世界初のAIでコントロールされたインフルエンサーマーケティングプラットフォームは、36分間で予想の2倍となるプリセールを達成。コミュニティーの期待が示される。

Sponsored by AdHive
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

Adhiveのプリセール

2018年2月13日、タリン。AdHiveは、AIを搭載、コミュニティーベースのプラットフォームで、インフルエンサーチャンネルのネイティブビデオ広告である。彼らの発表によると、36分間のプリセールは成功裏に終わった。2220人のトークン購入者は、このプリセールに参加できた数少ない幸運な人々である。AdHiveの発表によるとこのプリセールは、透明性を確保し、「ガス戦争」を避けるため「先着順」制をとったという。

「550万ドルのプリセールは、当初の予想であった300万ドルを遥かに上回っています。私たちは市場に進出するに当たって、経験あるチームを作り、核となるテクノロジーを確立し、またさらなる発展のための分かりやすい目標を用意しました。それでも仮想コミュニティーのこのような好意的な反応は、予想できませんでした」

と、AdHiveの共同設立者のDmitry Malyanovは語っている。

AdHiveの今後

AdHiveは、これからもグローバルビジネスの発展に邁進するが、トークンセールを中心としていくことに変わりはないという。2月21日から3月14日まで、もしくはトークン販売の全体的な需要によってはそれより早く、AdHiveは1200万のハードキャップを閉じるために早期トークン購入者を迎える予定だ。

「この驚くべきトークンプリセールの成功は、私たちAdHiveチームを喜ばせ、同時に謙虚にもさせました。非常に早い段階から、グローバルインフルエンサー広告産業を革新していくための唯一の道は、協力的で情熱的、そして楽観的な共同体を味方につけることだと、私たちは知っていました。この仮想コミュニティーや初期の協力者、そしてトークン購入者から与えられた信任を、私たちは絶対に無駄にはしません。AdHiveプロジェクトを、人工知能とブロックチェーン技術の助けを借りて、40億ドル市場を改革する新しい基準を作りあげるために全力を尽くします。私たちのトークンセールをお楽しみ下さい」

とDmitry Malyanovは付け加えた。

ADHトークンへの爆発的な需要の高まりを巡る問題を鑑みると、AdHiveは、トークンセール中、個人のADH購入者にちょっとした自制をもたらし、2段階のトークン購入メカニズム導入によって、ハードキャップのトリガー遅延の可能性を取り除くだろう。

COIN JINJAのAdhive情報はこちらから

関連記事

  • ウォレットの復元について

    新しいスマホで新規作成すると、以前のスマホでウォレットにアクセスできなくなりますので、以前のスマホにデータが残っている方は新規作成をしないでください。ウォレット画面右上からシークレットキー(バックアップキー)をバックアップしてください1. 右上のボタンをタップ 2. シークレットキー(バックアップキー)をタップ3. シークレットキーをコピーウォレットを復元したら、以前のスマホではウォレットにアクセスできなくなるのでご注意ください。
  • 暗号通貨に関する最大の問題のいくつかをPlatioはどのようにして解決するのか

    暗号通貨は、経済を変革する大きな可能性を秘めています。 暗号通貨は、支払いをより速くし、財政的な包括性を高め、すべての種類の取引の機能性を高めることができます。 国家の境界が意味をなくし、世界市民が直接迅速に安価に取引ができるような、かつてない真のグローバル経済がすぐ近くに迫ってきているのです。しかし、すべての暗号通貨の利点に関わらず、その特徴のいくつかは、通常の人々やビジネスによって使用される妨げとなっています。市場がこういった問題の解決策を見いだすことができない限り、暗号通貨が広く普及するには困難を伴うでしょう。ロンドンの金融センターの中心に本部を置く国際フィンテックプロジェクト、Plat
  • 【参加費無料】仮想通貨・ブロックチェーンの国内先駆者が集う「Next Economy Conference 2018」9月15日東京にて開催

    Next Economy Conference 2018は、ブロックチェーンやトークンを組み込んだサービスが2018年から増え始めていくだろう、新しい稼ぎ方、ライフスタイル、これから変わるサービスと未来を先駆者の目線から語り尽くすイベントです。数少ない日本のICO事例であるALISやSynchrolife、ブロックチェーンに踏み切ったモバイルファクトリー、地方×ブロックチェーンで注目を集めるプロジェクトなど国内の最先端を走る方々にお話を伺います。また、当日はスタートアップブースやイベント限定のトークン発行/アトラクションなど10以上のブースも併設しており、ブロックチェーンや仮想通貨が実際に使わ

コメント