CREDITS:ブロックチェーン技術とスマートシティ

Sponsored by Credits
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

現代の都市のイメージは急速な情報技術の発展により、大きな変革を迎えようとしています。

普通に都市で生活をするためには、基本的には異なる社会基盤がスマートネットワークを利用する際には必要とされます。自動制御ができるテクノロジーは未来の巨大都市を構築する際には必要不可欠な存在になりつつあります。

これらのほとんどの課題はスマートシティの先端的な概念においてすでに語られています。

「スマートシティ」のコンセプトは適応力のある通信ネットワーク群を構築すること、そしてそれらは都市の資産を管理するシステムに密接に統合されている必要があります。新たな技術は都市生活の快適さを増し、公共サービスの質をより高いレベルに引き上げることが可能です。

さらにスマートなネットワークは著しくリソースの濫用を抑えて、かつコストを管理することができます。

ブロックチェーンプラットフォームのデベロッパーであるCREDITSはスマートな都市とスマートな家庭を実現するのは配布された台帳技術の採用によってのみ可能だと訴えています。

数々のセンサー、スマートコントラクトとブロックチェーンの高い水準でのセキュリティを組み合わせることで、巨大都市の管理運営は住んでいる人々の生活の質を著しく向上させることが可能となります。

マッキンゼイ分析研究所の予測によりますと、今から20年以内に少なくとも地球上の600の都市が自動制御の可能な技術を取り入れ、また25年以内にはこれらの都市群がおよそ7割のGDPを生産し、これらの都市の市場はおよそ4,000億のマーケットに達すると言われています。

CREDITSの代表取締役であるイゴール・チャグノフによれば、スマートシティには対してはいくつかの独特な解決方法が存在するとしています。

スマートな建築物

情報通信と通信工学は統合された制御システムで管理されるべきだと考えております。

またこれらのソリューションは異なるサービスシステムのやり取りを可能とします。

例として、オフィスの建物を始業前に温めておくことが可能になります。空調の設定は部屋の現在の温度により自動調整されます。

コントロールシステムは建物内の人の数を把握し、心地よくそこに居られるように空気の質に関しても感知することができます。人々が帰った後にはその建物は自ら自動的に節約モードに切り替えるのです。

そのことは同時にデータのセキュリティについてのとても重要な問いを引き起こしたりするのですが、幾人かの専門家は配布された台帳技術に関して確固たる自信を持っています。この技術とはブロックチェーンのことですが、ブロックチェーンが保存またデータのやり取りについて十分な水準のセキュリティを提供することを彼らは信じています。ブロックチェーンのプロジェクト、例えばCREDITSやIOTAなどは彼らの技術的革新をIoTにおいて用いることを勧めています。

言うまでもないですが、知性的な都市には数百万もの知的な家庭のやり取りを支えられるだけの十分な量の情報リソースの余力が必要となります。

最も印象的なCREDITSプラットフォームの機能は、その開発者たちが1秒あたりに100万をも超えるだけのやり取りのプロセス速度を約束しているということです。

もしあなたが仮にある条件に合致することが起きた場合に前もって定義してあった作業を自動的に実行するようなスマートコントラクトの仕組みを加えたいと考えるならば、それは知性的な都市のためのブロックチェーンプラットフォームとしてのCREDITSを語っていることに他なりません。

スマートな社会基盤

情報通信網は交通量を監視し、交通網への負荷情報を集積し、いかなる事故に対しても即座に反応することができます。

革新的な駐車場は人々の手作業の一部ではありません。システムは最適な物流ルートを導き出すことができます。都市は彼ら自身で暗号通貨を発行することもできます。例えば「ロードコイン」を発行し、高速道路を通行する際に必要とするといった形で用いることができます。

分別のある消費

エネルギーや水の消費といったことにも革新的なことが起こっています。

このことはエネルギー消費の管理や再生可能エネルギーに関した技術に関する計画を先に進めることを可能にしています。 水資源消費コントロール計画と進歩した通信情報網の二つが合わさることでシステムによる環境の安全性をより確かにすることができます。

2017年春、中国の深センにおいて世界初の自動制御水資源供給システムの運用が開始されました。このプロジェクトは二つの大きな中国企業により履行されていました。すでに千回以上もインターネット上において知的なインタビュアーからの取材を受けています。

このシステムは水深計測のパターンを分析し、緊急時に漏えいを防ぐことが可能です。

このアプローチにより水資源の消費についての効率性が改善されました。

需要に反応するシステムにより、電気負荷が大きく、それにより最も値が張る時の電力消費を削減することができました。

またそれぞれの消費者もこのシステムに接続することにより、特別な値引を受けることができます。

技術革新は住居のみならず、商業的な施設にも及んでいます。

「世界中を旅していると、デジタル技術が人々の日々の生活の中に入り込んでいる、本当に沢山の例を見ることができます。そのことが毎日の刺激となり私を自身のブロックチェーンプロジェクトであるCREDITSの開発に駆り立ててくれているのです。」とイゴール・チャグノフは言います。

