Datariusの新しい挑戦: 新しいITO構造、アドバイザーチームの強化、新規ウェブサイト

Datarius<sponsered>
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

これまでの経緯

初のソーシャルP2P CryptobankであるDatariusのプレITO完了から1か月余りが経過しました。時の感じ方の違いに驚いています。プロジェクトに深く関わりを持つ以前は、1か月が信じられないほど単調に思えました。今では、3月5日に予定されている当チームの最重要イベントのひとつ、メインITOラウンドが近づくにつれ、私たちを取り巻く時間は、実体のある物質のようによりタイトになっていっています。

今年の年頭から、当チームは積極的にプロジェクトに取り組んできました。私たちには、たいへん重要なタスクであるギャップ分析が控えていました。ソフトキャップは計画の4倍に到達しましたが、私たちは何とかして結果を別のレベルに引き上げることができると考え続けました。1月のほぼ半分を積極的なあらゆる情報の収集と分析に費やし、アドバイザー陣と密接に協力し、将来の潜在的パートナーと積極的に交渉し、当社コミュニティーの中核の話に注意深く耳を傾け、当社パートナーや競合他社のキャンペーンをモニタリングしてきました。

改善点について

概要

集中的な取り組みの最初の結果として、ITOキャンペーン構造の変更へとつながりました。結果として、投資アナリスト、金融プロジェクトおよびパートナー・ブロックチェーン・プロジェクトのアドバイザーとの協議を経て、DTRCの名目価格は1ドルから0.01ドルへ引き下げられます。ハードキャップも6,700万から5,100万へ引き下げられます。トークン分配構成は再計算され、変更となりました。現時点では次のようになっています:

  • バウンティ – 2%
  • パートナー – 5%
  • Datariusチーム – 5%
  • 準備金 – 15%。

また、メインステージの構造に関する分析データのレビューを行いました。当社マーケティングチームは、私たちから見て最適なボーナスプログラムを開発し、これを承認しました:

最初の6時間で、各参加者はDTRCトークンで30%ボーナスを受け取る。 6時間から12時間まで – 25%ボーナス 12時間から24時間まで – 20%ボーナス ITO開始から24から48時間まで – 15%ボーナス ITOの3日目から15日目まで、各参加者は10%ボーナスを受け取る。 15日目以降は、ボーナストークンは分配あるいは発行されない。

また当社は、質問や数多くのリクエストで集められたデータを分析して、紹介プログラムを発表しました。

技術面

これら変更点に関係して、スマートコントラクトとトークンスワップが変更されました。これにより、プレセールDATティッカーは、正式なDTRCに置き換わり、新しいトークンが再計算され、クローズ済みラウンドおよびプレセールの参加者に追加で支払われるとともに、その過程で以前のスマートコントラクトにおける誤ったボーナス計算に関する技術的エラーが修正されました。 その次のステップはコンバージョンに関することでした。私たちは、受け取ったデータに基づいて、ほぼ完全にウェブサイトの構造を変更しなければなりませんでした。より多くの専門家の関与のもと、当社ターゲット・オーディエンスの要求に応じて、サイトブロックを配置しました。プレセールの際に生じた主な問題を処理した結果、情報量はほぼ3倍になり、それは体系化され、最もアクセスしやすく簡明な方法で提示されました。ITO開始までに、サイトは真に多言語化され、5種類の基本言語に対応することとなります。また、技術面も強化され、新しいサイトは端末を問わずより速く動きます。

ロードマップ

プロジェクトのロードマップにもいくつかの変更が加わりました。ERC20トークンをリクエストに応じてすでに開発中のインターフェイスに統合することにより、できるだけ早急にプロジェクトの商用バージョンを開始するという、主要なマイルストーンに合意したと私たちは考えています。このソリューションにより、発表済みの機能のほぼすべてを即座に実装し、2018年秋にはパイロット版を発表して、年末に予定されている商用製品の公開プレゼンテーションが可能となります。これと同時に、当社独自のブロックチェーンの開発を行うことを決定しました。このため私たちは、いつでも取り組みの成果を実際に示し、将来の新しいユーザーにプロジェクトを宣伝して、プロジェクトの参加を促すことができるようになります。自社の戦略に自信があるため、 Datariusエコシステムの稼働ユーザー数に関する戦略的目標には変更を加えませんでした。2019年5月時点の100万稼働ユーザー数という計画は、今ではますます達成可能で実体的に思えます。

