今日の仮想通貨ニュースまとめ(海外最新情報から国内重要情報まで):2018年2月7日(水)

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

北海道から帰ってきました!!(昨日ですが)

ラーメンに寿司に最高でした!

今日からガッツリ仕事モードですよ〜

海外ニュース

ベネズエラ、OPEC諸国を招待し仮想通貨プラットフォームの共同開発を呼びかけ | BITDAYS(ビットデイズ) - 新しい経済にワクワクしよう。(仮想通貨・ブロックチェーンメディア)

石油で稼いでる国で結束しようということでしょうか。

ベネズエラは電気代安いのでマイニングには最適ですが、治安面が不安ですよね。

ICOしてもベネズエラに旅行しないと海外ユーザーが買う意味ないのではないかと。

仮想通貨取引が中国で全面禁止になったワケ | 個人投資家の規制後の様子・現状 | ボクシルトークン

規制をしてもVPN(海外からアクセスしてるように見せる仕組み)で当局の目をかいくぐっています。

中国は間違いなく巨大マーケットなのでそこを無視することはできないですね。

国内ニュース

【仮想通貨】コインチェックのカスタマー責任者に電話で徹底的に質問してみた結果 : 仮想通貨まとめNews

YouTubeで動画上がってました!

賛否両論ありますが気になることを代表して聞いてくれたと思います。

とりあえずリスク返してください。

上昇銘柄

下降銘柄

上がったり下がったりですが上がり続けることを切に願います。

関連記事

  • Lufthansa、Microsoft、NEM、それに続く企業たち- 明日に架ける橋なるか、UNIBRIGHT…

    Microsoft、Lufthansaとのハッカソン、NEMとの提携…
大手企業と手を組み、強い意志を持って活動する。その成功は、同社の戦略の正しさを証明している。成功を収めたICOから3ヶ月あまり。同ドイツ企業は、有望なパートナーシップ、そして実際のユースケースに初の顧客を獲得してトップニュースを飾った。事業統合に20年以上の実績を持つデベロッパーチームであるは、新たなテクノロジーに関してあらゆる企業が抱える共通課題への取り組み方を心得ているようだ。それがブロックチェーンに関するものなら、なおさらだ。のCEO、 はこう述べる:「近頃はほとんどの企業がブロックチェーン技術に強い興味を示
  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。

コメント