バイナンスはマルタ、Huobiはアメリカへ。今日の仮想通貨ニュースまとめ

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

佐川さんの証人喚問、なんか拍子抜けでしたね

忖度も改ざんもダメですよ!!

というかzaifからようやく返信来ました。むしろ返信スピード早くなってます。

ただ、昔過ぎてどんな内容か忘れました、よー分からんです。

海外ニュース

数ヶ月以内にロシアでブロックチェーン技術関連の法整備完了か

ロシアのブロックチェーン技術に関する法整備 ロシアは、数ヶ月以内に、ブロックチェーン技術に対する法的枠組みを整備することを宣言しました。Dvorkovich副首相は、様々なプロジェクトを過度に規制しないため、詳細なものでなくとも、ある程度の規制の枠組みを作成する必要性を語りました。 ロシアのブロックチェーンに対する姿勢 ...

ロシアは仮想通貨関連には容認派ですね。

日本も同じですが許可さえ取ればウェルカムなので悪い輩がいなくなることを望みます。

Binance(バイナンス)本社が香港からマルタ島に移転|金融庁(警告)へのしっぺ返し?|CoinChoice

世界最大手の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)が、本社を香港から地中海のマルタ島に移転すると、2018年3月24日発表した。Binanceは移転先としていくつかの場所を検討した結果、ブロックチェーンに寛容な法律と財政の安定性を理由にマルタを選択したという。 ...

イタリアのシチリア島の南の浮かぶ小島、マルタ島。

死ぬまでに1度は行ってみたいと思っていたらさすがバイナンス、すぐ行っちゃいましたね。

金融庁としては容認して税金落としてもらった方がよかったの思うんですけどねぇ。

逃した魚は大きいです。

中国の取引所『Huobi』がアメリカ進出へ、米国プラットフォーム設立に先駆けてFinCENに登録|コイン東京[cointokyo]仮想通貨総合情報サイト

主要な中国の仮想通貨取引所の一つHuobiは、今年5月に計画している米国専用の仮想通貨ペアの取引所開設を前に、米規制機関FinCENに貨幣サービス事業(Money Service Business)として登録したことを明らかにしました。

Huobiも攻めてますね。

日本も金融庁の検査がひと段落して勢い取り戻して欲しいです。

国内ニュース

これと言って興奮するニュースありませんでした。。。

関連記事

  • TEAMZが9月28日にBLOCKCHAIN SUMMITを開催

    日頃お世話になっている弊社のCoinJinja読者の皆様と先日NEXTECONOMY CONFERENCEにご参加頂いた皆様、コイン相場をご利用の皆様にパートナーであるTEAMZが開催するTEAMZ BLOCKCHAIN SUMMITのDay1チケット(9/28)を無料でプレゼントいたします!!枚数や期限があるのでお早めにお申込み下さい。スピーカーと出会う機会…世界クラスのリーダーや専門家が一堂に会し、ブロックチェーン業界における最先端のイノベーションについて、今日および今後に向けて話題となっているトピックについて見解を語ります。堀江貴文NEM財団 元代表 – ロン・ウォン(Lon Wong
  • ウォレットの復元について

    新しいスマホで新規作成すると、以前のスマホでウォレットにアクセスできなくなりますので、以前のスマホにデータが残っている方は新規作成をしないでください。ウォレット画面右上からシークレットキー(バックアップキー)をバックアップしてください1. 右上のボタンをタップ 2. シークレットキー(バックアップキー)をタップ3. シークレットキーをコピーウォレットを復元したら、以前のスマホではウォレットにアクセスできなくなるのでご注意ください。
  • 暗号通貨に関する最大の問題のいくつかをPlatioはどのようにして解決するのか

    暗号通貨は、経済を変革する大きな可能性を秘めています。 暗号通貨は、支払いをより速くし、財政的な包括性を高め、すべての種類の取引の機能性を高めることができます。 国家の境界が意味をなくし、世界市民が直接迅速に安価に取引ができるような、かつてない真のグローバル経済がすぐ近くに迫ってきているのです。しかし、すべての暗号通貨の利点に関わらず、その特徴のいくつかは、通常の人々やビジネスによって使用される妨げとなっています。市場がこういった問題の解決策を見いだすことができない限り、暗号通貨が広く普及するには困難を伴うでしょう。ロンドンの金融センターの中心に本部を置く国際フィンテックプロジェクト、Plat

コメント