Decoin: コミュニティと収益をシェアする取引所

Sponsored by Decoin
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

Decoinはブロックチェーンテクノロジーを利用して収益をシェアするタイプの独自の取引・交換プラットフォームを開発しました。同社は資本を調達し、EU及びシンガポールの優れたアドバイザーらの協力を得て仮想通貨取引所セキュリティライセンスを申請中です。Decoin は世界各国の規制当局に要求されるライセンスの取得により世界中のクライアントに規制に沿った取引・交換プラットフォームを提供していく予定です。Decoinはプライベートセールを完了し、現在はコインのプレセールを実施し早期参加者に15%のボーナスを提供しています。

Decoin プラットフォーム

Decoinプラットフォームは先進的なピア・トゥ・ピアの仮想通貨取引・交換プラットフォームで、誰でも参入し取引から収益を上げることができるよう非常に幅広い機能を備えています。プラットフォーム略称は偶然そのネイティブ通貨と共通するD-TEPです。D-TEPは堅固なピュアプルーフオブステークシステムに基づいており1秒に1000万回までの取引に対応でき、優れた取引体験全般を提供します。プラットフォームは、その基本となっているブロックチェーンプロトコル、各種ツール、仮想通貨インデックスその他の機能を備えています。さらにDecoin収益を分け合うという機能がもたらす恩恵をDecoinプラットフォームでの取引の有無にかかわらず誰もが期待することができます。

テクノロジーの特色

既存のブロックチェーンプロトコルを採用している他の多くの取引所と違いDecoinプロジェクトは独自のピュアプルーフオブステークシステムを構築しました。ステーキング開始までの時間は60分なので、コイン所有者はDecoin独自通貨D-TEPで支払われるステーキング報酬を短時間で稼ぎ始めることができます。さらに取引手数料によりプラットフォームが生み出す収益はDecoin所有者に再分配されます。

収益シェアモデルは、コミュニティへの収益還元は望ましいことであるという当社チームの信念に基づくものです。この収益配分システムによって当社は取引所が上げた収益の20%を(プラットフォームでのアクティブな取引の有無にかかわらず)トークン所有者に還元することができます。この方法によってDecoinプロジェクトを信頼してくれた方々は正当な取り分を受取ることになるのです。配分額は各所有者の所有トークン数に直接比例します。これに加えトークン所有者は年間ステーキング報酬を受け取ることができます。

Decoinチームは安全で透明性の高いブロックチェーンに基づくプラットフォームを構築しました。セキュリティを高め、トレーダーの皆さまに安全性を保証するため資金の97%はオフラインで保管され、ハッカーやサイバー犯罪から保護されています。残り3%はプラットフォームのホットウォレットに保管され、これによりスピーディーな流動化のニーズへの対応が可能になりスムーズな取引が約束されます。プラットフォームはその他の先進的セキュリティ機能も備えており認証されていないアクセスは全て拒否されます。

開発

Decoinのコンセプトは2017年第四四半期に固まり、その開発は今年初めに始まりました。プラットフォームのベータ版は2018年第四四半期中に仮想通貨コミュニティに向けて発表予定で、コミュニティメンバーは安全確実で革新的なプラットフォームを体験することができるでしょう。 当社は独自の厳密な開発ロードマップに沿って開発を行ってきました。ベータ版プラットフォームがほぼ公開されたらDecoinは直ちにウォレットを作り、規制に沿ったサンドボックス内で取引所を運営する予定です。 現在の開発ペースとコミュニティが寄せる関心が相まってDecoinは近い将来有力な仮想通貨プラットフォームになっていくものと思われます。

Decoin通貨

Decoinプラットフォームはブロックチェーンを最大限活用できるよう独自通貨D-TEPを発行しています。関心をお持ちの方は現在実施中のコインセール期間中、このコインを入手することができます。D-TEPコイン購入によりDecoin所有者はDecoin仮想通貨取引所においてディスカウント価格で取引を行うことができます。このネイティブ仮想通貨を使うと取引手数料が40%割引になるのです。収益の配分、年間ステーキング報酬に加えてこのようなディスカウントが受けられるわけです。 Decoinは取引手数料から生まれる収益全体の20%を取り置いておき、これをトークン所有者に配分します。残りはプラットフォームの業務とさらなる開発に使われます。さらに嬉しいのはステーキング報酬で、既存トークン所有者のDecoinウォレットのD-TEPは毎年6.5%ずつ増えていきます。

Decoin仮想通貨インデクックス、カード

取引をより簡単で収益の大きなものにしていくためにプラットフォームはDCIという仮想通貨インデックスを準備しています。DCIは取引所で取引される全トークンのポートフォリオを備えたもので、間もなく公開され利用可能になる予定です。仮想通貨企業・プロジェクトはこのインデックスのポートフォリオに組み入れられることにより認知度が高まり、仮想通貨コミュニティに受け入れられやすくなります。このインデックスはトレーダーが仮想通貨ポートフォリオの内容を多様化し通貨のベストな組み合わせで収益を増加させるのに役立つでしょう。

