Lightcashプロジェクトは暗号通貨のボラティリティーの問題を金と固定して解決します

Sponsored by Lightcash
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    暗号通貨のボラティリティーは、暗号通貨のより急速な拡散を妨害する主な要因です。2017年12月中旬、ビットコインの価格は$20000を記録しましたが、2月には$7000以下に下落し、暗号通貨の時価総額は1か月強で$5000億下落しました。

    これほど大規模な揺れ幅は投資家や暗号通貨の潜在的な利用者の信頼を傷つけます。これほど不安定な資産に投資したいと思う人は少なく、実際の生活での決済に利用するのは不便で、ビジネスや顧客には常時価値が変動する暗号通貨で決済するのは困難です。結果として電子通貨は専門性の狭い不確かな手段でしかないものになりつつあります。

    この問題を解決し、暗号通貨の基礎となるブロックチェーンの技術的優位性を完全に利用することは、実際に要求される資本との関係を作り出すことで可能となります。Lightcashの暗号通貨の仕事と法定不換紙幣を交換するためのシステムのプロジェクトはまさにこの方法を実施しています。この内部通貨はロシアで採掘される金で保証されます。

    プロジェクトマネージャーのヴャチェスラフ・ヴォキンは、「Lightcashプロジェクトの親会社は現在、アムール州に稼働中の金採掘企業および貴金属加工工場を所有しているほか、必要な国家ライセンスを保有しています。サービスの安定的な動作を保障するため、ボラティリティーの低い暗号通貨であるLightcash Crypto Gold (LCSH)が発行されます。その安定性は通貨と金のレートを1000:1の比で固定することにより確保されます。」とコメントしています。

    プレセールは3月5日を予定しており、Lightcash プロジェクトのICOは3月12日にスタートします。トークン発行の目的は、ブリャート共和国の新たな金鉱の買い取りのための資金調達です。これによって既存の加工工場の処理能力を最大限利用することが可能となります。

    LCSHの内部通貨の販売は2018年5月を予定しており、夏には新しい金鉱取得のための取引が終わり、そこでの作業が開始します。

    プロジェクトの詳細およびトークン発行の条件は「白書」に掲載されています:

    https://lightcash.io/jp/white-paper

    Lightcashプロジェクトのトークンのプライベートセールがスタートします。

    Lightcashプロジェクトチームより、3月2日~5日のトークンのシークレットセールで早期に投資した方に追加のボーナスを進呈いたします。セール参加のお申込みには同プロジェクトのHP:https://lightcash.io/ から「プライベートセールに関する通知」をクリックしてください。

    そのほか、プロジェクトのプレセール開催日が決定いたしました。セールは3月5日00:00 UTCにスタートいたします。

    プレセールではLightcash Crypto Gold (LCCT)のトークンの発行上限の25%が発行され、210,000,000中52,500,000を30%割引でご購入いただけます。ICO内でLCCTトークンの価格は0.0002 ETHですが、プレセールでの割引価格は0.00006 ETHとなります。プレセールにご参加いただける最小価格は0.1 ETHです。

    LightcashプロジェクトのICOは3月12日に開始いたします。

    関連記事

    • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

      ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう
    • 【開催報告】Next Economy Conference 2018

      かれこれ、もう5ヶ月も前の話になってしまいますが、コイン相場が初の主催イベント、Next Economy Conference 2018を2018年9月15日に開催致しました。あいにくの天候だったのですが、350名の方に遊びに来て頂けました。改めまして、登壇者の方、来て頂いた方、ブース出展して頂いた方、スポンサー様、みなさんありがとうございました。開催報告と言っても、Logmiさんが全文を書き起こしてくれたのと、ダイジェスト動画が出来たのでご報告です。今見ても、とても豪華な登壇者の方々なので、お時間がある時に、ぜひ見てみてくださいね。なお、する予定です。共催したい、とか出展したいとか登壇した
    • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

      先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!

    コメント