アリババコインフォウンデーションが大ヒットに顔検出技術を導入

Sponsored by Alibabacoin
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

ブロックチェーンの支払いシステムのセキュリティ問題は解決されます

Neustar国際安全保障理事会の調査結果によると、企業家の80%はブロックチェーンとクリプトカレンシーの使用に関心を示していますが、彼らの安全性は不明です。この問題を確実に解決して、最も安全な普遍的なシステムを作り出すことは本当に可能ですか?

多くの企業がこの分野で発展しています。この記事では、そのうちの1つについて紹介します。 Alibabacoin Foundationは、ドバイに登録された会社であり、暗号化通貨市場と目的のオブジェクトを開発するためのオープンソースのブロックチェーンのプラットフォームを作成しています。 同社の目標は、ブロックチェーンの助けを借りて世界の商業産業全体を統合することです。同社の主な業績の1つは慈善団体です。 Alibabacoin Foundationには、飢餓、紛争、医療問題に取り組むためのプログラムの資金が掲載されています。

ジェイソン・ダニエル・ポール・フィリップは取締役会の最高経営責任者(CEO)であり、経験豊富なプログラマーであり、高度に熟練したブロック技術者です。 長い間、彼は顔認識の技術と支払いインフラストラクチャへのその実装を開発しました。このソリューションは、銀行カードと暗号通貨の両方を支払う能力を提供する多くのグローバルプラットフォームで使用されます。プロジェクトチームは、封鎖、顔認識技術、モバイルアプリケーション開発など、さまざまな分野に特化した専門家で構成されています。

アリババコインブロックチェーンに顔認識技術が組み込まれています

アリババコインフォウンデーションは、暗号通貨とインターネットショッピングの為替交換を導入する予定です。これにより、すべてのプラットフォームを統合し、暗号化通貨のより安全な保管と配布のための効果的な支払い構造を作成できます。 オンライン取引の開始は、同社の目標の1つです。 ABBCは、取引プラットフォームのサービス範囲を拡大するとともに、顧客がより多くの収益を得ることを可能にする計画です。

ABBC決済システム

ABBC支払いシステムには、デジタルウォレット機能と支払いモジュールと顔認識技術、オンラインショッピングのプラットフォームが含まれます。電子財布の安全性を最大限に引き出すのが顔認識技術です。ハッキングのリスクは最小限に抑えられます。 将来、この開発は、オンラインショップの活動、取引の安全な行為、資金の送金と引き出し、暗号通貨の交換、Amazon、Alibaba.com、eBay、などのプラットフォームでの商品やサービスの購入など、他の分野でも使用できます..。

ホワイトペーパーアリババコインフォウンデーションで学ぶことができるプロジェクトに関するすべての技術情報

ICO(クラウドセール)が注目を集めています

アリババコインフォウンデーション第4世代オルタナティブコイン(ALTCOIN)として知られていて第1段階のICOを成功裏に終了し、3月16日に正式に開始したICO第2段階を開始した。 公開ICO第2段階には、10日間つずく11回のラウンドを含まれています。 アリババコインの目標は、それぞれ第1ラウンドで5千万のコインを売るといったが5日後に終了し、予定日より5日早かった。アリババコインフォウンデーションの次の段階の成果は、国民の好奇心を呼び起こします。 機能によってアリババコインフォウンデーションそのパフォーマンスは結果が得られました。

アリババコインフォウンデーションのCEO、ジェイソン・ダニエル・ポール・フィリップが「私は私がこれまでのところ達成したことに満足しするつもりではありません。 ICO からの資金ただ我々のより高いゴールに向かっての第一歩である. そして研究と新考案活動を続けるためにデベロッパーをサポートする。 我々の究極の目的は新しいクリプトカレンシー方法の下方に落ち着くことです。 支援し続けて世界中のそれほど恵まれていない子供たちを助けて貢献することにします。 合計で、同社は15億ドルを調達する予定です。 コインの総数は15億であり、そのうち10億がすでに発行されている。 トークンはDashプラットフォーム上で作成されます。 アリババコイン鉱業は、ハイブリッドPoW / PoSプロトコルであるX13アルゴリズムを使用します。また、アリババコインはSegWitをサポートします。 2018年、Alibabacoinは15の交換プラットフォームから始まります。 私が申し上げたいのはICO に対してのあなたの参加がクリプトコインの可能な成長で投資についてだけではないことだけではない、それはあなたが将来新しい刷新を助けていることを意味します!

プロジェクトに関する詳細情報とソーシャルネットワークでできる代表者に連絡する:

また、同社のウェブサイトにも掲載されています。

今すぐ参加!

関連記事

  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう
  • 【開催報告】Next Economy Conference 2018

    かれこれ、もう5ヶ月も前の話になってしまいますが、コイン相場が初の主催イベント、Next Economy Conference 2018を2018年9月15日に開催致しました。あいにくの天候だったのですが、350名の方に遊びに来て頂けました。改めまして、登壇者の方、来て頂いた方、ブース出展して頂いた方、スポンサー様、みなさんありがとうございました。開催報告と言っても、Logmiさんが全文を書き起こしてくれたのと、ダイジェスト動画が出来たのでご報告です。今見ても、とても豪華な登壇者の方々なので、お時間がある時に、ぜひ見てみてくださいね。なお、する予定です。共催したい、とか出展したいとか登壇した
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

    先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!

コメント