【API連携】KuCoin/クーコインのAPI連携

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

【重要】APIキーはスマートフォン所有者にしか分かりません

通常のサービスの場合はサーバーにデータが残る

通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。

コイン相場の場合はサーバーレス

コイン相場ではサーバーレスアーキテクチャを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。

【重要】APIの悪用については弊社は責任を負うことはできません

スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDを突破された場合のトラブルについては弊社は責任を負い兼ねますのでご了承ください。

【手順】

1.AccountからAPI作成ページへ

2.Createをタップ

3.KeyとSecretをアプリに貼り付け

4.貼り付け後ログイン

5.ログイン後、取引可能に

6.KuCoinのAPIの注意点

KuCoinの場合、他の取引所のAPIと違い、権限の選択(残高照会、取引、出金etc)ができません。

第三者にAPIキーが盗まれてしまうと他のサービス等で出金されてしまうリスクがあるのでご利用には十分お気をつけください。

APIキーが認証されない場合

「全選択」でコピーする

キーをコピーする際に「全選択」を選択してから貼り付けてください。

「選択」でコピーすると全部貼り付けされていない可能性があります。

最後に半角の空白が入ってる可能性が多い

bitbankやhitBTCでAPI連携できないというお問い合わせが多いです。

「全選択」しても最後に半角の空白が入っている可能性がありますのでお気をつけください。

その他のお問い合わせ

認証はされるが取引ボタンが現れない場合

iPhone(Android)自体のアップデートをお願いいたします。

その他のトラブルの場合は

お手数ですがコンタクトフォームよりご連絡いただきますようよろしくお願いいたします。

関連記事

  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう
  • 【開催報告】Next Economy Conference 2018

    かれこれ、もう5ヶ月も前の話になってしまいますが、コイン相場が初の主催イベント、Next Economy Conference 2018を2018年9月15日に開催致しました。あいにくの天候だったのですが、350名の方に遊びに来て頂けました。改めまして、登壇者の方、来て頂いた方、ブース出展して頂いた方、スポンサー様、みなさんありがとうございました。開催報告と言っても、Logmiさんが全文を書き起こしてくれたのと、ダイジェスト動画が出来たのでご報告です。今見ても、とても豪華な登壇者の方々なので、お時間がある時に、ぜひ見てみてくださいね。なお、する予定です。共催したい、とか出展したいとか登壇した
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

    先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!

コメント