もう一つの革新的な都市は天津です、緑の都市と言われたりもしますが、天津はシンガポールと中国の努力により大変な発展を遂げました。この界隈は綺麗な水源へのアクセスが欠けているような汚染された地域に意図して建てられました。

全般に及ぶ革新的な技術、(それは循環水の供給であり、別の可能性があるエネルギー資源の利用を含みますが)その技術が社会基盤に用いられました。とてもユニークな交通機関網も整備されていますが、それは内部に燃焼を要するエンジンを備え付けたものではないです。

道路には進んでいる監視システムがあり、空気を計測するセンサーが配置されています。

今日においては、7万人を超える人々がeco-gradに住んでおり,4,500社の企業がその地に登録しており、資本金の合計は二千億中国元(三百億USD超)に達しています。   UAEのマスダールも、もう一つのよく知られているエコタウンです。このプロジェクトは2006年に開始しました。デベロッパーたちの基礎となっている考えはこの都市はソーラーエナジーやその他の可能性のある資源とともに生きることを通して二酸化炭素の排出を最小限に抑えるというものでした。

このプロジェクトは現在のところ推進に関して困難な状況を迎えています。なぜならテクノロジーがまだ十分に開発されていないからです。現時点では起案者たちの目標は排出を50%まで減少させることとなっています。このプロジェクトが停滞しているのには幾つかの理由があります。

2008年の世界金融危機の結果、このプロジェクトへの投資の流れが著しく停滞してしまいました。さらに考案者たちは望んでいるような交通網を整備することができなかったのです。

しかしながら、政府は220億ドルもの予算をこのプロジェクトへ割り振っており、建設は現在では30年度まで延期されています。  今日ではマスダールは伝統的な自動車が走っていない数少ない都市となっており、そこには既に自動的に電子制御される交通システムが稼働しています。地上を走るドローンは10年の11月に発表されました。メインとなるルートの長さは約1.5キロメートルです。考案者たちの意見によれば、人々が搭乗するカプセルは完全に信頼に足るもので、安全と主張しています。 現在そのドローンは3秒間の間隔で衝突の恐れなく移動することが可能になっています。

また以前東京電気グリッドカンパニー(TEK)はブロックチェーン技術を2011年の福島第一原発で放射能漏れを発生させた大災害を再び起こさないために活用する意図があると発表しております。 

スマートシティは新しい都市を作ることや既存の都市を統合する上でとても魅力的なコンセプトです。たくさんのテクノロジーはそれ自体非常に複雑ですが、しかし統合するのは容易です。これからもたくさんのプロジェクトにおいて幅広く利用されるでしょう。

COIN JINJAのCredits情報はこちらから

関連記事

  • マイナーにとって素晴らしい日

    仮想通貨取引所ABCCでは7月9日から12日までの3日間、2,000人の事前登録ユーザーに限定して、取引マイニングを公開していた。現在は既に誰でも取引マイニングに参加する事が可能だ。事前登録したユーザーは7月11日の夜に最初のAT(ABCCによって発行される取引所トークン)と最初の配当(ABCCの取引手数料の80%はAT保有者に配分される)を受け取る事が出来た。事前登録ユーザーの一人は、彼の取引マイニングの結果をABCC側のインタビューを通じて公開している。彼のスクリーンショットを見ると。トレードとマイニングを通じて、1.57ETHがに増加している。既にABCCは7/12午後12時から、取引マ
  • 【API連携】CoinEx/コインイーエックスのAPI連携

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。APIを取得したときのIPアドレスとアプリを使用する場所が違うとIPアドレスが変わり、ログインできなくなります。ログイン
  • 新興の仮想通貨取引所ABCCが本日(7月12日)午後1時から取引マイニングを開始

    仮想通貨取引所ABCCは数日前に、ATトークンのリリースを発表し、取引マイニングを開始している。4日間のプレマイニング期間が終了し、本日(7月12日)午後1時から全てのユーザーに取引マイニングが開放される。同取引所はFuncity Capital、Dream Seeker Capitalなどからの出資を受けている。既にマイニングが始まり、この数日間で、Coinhillsでは7位に位置する取引高を記録している。現段階では、ABCCではAPIを開放しておらず、数週間後に開放を想定している。現在の取引高が続くようであれば開放後にはさらなる取引高の増加が見込まれる。1. 第1半減期におけるATの総数:

コメント