バイナンスはマルタ、Huobiはアメリカへ。今日の仮想通貨ニュースまとめ

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

佐川さんの証人喚問、なんか拍子抜けでしたね

忖度も改ざんもダメですよ!!

というかzaifからようやく返信来ました。むしろ返信スピード早くなってます。

ただ、昔過ぎてどんな内容か忘れました、よー分からんです。

海外ニュース

数ヶ月以内にロシアでブロックチェーン技術関連の法整備完了か

ロシアのブロックチェーン技術に関する法整備 ロシアは、数ヶ月以内に、ブロックチェーン技術に対する法的枠組みを整備することを宣言しました。Dvorkovich副首相は、様々なプロジェクトを過度に規制しないため、詳細なものでなくとも、ある程度の規制の枠組みを作成する必要性を語りました。 ロシアのブロックチェーンに対する姿勢 ...

ロシアは仮想通貨関連には容認派ですね。

日本も同じですが許可さえ取ればウェルカムなので悪い輩がいなくなることを望みます。

Binance(バイナンス)本社が香港からマルタ島に移転|金融庁(警告)へのしっぺ返し?|CoinChoice

世界最大手の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)が、本社を香港から地中海のマルタ島に移転すると、2018年3月24日発表した。Binanceは移転先としていくつかの場所を検討した結果、ブロックチェーンに寛容な法律と財政の安定性を理由にマルタを選択したという。 ...

イタリアのシチリア島の南の浮かぶ小島、マルタ島。

死ぬまでに1度は行ってみたいと思っていたらさすがバイナンス、すぐ行っちゃいましたね。

金融庁としては容認して税金落としてもらった方がよかったの思うんですけどねぇ。

逃した魚は大きいです。

中国の取引所『Huobi』がアメリカ進出へ、米国プラットフォーム設立に先駆けてFinCENに登録|コイン東京[cointokyo]仮想通貨総合情報サイト

主要な中国の仮想通貨取引所の一つHuobiは、今年5月に計画している米国専用の仮想通貨ペアの取引所開設を前に、米規制機関FinCENに貨幣サービス事業(Money Service Business)として登録したことを明らかにしました。

Huobiも攻めてますね。

日本も金融庁の検査がひと段落して勢い取り戻して欲しいです。

国内ニュース

これと言って興奮するニュースありませんでした。。。

関連記事

  • 新サービス「トークン発行サポート」

    株式会社COINJINJAは新サービス、トークン発行サポートを行います。仮想通貨関連に特化したサービスを行なっている当社のノウハウを駆使してトークン発行から仮想通貨取引所への上場支援まで一気通貫したワンストップサービスをいたします。2017年9月よりICO検索サイト「COINJINJA」、翌月より仮想通貨アプリ「コイン相場」をリリースいたしました。COINJINJAは開始4ヶ月で月間150万PVを達成、アプリは現在日英中韓の4ヶ国語対応で約50万ダウンロードとなっており、数多くの企業様からICOのサポート依頼のお問い合わせをいただき、今回サポートをすることにいたしました。COINJINJAでは
  • コイン相場「ニュース」にDappsカテゴリを追加しました

    仮想通貨アプリ・コイン相場の中では、国内有力仮想通貨メディア・ブログから毎日記事を提供して頂いております。今回は、「カテゴリ」の中に「Dapps」を設け、の3つを追加致しましました。Dappsと言っても、今回は特にGameを取り上げている3つのブログをピックアップさせて頂きました。仮想通貨アプリ・コイン相場のDLは「ニュース」の使い方を実は一度も説明していなかったので、この場を借りて使い方を簡単に説明させてもらいます。※今回はDappsを選択して下さい鉄板なのは、直近1ヶ月位を掛けて、このニュースセクションはカテゴリ分けやソースを含めて精査していく予定です。
  • 【7月2週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報

    BigONEとFCoinがマイニングを再開したことに加え、CoinExの取引所マイニング(コイン相場の機能では「ハミングバード」と命名)をスタートしました。さらにマイニングスピードと安定性も向上させました。マーケットページは、通貨の分類と主要通貨の情報が豊富になりました。マーケットページだけで市場の最新動向を十分に理解することができます。 

コメント