XinFinはハイブリッド・ブロックチェーン・プロトコルであるXDCを発表

Sponsored by XinFin
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

XinFinは、ハイブリッド・ブロックチェーン・プロトコルであるXDCを発表し、ユーティリティ・トークンの販売を開始します。

XinFinは、ユーティリティ・トークンの販売を開始し、初となるハイブリッド・ブロックチェーンXDCプロトコルがそのベールを脱ぎます。

シンガポールに拠点を置くXinFinは、グローバル貿易・金融市場における企業向けハイブリッド・ブロックチェーン・プロトコル・アーキテクチャの第1号を発表し、ユーティリティ・トークンの販売を開始します。

(即時リリース用) XinFinは、XDCプロトコルで動作するハイブリッド・ブロックチェーン・ネットワークを発表しました。XDCプロトコルにより、実世界の企業は、公開ブロックチェーンと非公開ネットワークの最高の機能を組み合わせたネットワーク・アーキテクチャを使って、ブロックチェーンとデジタル資産エコシステムを取り扱うことが可能となります。XDCプロトコルは、その国の法律に準拠するように設計されており、どの国においても、承認済みの既存決済メカニズムのメッセージング・レイヤーとして、純粋に機能します。

ERC20ユーティリティ・トークンXDCEは、分散型イーサリアム・エコシステム上でホストされており、世界の企業がXDCプロトコルを使って取り扱えるようになっています。現在、XDCEユーティリティ・トークンは、公開ICOを通じて入手できます。ユーティリティ・トークンは、XDCマスターノードをホストすることによって、XDCプロトコルとそのサブネットワークへのアクセスを支援します。

YouTube : https://www.youtube.com/watch?v=K-tHZkV6zAs

テレグラム : https://t.me/xinfintalk

トークン販売ページ : 
www.xinfin.io

メインウェブサイト : www.xinfin.org

2017年7月〜8月のプライベートセールで150万USドル超の資金を調達したXinFinは、その資金を活用して、XDCハイブリッド・ブロックチェーン・プロトコルと世界的なインフラの欠点を補完するtradefinex.orgアプリの構築を行いました。XinFinネットワークで6項目以上のPoCが完了し、トークンセールの現行ラウンドから得られる売却代金は、世界中の企業や金融機関との大規模なパイロットプロジェクトへと、PoCを拡張するために使用されます。この資金はまた、エコシステム開発や金融機関間のXinFinネットワークのマスターノード増強にも利用されます。

「ブロックチェーン・エコシステムを主流として採用する上での主なハードルは、パワー集約型のマイニングプロセス、過密した信頼性の低いネットワーク、セキュリティー、スケーラビリティです。XDCプロトコルは、グローバルな貿易・金融において、実世界で使えるように考慮して設計されています。また、XDCプロトコルを扱う企業が、完全に法令・規則を順守して扱えるように設計されています」と、XinFinのマーケティング責任者Alex Mathbeck氏は語りました。

「XinFinは、Quorumから分岐したハイブリッド・ネットワークを構築しました。ネットワーク・コンセンサスは2段階となっています。ノード間のPBFTから生成されるコンセンサスのメカニズムに加え、XinFinは、ノードの参加を管理するステーク基準のルールセットを実装しています。  ネットワークには、非公開ステートと公開ステートがあります。非公開ステートは、機密性の高い財務・金融データが安全であることを保証し、またそれと同時に、公開ステートは、それに透明性および検証可能性を与えます。このアーキテクチャにより、XDCプロトコルは安全でスケーラブル、かつ超高速になります。そのハイブリッド性により、従来のシステムや他のブロックチェーン・プラットフォームとの高度な相互運用性も提供されます。XinFinネットワークは、イーサリアムネットワークやそのスマートコントラクトと高い互換性がある一方、その運用は非常にコスト効率が高いものとなっており、取引コストは無視できるものとなっています。XDCプロトコル上のIoTレイヤーは、ブロックチェーンへのリアルタイムの状態変更を可能にします。XDCプロトコルは、対応する法管轄域内において、XDCプロトコル上で実行するユーティリティ・トークンをサポートします」と、XinFinのKaran Bharadwaj最高技術責任者は語りました。

「XinFinマスターノードの多様な層により、参加者は安全な環境でXDCプロトコルを柔軟に扱うことが可能になっています。XDCは、既存の決済路線を使用した場合の純粋なメッセージングおよび確認レイヤーとしても、あるいは認可を受けた規制対象の金融機関通じた決済レイヤーとしても機能します」と、Alex Mathbeck氏は付け加えました。

Tradefinex.orgは、XDCプロトコルを使用するベータ版環境で最初に公開された分散型アプリです。TradeFinexは、グローバルな貿易と金融を目的として、XDCプロトコルを使用したスマートコントラクトのユーザーインターフェイスです。Tradefinexアプリケーションは、企業や政策立案者をサポートし、年間27兆ドルにおよぶインフラと国際貿易市場における非効率性を最小化することを目指しています。TradeFinexプラットフォームは、インドで開催された第2回世界P2Pデジタル資産システムサミットで正式に始動し、現在は世界の主要貿易協会、金融機関、規制当局にまで広まっています。

XinFinネットワークでは、ビジネスプロセスの効率を向上させる、XDCプロトコルでの既存の価値観を打ち砕くようなアプリを構築すべく、グローバル・アライアンスや開発者コミュニティーの参画を開始しました。

Twitter: https://twitter.com/XinfinF

Slack: https://xinfin-public.slack.com/

COIN JINJAのXinFin情報はこちらから

関連記事

  • 仮想通貨で副業を始めるならこの5つ!?【2019年版】

    副業ブームが来たのか来ているのか、と言われて久しいですが、皆さん副業って何をしているんですかね。仮想通貨も副業や資産運用の文脈で語られる、というよりは、関連付けて考えられる方も多いみたいなので、仮想通貨やブロックチェーンという領域での副業を考えてみました。仮想通貨投資というやり方ですね。これについては、ここで語るのも、と思うので、とりあえず「」アプリで価格を追いかけて、ニュースをチェックするところから始めてみてはいかがでしょうか。仮想通貨・ブロックチェーンのライターは、色んな仮想通貨メディアが結構募集しています。例えば、さんやさんでも。1年位前(2018年初頭)であれば、「仮想通貨メディ
  • 仮想通貨でお小遣い稼ぎをする3つの方法【2019年版】

    仮想通貨投資はオワコン、と言われ始めてはや何ヶ月・・・という感もありますが、ちょっと投資は置いておいて、仮想通貨でお小遣い稼ぎをする方法ってどうなんだろうというお話です。ご存知のように仮想通貨市場は一時期のような盛り上がりは無く、「今からお金を入れるのはどうなの!?」と思うような状況です。なので、一旦ここでは、、お金を掛けずに仮想通貨でお小遣い稼ぎをする方法を考えていきます。少しづつですが、サービスを利用するだけで仮想通貨が貰えるものが出てきています。日本ではというブログサービスが一番有名ですね。ブログ記事を書いたり、いいねを押す事で、 ALIS という仮想通貨が貰えます。世界的にも有名な
  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう

コメント