BunnyTokenはビットコイン以来、最も賢明な投資かもしれない。セール開始!

Sponsored by BunnyToken
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

BunnyTokenのセール

待望のBunnyTokenのセールが14:00時(グリニッジ標準時)ちょうどに始まり、24時間以内にすでに目覚ましい数字が報告されている。2018年のICOとして最大の成功を収める勢いだ。BunnyTokenはアダルト業界のための決済ソリューションであり、今年1月に400万ドルのソフトキャップに到達した。その後2か月間でメディアの注目を集め、主要なランキングサイトである「ICObench」からは5点満点中4.3、「Track ICO」からは100点満点中99と採点された。「革新的なプラットフォーム」や「アダルト業界の新たなビットコイン」といった声が上がっている。

本日はトークンセールの開始日であり、5月25日もしくはハードキャップに到達するまで実施される。セール開始までに1万4000件の登録が報告され、現在も伸びている。今年最大のトークンセールとなる構えだ。セールの状況については公式サイトで確認できる。

BunnyTokenを巡るこのような熱狂はどこから来ているのだろうか? トークン発行者は非常に明確で前途有望な計画を提示しているが、これまでの行程は順調だ。数週間のうちにパートナーが追加され、目覚ましいランキングを獲得し、CRMと決済ページのMVPバージョンが利用可能となった。一貫した伸びと高評価により、投資家がプロジェクトに寄せる信頼は確固たるものになっている。

「明確な目標を設定し、その目標についてホワイトペーパーや行程表で説明しています。そして早期に目標を次々と達成できることが分かっています」と語るのは、共同設立者でCOOのヴァシリア・ヤクボ氏。「自信過剰だと思われるかもしれませんが、BunnyTokenがトップ通貨の仲間入りをするのは仮定の話ではなく、タイミングの問題だということが示されています」

もちろん、トークンに直接の現実的な価値があるということは成功にとって良いサインだ。仮にプラットフォームが明日にもリリースされれば、何百万もの既存の企業や消費者がBunnyTokenの決済プラットフォームに切り替えることで大きな恩恵を受けるだろう。このようなニーズは、1000億ドル以上の規模を誇る非常にリッチで成功している業界から生じる。YouTube系サイトやアダルトウェブカメラ、オンラインのポルノショップ、それに個人の労働者はすべて、高い手数料を伴う銀行・決済ソリューションに苦労している。さらに口座がつくれなかったり、そもそも相手にされないこともあるし、消費者は法定通貨による匿名の支払いができない。論理的には、これらすべてのキャッシュフローが安定したソリューションを必要としており、BunnyTokenによる合法的な貨幣的交換を実現するための適切な環境が、ブロックチェーンで提供されるというわけだ。

「アダルト業界の仕組みを変える私たちのプロジェクトをとても誇らしく思っています」と、共同設立者でCEOのアレクサンダー・マスロフ氏は話す。同氏はアダルト関連ビジネスをいくつか起業し、オーナーを務めている。「個人としての経験から、業界の資金の流れは正確に把握しており、BunnyTokenのようなソリューションのニーズがどれほどかも理解しています」

残る疑問はただ1つ。セールがどれだけ早く終わるか、そして売り切れ前にすべての出資者がトークンを入手できるかどうかだ。現在の価格を考えると、BUNNYは初期ビットコイン以来の賢明な投資先と言えるかもしれない。ビットコインのときと異なるのは、今は仮想通貨の可能性が分かっているし、BunnyTokenには明確な目標があり、目標達成への道を順調に歩んでいるという点だ。

BUNNYトークンは今すぐ購入可能。

リンク

関連記事

  • マイナーにとって素晴らしい日

    私たちの早期優先マイナーは、3日間の独占的なマイニング権を享受しており、7/11夜、最初のATと報酬を受け取りました。 マイナーにはどのようなメリットがありますか?私たちは何人かの早期優先マイナーと話し合い、素晴らしい話を伺うことができました。 優先マイナーの1人は、友人の紹介から参加した方でした。 彼はマイニングをして大きな衝撃を受け、スクリーンショットを送ってくれました。トレードとマイニングを通じて、1.57ETHは1.603ETH、0.000184BTC、0.000723USDT、5.19ATに増えました。まったく心配しないでください。7/12午後12時から、ABCCはTrade-to-
  • 【API連携】CoinEx/コインイーエックスのAPI連携

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。APIを取得したときのIPアドレスとアプリを使用する場所が違うとIPアドレスが変わり、ログインできなくなります。ログイン
  • 新興の仮想通貨取引所ABCCが本日(7月12日)午後1時から取引マイニングを開始

    仮想通貨取引所ABCCは数日前に、ATトークンのリリースを発表し、取引マイニングを開始している。4日間のプレマイニング期間が終了し、本日(7月12日)午後1時から全てのユーザーに取引マイニングが開放される。同取引所はFuncity Capital、Dream Seeker Capitalなどからの出資を受けている。既にマイニングが始まり、この数日間で、Coinhillsでは7位に位置する取引高を記録している。現段階では、ABCCではAPIを開放しておらず、数週間後に開放を想定している。現在の取引高が続くようであれば開放後にはさらなる取引高の増加が見込まれる。1. 第1半減期におけるATの総数:

コメント