Lightcashプロジェクトは暗号通貨のボラティリティーの問題を金と固定して解決します

Sponsored by Lightcash
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    暗号通貨のボラティリティーは、暗号通貨のより急速な拡散を妨害する主な要因です。2017年12月中旬、ビットコインの価格は$20000を記録しましたが、2月には$7000以下に下落し、暗号通貨の時価総額は1か月強で$5000億下落しました。

    これほど大規模な揺れ幅は投資家や暗号通貨の潜在的な利用者の信頼を傷つけます。これほど不安定な資産に投資したいと思う人は少なく、実際の生活での決済に利用するのは不便で、ビジネスや顧客には常時価値が変動する暗号通貨で決済するのは困難です。結果として電子通貨は専門性の狭い不確かな手段でしかないものになりつつあります。

    この問題を解決し、暗号通貨の基礎となるブロックチェーンの技術的優位性を完全に利用することは、実際に要求される資本との関係を作り出すことで可能となります。Lightcashの暗号通貨の仕事と法定不換紙幣を交換するためのシステムのプロジェクトはまさにこの方法を実施しています。この内部通貨はロシアで採掘される金で保証されます。

    プロジェクトマネージャーのヴャチェスラフ・ヴォキンは、「Lightcashプロジェクトの親会社は現在、アムール州に稼働中の金採掘企業および貴金属加工工場を所有しているほか、必要な国家ライセンスを保有しています。サービスの安定的な動作を保障するため、ボラティリティーの低い暗号通貨であるLightcash Crypto Gold (LCSH)が発行されます。その安定性は通貨と金のレートを1000:1の比で固定することにより確保されます。」とコメントしています。

    プレセールは3月5日を予定しており、Lightcash プロジェクトのICOは3月12日にスタートします。トークン発行の目的は、ブリャート共和国の新たな金鉱の買い取りのための資金調達です。これによって既存の加工工場の処理能力を最大限利用することが可能となります。

    LCSHの内部通貨の販売は2018年5月を予定しており、夏には新しい金鉱取得のための取引が終わり、そこでの作業が開始します。

    プロジェクトの詳細およびトークン発行の条件は「白書」に掲載されています:

    https://lightcash.io/jp/white-paper

    Lightcashプロジェクトのトークンのプライベートセールがスタートします。

    Lightcashプロジェクトチームより、3月2日~5日のトークンのシークレットセールで早期に投資した方に追加のボーナスを進呈いたします。セール参加のお申込みには同プロジェクトのHP:https://lightcash.io/ から「プライベートセールに関する通知」をクリックしてください。

    そのほか、プロジェクトのプレセール開催日が決定いたしました。セールは3月5日00:00 UTCにスタートいたします。

    プレセールではLightcash Crypto Gold (LCCT)のトークンの発行上限の25%が発行され、210,000,000中52,500,000を30%割引でご購入いただけます。ICO内でLCCTトークンの価格は0.0002 ETHですが、プレセールでの割引価格は0.00006 ETHとなります。プレセールにご参加いただける最小価格は0.1 ETHです。

    LightcashプロジェクトのICOは3月12日に開始いたします。

    関連記事

    • マイナーにとって素晴らしい日

      仮想通貨取引所ABCCでは7月9日から12日までの3日間、2,000人の事前登録ユーザーに限定して、取引マイニングを公開していた。現在は既に誰でも取引マイニングに参加する事が可能だ。事前登録したユーザーは7月11日の夜に最初のAT(ABCCによって発行される取引所トークン)と最初の配当(ABCCの取引手数料の80%はAT保有者に配分される)を受け取る事が出来た。事前登録ユーザーの一人は、彼の取引マイニングの結果をABCC側のインタビューを通じて公開している。彼のスクリーンショットを見ると。トレードとマイニングを通じて、1.57ETHがに増加している。既にABCCは7/12午後12時から、取引マ
    • 【API連携】CoinEx/コインイーエックスのAPI連携

      通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。APIを取得したときのIPアドレスとアプリを使用する場所が違うとIPアドレスが変わり、ログインできなくなります。ログイン
    • 新興の仮想通貨取引所ABCCが本日(7月12日)午後1時から取引マイニングを開始

      仮想通貨取引所ABCCは数日前に、ATトークンのリリースを発表し、取引マイニングを開始している。4日間のプレマイニング期間が終了し、本日(7月12日)午後1時から全てのユーザーに取引マイニングが開放される。同取引所はFuncity Capital、Dream Seeker Capitalなどからの出資を受けている。既にマイニングが始まり、この数日間で、Coinhillsでは7位に位置する取引高を記録している。現段階では、ABCCではAPIを開放しておらず、数週間後に開放を想定している。現在の取引高が続くようであれば開放後にはさらなる取引高の増加が見込まれる。1. 第1半減期におけるATの総数:

    コメント