Decoinでの取引の大部分は仮想通貨で行われると思われますが、プラットフォームは不換通貨の世界との橋渡しの役目を果たすものとしてDecoinカードを導入します。このカードによりユーザーは仮想通貨を簡単に不換通貨に換金し日常の買い物に使うことができます。カードは通常のクレジットカードやデビットカードと同様のもので、オンライン、オフラインの買い物に使うことができます。さらにこのカードにより当社は不換通貨-仮想通貨間の交換に多数のハードルを伴うことのないシームレスなエコシステムを実現します。プラットフォームにはそれぞれ独自の長所を持つ5つのタイプのカードが用意される予定です。各タイプのカードの詳細は下表に示す通りです。


成長

集中型システムを利用しても資産を完全に管理することができないのではないかという人々の懸念が高まるにつれ分散型仮想通貨取引プラットフォームへのニーズは拡大しています。さらに分散型P2Pの取引所は、規制が確実に遵守されないのではないかという懸念を払拭するという利点も備えています。Decoinプラットフォームはこのような問題にきちんと取り組み、コミュニティはそのポテンシャルを認識しています。 プロジェクトは既に550万ドルを調達し、現在行われているトークンセールで資金調達にさらに大きな弾みがつくものと思われます。ユーザーの増加は仮想通貨コミュニティに認識されているプロジェクトのポテンシャルを強く示唆するものです。

カスタマーサポート

プラットフォームは経験豊かなトレーダーにも初心者にも使いやすいユーザーに優しいものですが、カスタマーサポート用チャネルもいくつか用意されています。Decoinコールセンターに直接電話をすればサポート担当者と直に話すことができ、迅速な対応を得ることができます。あるいはメール、メッセージアプリ、オンラインチャットで質問することも可能です。

Decoinは仮想通貨業界にポジティブな変化をもたらす非常に大きなポテンシャルを持つ数少ないプロジェクトの一つです。このプロジェクトは仮想通貨取引を容易にするだけでなく、長期的収益を生みだすポテンシャルを備えた仮想通貨への魅力的な投資機会を提供するものです。

現在D-TEPトークンのプレセール実施中。15%のボーナスを提供しております。 Decoinに関するより詳細な情報についてはhttps://www.decoin.io/jaをご覧ください。

関連記事

  • エンジニア勉強会を開催しました!「コイン相場」開発週報 Vol.25

    世の中はすっかり年末ムードですね!飲み会三昧で体調は崩していませんか??かくいうCOINJINJAはというと、今日はみんなで忘年会です!余談ですが中国語の「乾杯(カンペイ)」はグラスを空にするまで飲み干すという意味だそうです。(気をつけましょうw)説明会はホントに最初だけで、メインコンテンツは実際に動かしてみる所。弊社のCEO徐楽楽が、その場でコードを書いて、一応公開する所まで1時間弱でいきました。エンジニアの方からすると簡単に出来そうに見えたようですが、非エンジニアからすると簡単では。。最後には簡単なアイディアソンをやって締め括りとなりました。社内コミュニケーションへのトークン導入や飲み会で
  • BitcoinがもらえるポイントサイトであるTadacoin(タダコイン)が正式リリース

    OneBox株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:伊藤直樹)は、2018年12月13日に無料でBitcoinがもらえるポイントサイトであるTadacoin(タダコイン)を正式リリースしたことをお知らせします。()Tadacoin(タダコイン)は、2018年9月からBitcoinのFaucetサイト)としてβ版の提供をしておりました。 Faucetとは、「水道の蛇口」という意味から転じて、「蛇口をひねるように仮想通貨が出てくる」という意味で仮想通貨の世界では使われています。高水準の配布額で、ユーザー数は2ヶ月で2万人を超えました。2018年11月26日には、Tadacoin(タダコイン
  • 早稲田大学で講義しました!「コイン相場」開発週報 Vol.24

    急に寒くなりましたね。風邪には十分お気をつけください。私は暖房をタイマー設定するの忘れるのが多々あり、喉を痛めております。重複した内容を速報は1つだけ発信するようにニュース内容を解析して自動でフィルターに掛けれるように開発中です。履歴の価格計算の精度の向上を図っています。今まではグローバル価格で計算していましたが各取引所ごとの価格で算出できるよう開発中です。価格の上下が激しい場合に頻繁にアラートが鳴らないように開発中です。毎週金曜の作戦会議です。みんなで意見出し合ってより良いサービスを提供するために議論しています。12月10日に弊社の沼崎が早稲田大学で講義しました。眠そな人がいなくて助かりまし

コメント