なぜ韓国は仮想通貨の投資で熱いのか!?

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

ビットコインの最大投資国のひとつであるお隣の韓国(KRWは約6%のシェア)、最近、仮想通貨の投資がうまくいかず、自殺をしたり損失を挽回するため強盗をしたという記事を見たことがあります。

今日は仮想通貨でいろんな炎症が起こっているお隣の韓国の事情と韓国発の仮想通貨を紹介したいと思います。

韓国が仮想通貨に熱狂する理由

1.深まる貧富の格差、就職難

就職難が進んでいる韓国社会の若者は公務員になるか大企業に勤めることが夢になっている人がとても多い。

それぐらい社会での成功が難しく大企業の影響力は韓国経済で絶対的である。

この状況の中で現れたのがビットコインのような仮想通貨で韓国の若者の間では人生逆転のチャンス、第2のドットコムバブルにのって人生をかえるチャンスと風に思っている人が多いのだ。(30代の投資者32.7% 20代の投資者24.0%)

2.鍋根性

韓国人は熱しやすく冷めやすい。誰かがこれで儲けたと聞くとすぐそこにお金が流れてくる。

韓国の自営業の状況を見たら同じくわかる。

何年か前はものすごい数のカフェが増えたり、韓国式の唐揚げのお店も同じ現象が起きた。

ビットコインもこれと同じだと思っていいだろう。韓国の鍋根性を表しているのがキムチプレミア(韓国プレミア)である。関連サイト

韓国発の仮想通貨は何がある?

仮想通貨の最大の投資国家である韓国だがこの投資のブームに加えて韓国発のコインが多数できたので韓国発のコインを一つ紹介したいと思います。

ICON(韓国版イーサリアム)

概要

ICONとはループチェーンの上に金融機関、保険会社、病院、大学など様々な機関を相互接続してくれるブロックチェンネットワークです。基本的に誰でも新しいブロックチェーンを作りネットワークに参加できます。既存のプロジェクトに接続し新しい世界を創造しブロックチェーンのマルチワールドとエコシステムを形成します。

注目すべき理由3つ

1.韓国,国内の主要25個の証券会社が参加している組織がループチェーンをもとに資本市場のブロックチェーン基盤の革新を推進しているため。

2.韓国,国内TOP-tier生命保険社はメジャー病院などとループチェーンを活用した保険金の請求及び支給事業を推進している。

3.韓国国内の主要な病院ほとんどが参加する精密医療病院情報システム構築にループチェーンが導入される予定である。

関連記事

  • ICOに日本一詳しいCOIN JINJA (コイン神社) がプレオープン!

    初めまして、です。数ヶ月の間システムの開発やICO情報翻訳等の準備を進めてきましたが、やっと今週からプレオープンする事が出来ました。まだまだ足りない所ばかりですが、正式リリースに向かってブラッシュアップしていきます!乞うご期待ください!合わせて、仮想通貨アプリ「」もリリースしています。宜しくお願い致します!
  • スタッフが駐在する仮想通貨取引所coinoneを韓国で開設!仮想通貨大国を目指せるか!?

    韓国3番目に大きいビットコイン取引所coinoneは、本日リアルの取引所を開設した。韓国初の仮想通貨OTC販売になる。当面販売する暗号通貨は、ビットコイン(BTC)以外、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、リップル(XRP)とQTUMの6種類。取引所となる複合施設には、市場情報を展示する大型モニターやATMが用意され、スタッフによる顧客相談も対応。現在に業界別のICO(トークンのクラウドセール)プロジェクト、合計464件を公開している。
  • Blackmoon投資ファンドのトークン化プラットフォームが仮想通貨はさらなる盛り上がりを見せる

    トークンファンドで現実の世界と暗号経済の両方に投資機会を提供するために世界最高のフレームワークを作成することを目指しています。 3日目 ~ 7日目 1 BMC = 1.05 USD実世界と仮想通貨経済の両方で投資機会を提供するため、世界最高峰のトークン化された資金の枠組みを作り、維持することを目指しています。これは認可機関に柔軟性をもたらし、仮想通貨投資に対する蓄積された財務知識を活かします。地方分権化、透明性、取引可能性、コスト効率など、クリプト世界全体の利益を維持しながら、収入源の多様化を行います。投資ファンドの法的に準拠した構造は、当社の法律顧問によって審査され承認されます。規制リスク

コメント