【11月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.20

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

すっかり肌寒くなり、秋もめっきり深まってまいりましたね。 年末が近づき、世の中的にも何だか慌ただしい雰囲気になって参りました。

そんな中、コイン相場の開発陣も黙々と開発しております。 因みに新しいバージョンをリリースしたのはお気づきになりましたか?このバージョンでは読み込み速度が改善されて、動作が滑らかになりましたので是非お試し下さい!

アプリ

通貨詳細にて、ポジションと取引履歴を表示することで、一目で資産状況を確認することが可能になります。 (※現在開発中。次回のバージョンアップにてリリース予定)

  • 夜間モードのUIをより細かに設定できるようになります。(開発中)

  • システム改善しページの読み込み速度が大幅に向上しました。

dApps

dAppの開発者管理画面をリリースしました。開発者は管理画面で新規dAppを登録することができます。

URL:https://en.coinjinja.com/coinview-sdk

コインポイン

関連記事

  • 「コイン相場」開発週報 Vol.38 - 会員制の開発最終段階、NEO WalletのAPI連携が可能に

    ユーザーの増加により、チャットルームでの投稿数が急激に増え、チャットの内容が分からなくなったっり、マネジメントすることが難しかったため、複数のテーマのチャットルームを新設しました。また、チャットルームの新設と共に運営側がユーザー様に伝えたいメッセージが固定できるようになりました。新しいピックアップページのUIとプレミアム会員専用のページが完成しました。プレミアム会員になるための支払いプロセスの開発が最終段階に入っています。会員専用のプッシュ通知では以前は設定できなかった出来高アラート、板のアラートなどが追加されます。取引が頻繁な方々に役立てる機能を追加していくつもりです。今週はNEO Wall
  • 【7/18】世界ニュースまとめ - リップル、クウェートのBoubyan銀行と提携へ、財務省・金融庁が主導で暗号資産版SWIFTを創設

    UNLOCKの18日報道によるとリップル社が2004年設立されたクウェートのBoubyan銀行と17日パートナシップを締結した。Boubyan銀行は払込済み資本金が7億ドル(約754億円)を上回ることやもう一つのリップルのパートナーであるクウェート国立銀行(NBK)が主要株主として知られている。今回のパートナー締結の目的は「世界をリードする送金会社」RippleNetと協力し、銀行のスピードとセキュリティおよびデータの完全性をより確実にするためであると銀行の役員は説明した。リップルとBoubyan銀行の協定は現在、クウェート中央銀行の承認を待っている状態だ。参照元:<ins></ins>ロイ
  • 7/18 - Ontology、重大発表をほのめかすカウントダウンで価格上昇

    本日(18日)午前11時30分ごろ時価総額ランキング25位のOntologyが重大発表を暗示するようなコメントをツイッターを通じ残した。発表の内容は明らかにされていないが日本時間の午後5時30分前後で公表と予想される。一部のホルダーは大きなアナウンスがあるだろうと期待しているが、こういったマーケティングに対し、「スキャムまがい」などの否定的なコメントを残した人もいる。このツイートの後、Ontologyは上昇し、現在は97円前後で取引されている。参照元:<ins></ins>・・・・・・

コメント