バイナンスはマルタ、Huobiはアメリカへ。今日の仮想通貨ニュースまとめ

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

佐川さんの証人喚問、なんか拍子抜けでしたね

忖度も改ざんもダメですよ!!

というかzaifからようやく返信来ました。むしろ返信スピード早くなってます。

ただ、昔過ぎてどんな内容か忘れました、よー分からんです。

海外ニュース

数ヶ月以内にロシアでブロックチェーン技術関連の法整備完了か

ロシアのブロックチェーン技術に関する法整備 ロシアは、数ヶ月以内に、ブロックチェーン技術に対する法的枠組みを整備することを宣言しました。Dvorkovich副首相は、様々なプロジェクトを過度に規制しないため、詳細なものでなくとも、ある程度の規制の枠組みを作成する必要性を語りました。 ロシアのブロックチェーンに対する姿勢 ...

ロシアは仮想通貨関連には容認派ですね。

日本も同じですが許可さえ取ればウェルカムなので悪い輩がいなくなることを望みます。

Binance(バイナンス)本社が香港からマルタ島に移転|金融庁(警告)へのしっぺ返し?|CoinChoice

世界最大手の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)が、本社を香港から地中海のマルタ島に移転すると、2018年3月24日発表した。Binanceは移転先としていくつかの場所を検討した結果、ブロックチェーンに寛容な法律と財政の安定性を理由にマルタを選択したという。 ...

イタリアのシチリア島の南の浮かぶ小島、マルタ島。

死ぬまでに1度は行ってみたいと思っていたらさすがバイナンス、すぐ行っちゃいましたね。

金融庁としては容認して税金落としてもらった方がよかったの思うんですけどねぇ。

逃した魚は大きいです。

中国の取引所『Huobi』がアメリカ進出へ、米国プラットフォーム設立に先駆けてFinCENに登録|コイン東京[cointokyo]仮想通貨総合情報サイト

主要な中国の仮想通貨取引所の一つHuobiは、今年5月に計画している米国専用の仮想通貨ペアの取引所開設を前に、米規制機関FinCENに貨幣サービス事業(Money Service Business)として登録したことを明らかにしました。

Huobiも攻めてますね。

日本も金融庁の検査がひと段落して勢い取り戻して欲しいです。

国内ニュース

これと言って興奮するニュースありませんでした。。。

関連記事

  • ICOに日本一詳しいCOIN JINJA (コイン神社) がプレオープン!

    初めまして、です。数ヶ月の間システムの開発やICO情報翻訳等の準備を進めてきましたが、やっと今週からプレオープンする事が出来ました。まだまだ足りない所ばかりですが、正式リリースに向かってブラッシュアップしていきます!乞うご期待ください!合わせて、仮想通貨アプリ「」もリリースしています。宜しくお願い致します!
  • スタッフが駐在する仮想通貨取引所coinoneを韓国で開設!仮想通貨大国を目指せるか!?

    韓国3番目に大きいビットコイン取引所coinoneは、本日リアルの取引所を開設した。韓国初の仮想通貨OTC販売になる。当面販売する暗号通貨は、ビットコイン(BTC)以外、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、リップル(XRP)とQTUMの6種類。取引所となる複合施設には、市場情報を展示する大型モニターやATMが用意され、スタッフによる顧客相談も対応。現在に業界別のICO(トークンのクラウドセール)プロジェクト、合計464件を公開している。
  • Blackmoon投資ファンドのトークン化プラットフォームが仮想通貨はさらなる盛り上がりを見せる

    トークンファンドで現実の世界と暗号経済の両方に投資機会を提供するために世界最高のフレームワークを作成することを目指しています。 3日目 ~ 7日目 1 BMC = 1.05 USD実世界と仮想通貨経済の両方で投資機会を提供するため、世界最高峰のトークン化された資金の枠組みを作り、維持することを目指しています。これは認可機関に柔軟性をもたらし、仮想通貨投資に対する蓄積された財務知識を活かします。地方分権化、透明性、取引可能性、コスト効率など、クリプト世界全体の利益を維持しながら、収入源の多様化を行います。投資ファンドの法的に準拠した構造は、当社の法律顧問によって審査され承認されます。規制リスク

コメント