コイン相場アプリのAPI利用に際して

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

弊社のコイン相場アプリ内で、一部仮想通貨取引所のAPIを利用する機能がございます。

APIは利用の仕方によってはご自身の資産が外部に流出してしまう可能性がありますので、十分に注意した上でご利用下さい。

ここでは、一般的なAPIご利用の注意点と弊社アプリ利用に際しての注意点を説明致します。

先に結論だけ書いてしまうと、

  • APIキー生成の際に「出金」「Withdraw」の項目にはチェックを入れない
  • 利用サービスのAPIキーのセキュリティ管理方針を確認する
  • アプリを利用する場合には、本体のウィルス感染や紛失には要注意

となります。

一般的なAPIの利用に際しての注意点

通常、仮想通貨取引所のアカウント内で、APIを生成する事になります。

APIでコントロール出来る範囲をご自身で指定する事が出来ますが、特に「出金」「Withdraw」のチェックは付けないようにご注意下さい。

これは、弊社アプリに限らず、他のアプリ/Webサービスにも言える事です。

万が一APIが流出してしまった場合、個人の資産が外部に流出してしまう可能性があります。

既にAPIを生成している方は、改めて、この点をご確認下さい。

弊社のサーバレスアーキテクチャに関して

通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。

コイン相場の場合はサーバーレス

コイン相場ではサーバーレスアーキテクチャを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されます。

弊社側ではAPIキーを一切保管しておらず、また、ご自身でしかAPIキーを取り出したり操作出来ないような仕様になっております。

スマホ本体の盗難、セキュリティの仕様にご注意下さい

スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社の責任を負い兼ねますのでご了承ください。また、特にAndroidに関しては、メーカー個別でセキュリティの仕様が異なる為、お持ちのスマホ自体の個別のトラブルに関しては弊社では責任を負いかねます。

※とはいえ、スマホのセキュリティロックは、FBIでも開ける事がかなり困難で、容疑者のスマホロックを解除する為にAppleを訴えたという事例もあります。

参考:TechCrunch

APIのご利用は最終的には自己責任でご利用下さい。

弊社のアプリでは出来うる限りのセキュリティ対策を講じるようにしております。

それでも、幾つか弊社ではコントロール出来ない部分でのリスクは存在します。

そもそも仮想通貨取引所のセキュリティ自体が安全なのか、という所も含めて、API云々以前に、コールドウォレットによる資産管理をする部分から十分にご検討下さい。

コインポイン

関連記事

  • ビットコインが安定収入になるアフィ知っていますか?:コインポインのご紹介

    マジ怪しいですよね、このタイトル。というか、一旦こうゆう話は怪しんで下さいね!!(仮想通貨とかあまり知らない方は特に!!)率直に言って、仮想通貨で儲けようなんて話はほぼ詐欺なので、投資とか、変な宣伝手伝っちゃうとかはとても慎重にやった方がいいです。で、今回はこれしかタイトル無かったので、あれなんですが、一応大丈夫な話です。し、詐欺スキームでも無いし、ピュアなアフィリエイト、しかもポイントサイトのスキームなので安心して下さい。今回のコインポインは、です。運営元は、仮想通貨アプリの「コイン相場」です。(正確に言えば、株式会社COINJINJAです。)ユーザーは、Moppyやハピタスといった他の
  • ブロックチェーン版、インスタグラムPIBBLE(ピブル)がα版をリリース

    韓国発のブロックチェーンプロジェクトPIBBLEが6か月間のクローズテストを終え、最近α版をプレイストアとアップストアに公開した。PIBBLEはインスタグラムに似ているがSNS活動をするすべてのユーザーは報酬として使えるポイントがもらえる。暗号資産のウォレット機能を利用できる人であればだれもがこのポイントをPIB(暗号資産)に交換し、世界どこでも利用できるのが大きなメリットである。特に、PIBBLEはインスタグラムにはない写真コマース機能を持っており、誰もが自分が持っている写真を販売用としてアップロードできる。ピブルチームは最近の“スマホのカメラ”について機能が高度化されているため、写真作家で
  • 法改正を理解する:ブロックチェーン注目トピックの良記事まとめvol.2

    2019年5月31日に資金決済法、金融金融商品取引法の改正が国会で成立し、「仮想通貨」が「暗号資産」に改称されたことは知っている人も多いでしょう。一方で、「それで何が変わるの?」「どんな情報を追いかけていけばいいの?」についてはイマイチ自信が持てない方もいると思うので、今回はこの辺りをまとめて行こうと思います。関連記事:大まかな点についてよくまとまっているのは、以下の2つの記事です。仮想通貨Watchアンダーソン・毛利・友常法律事務所後者はやや長く感じられるかもしれませんが、一番ポイントが整理させているものです。最前線の動きについては、Twitter()での書き起こしもかなり有能なので

コメント