーザーに限定して、取引マイニングを公開していた。現在は既に誰でも取引マイニングに参加する事が可能だ。事前登録したユーザーは7月11日の夜に最初のAT(ABCCによって発行される取引所トークン)と最初の配当(ABCCの取引手数料の80%はAT保有者に配分される)を受け取る事が出来た。事前登録ユーザーの一人は、彼の取引マイニングの結果をABCC側のインタビューを通じて公開している。彼のスクリーンショットを見ると。トレードとマイニングを通じて、1.57ETHがに増加している。既にABCCは7/12午後12時から、取引マ
  • 【API連携】CoinEx/コインイーエックスのAPI連携

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。APIを取得したときのIPアドレスとアプリを使用する場所が違うとIPアドレスが変わり、ログインできなくなります。ログイン
  • 新興の仮想通貨取引所ABCCが本日(7月12日)午後1時から取引マイニングを開始

    仮想通貨取引所ABCCは数日前に、ATトークンのリリースを発表し、取引マイニングを開始している。4日間のプレマイニング期間が終了し、本日(7月12日)午後1時から全てのユーザーに取引マイニングが開放される。同取引所はFuncity Capital、Dream Seeker Capitalなどからの出資を受けている。既にマイニングが始まり、この数日間で、Coinhillsでは7位に位置する取引高を記録している。現段階では、ABCCではAPIを開放しておらず、数週間後に開放を想定している。現在の取引高が続くようであれば開放後にはさらなる取引高の増加が見込まれる。1. 第1半減期におけるATの総数:

コメント