チーム体制

チームにも変更があります。会社登記以前に締結された多くの契約は再交渉されました。認可申請は提出済みとなっています。世界的に名高い4名の専門家がDatariusのアドバイザーチームに加わりました。現在、以下の専門家がプロジェクトに関して継続的に私たちとともに取り組んでいます:

Simon Cocking — 情報技術分野で20年の経験を有する、ブロックチェーンとITのスペシャリスト。

Nikolay Zvezdin — 会計監査およびコンサルティング分野の専門家で、プロジェクトへの民間およびベンチャー投資を誘致。米国、日本、中国、ロシア、香港において、重工業、エネルギー、製薬、電気通信分野のプロジェクトに携わった輝かしいキャリアを持つ。Enlight Visionaryでのエグゼクティブ・ディレクターおよびEnvinaryグループでの財務ディレクターとして、極めて卓越した業績を残す。

Douglas Lyons — 27年間に及ぶ投資およびリスク管理の経験を持つアドバイザー。近年、分散型台帳の技術に関する調査・研究に専念し、ブロックチェーンのスタートアップ企業のコンサルティング、そのICO立ち上げを支援してきた。

Jason Hang — マーケティング、ブロックチェーン、モバイルテクノロジーにおいて豊富な経験を有する専門家。20年間にわたって、Treascovery、Chidopi、TimeBox、SuchAppなど、世の中を変える企業の創造およびその設立支援に携わってきた。

そして当社は引き続き、壮大なプロジェクトである先駆的なソーシャルP2P Cryptobank、Datariusの立ち上げに積極的に取り組んで参ります。私たちは、真にユニークで需要の高い製品を創造することができると考えています。皆さんとともに、確実に目標を達成して参ります。

Cryptorize!

当社テレグラムチャンネルに参加してすべてのニュースを受け取る:

https://t.me/datariuscryptobank

関連記事

  • ICOに日本一詳しいCOIN JINJA (コイン神社) がプレオープン!

    初めまして、です。数ヶ月の間システムの開発やICO情報翻訳等の準備を進めてきましたが、やっと今週からプレオープンする事が出来ました。まだまだ足りない所ばかりですが、正式リリースに向かってブラッシュアップしていきます!乞うご期待ください!合わせて、仮想通貨アプリ「」もリリースしています。宜しくお願い致します!
  • スタッフが駐在する仮想通貨取引所coinoneを韓国で開設!仮想通貨大国を目指せるか!?

    韓国3番目に大きいビットコイン取引所coinoneは、本日リアルの取引所を開設した。韓国初の仮想通貨OTC販売になる。当面販売する暗号通貨は、ビットコイン(BTC)以外、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、リップル(XRP)とQTUMの6種類。取引所となる複合施設には、市場情報を展示する大型モニターやATMが用意され、スタッフによる顧客相談も対応。現在に業界別のICO(トークンのクラウドセール)プロジェクト、合計464件を公開している。
  • Blackmoon投資ファンドのトークン化プラットフォームが仮想通貨はさらなる盛り上がりを見せる

    トークンファンドで現実の世界と暗号経済の両方に投資機会を提供するために世界最高のフレームワークを作成することを目指しています。 3日目 ~ 7日目 1 BMC = 1.05 USD実世界と仮想通貨経済の両方で投資機会を提供するため、世界最高峰のトークン化された資金の枠組みを作り、維持することを目指しています。これは認可機関に柔軟性をもたらし、仮想通貨投資に対する蓄積された財務知識を活かします。地方分権化、透明性、取引可能性、コスト効率など、クリプト世界全体の利益を維持しながら、収入源の多様化を行います。投資ファンドの法的に準拠した構造は、当社の法律顧問によって審査され承認されます。規制リスク

コメント