世界初のAIでコントロールされたインフルエンサーマーケティングプラットフォームは、36分間で予想の2倍となるプリセールを達成。コミュニティーの期待が示される。

Sponsored by AdHive
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

Adhiveのプリセール

2018年2月13日、タリン。AdHiveは、AIを搭載、コミュニティーベースのプラットフォームで、インフルエンサーチャンネルのネイティブビデオ広告である。彼らの発表によると、36分間のプリセールは成功裏に終わった。2220人のトークン購入者は、このプリセールに参加できた数少ない幸運な人々である。AdHiveの発表によるとこのプリセールは、透明性を確保し、「ガス戦争」を避けるため「先着順」制をとったという。

「550万ドルのプリセールは、当初の予想であった300万ドルを遥かに上回っています。私たちは市場に進出するに当たって、経験あるチームを作り、核となるテクノロジーを確立し、またさらなる発展のための分かりやすい目標を用意しました。それでも仮想コミュニティーのこのような好意的な反応は、予想できませんでした」

と、AdHiveの共同設立者のDmitry Malyanovは語っている。

AdHiveの今後

AdHiveは、これからもグローバルビジネスの発展に邁進するが、トークンセールを中心としていくことに変わりはないという。2月21日から3月14日まで、もしくはトークン販売の全体的な需要によってはそれより早く、AdHiveは1200万のハードキャップを閉じるために早期トークン購入者を迎える予定だ。

「この驚くべきトークンプリセールの成功は、私たちAdHiveチームを喜ばせ、同時に謙虚にもさせました。非常に早い段階から、グローバルインフルエンサー広告産業を革新していくための唯一の道は、協力的で情熱的、そして楽観的な共同体を味方につけることだと、私たちは知っていました。この仮想コミュニティーや初期の協力者、そしてトークン購入者から与えられた信任を、私たちは絶対に無駄にはしません。AdHiveプロジェクトを、人工知能とブロックチェーン技術の助けを借りて、40億ドル市場を改革する新しい基準を作りあげるために全力を尽くします。私たちのトークンセールをお楽しみ下さい」

とDmitry Malyanovは付け加えた。

ADHトークンへの爆発的な需要の高まりを巡る問題を鑑みると、AdHiveは、トークンセール中、個人のADH購入者にちょっとした自制をもたらし、2段階のトークン購入メカニズム導入によって、ハードキャップのトリガー遅延の可能性を取り除くだろう。

COIN JINJAのAdhive情報はこちらから

関連記事

  • 新サービス「トークン発行サポート」

    株式会社COINJINJAは新サービス、トークン発行サポートを行います。仮想通貨関連に特化したサービスを行なっている当社のノウハウを駆使してトークン発行から仮想通貨取引所への上場支援まで一気通貫したワンストップサービスをいたします。2017年9月よりICO検索サイト「COINJINJA」、翌月より仮想通貨アプリ「コイン相場」をリリースいたしました。COINJINJAは開始4ヶ月で月間150万PVを達成、アプリは現在日英中韓の4ヶ国語対応で約50万ダウンロードとなっており、数多くの企業様からICOのサポート依頼のお問い合わせをいただき、今回サポートをすることにいたしました。COINJINJAでは
  • コイン相場「ニュース」にDappsカテゴリを追加しました

    仮想通貨アプリ・コイン相場の中では、国内有力仮想通貨メディア・ブログから毎日記事を提供して頂いております。今回は、「カテゴリ」の中に「Dapps」を設け、の3つを追加致しましました。Dappsと言っても、今回は特にGameを取り上げている3つのブログをピックアップさせて頂きました。仮想通貨アプリ・コイン相場のDLは「ニュース」の使い方を実は一度も説明していなかったので、この場を借りて使い方を簡単に説明させてもらいます。※今回はDappsを選択して下さい鉄板なのは、直近1ヶ月位を掛けて、このニュースセクションはカテゴリ分けやソースを含めて精査していく予定です。
  • 【7月2週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報

    BigONEとFCoinがマイニングを再開したことに加え、CoinExの取引所マイニング(コイン相場の機能では「ハミングバード」と命名)をスタートしました。さらにマイニングスピードと安定性も向上させました。マーケットページは、通貨の分類と主要通貨の情報が豊富になりました。マーケットページだけで市場の最新動向を十分に理解することができます。 

コメント