アリババコイン世界9か所の主要取引所の取扱通貨一覧表に掲載され、ユーザーによる取引がより便利に

Sponsored by alibabacoin
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    アリババコイン財団は、財団発行の通貨ABBC コインが世界9か所の主要取引所の取扱通貨一覧表に掲載されたことを発表いたします。アリババコイン財団CEO ポール・フィリップとそのチームのメンバーは、より多くのユーザー獲得、ABBC コインでの取引の便宜向上のため、世界の取引所の取扱通貨一覧表へのABBC コイン掲載を目指し常に業務に取り組んでまいりました。今やABBCコインはBitforexC、oinsuper、Coinbene、Ooobtc、Dragonex、Idax, Topbtc、Rightbtc、Sistemkoinの取扱通貨一覧表に掲載されています。すべてのコミュニティメンバー、ユーザー、アリババコイン財団カスタマーは上述の取引所ですぐに取引を開始することができます。ユーザーは10月10日以降資金を引き出すことができるようになります。

    アリババコインは様々な国のユーザーに前途有望なABBCでの 取引の機会を確保いたしました。取引所は全てマーケットにおける使いやすさ、セキュリティ、強固なプレゼンス に基づいて選ばれております。本社をシンガポールに置くBitforexはその他の多くの国々にもオフィスを持ち、186以上の国にユーザーがいます。 Coinbene、Ooobtc、Dragonex もやはり拠点はシンガポールで、ユーザーにとって使いやすく安全で便利なデジタルアセット取引プラットフォームを提供しています。ABBCはトルコのSistemkoin、香港の Coinsuper、オーストラリアのTopbtc、モンゴルのIdax、ドバイのRightbtcなどその他の国々にも業務を拡大しています。これらの取引所は全て先進的なセキュリティプロトコルを用い、マルチシグネチャウォレット、便利なユーザーインターフェイスなども利用しながらユーザーの資産と情報を保護しています。

    アリババコイン財団の設立者、CEOのポール・フィリップはこう述べています「私たちは世界のトップを行く9か所の取引所の取引通貨一覧表へのABBC掲載を実現しました。当財団チームも私もこのベンチマークに到達できたことを誠に喜ばしく思っています。これによってより多くの国々のユーザーの皆さまに取引の場を拡大していくことができるからです。様々な国のユーザーの皆さまにこの機会をご利用いただき、取引所でABBC での取引を行っていただけるよう願っております」

    ABBC コインの優良取引所取扱通貨一覧表への掲載に加え、アリババコインはABBC コインが世界の主要オンラインショッピングポータルサイトで利用できるようになったことも発表いたします。ユーザーはeBay、Amazonなど30の最もよく使われているショッピングウェブサイトにおいてABBCでの支払いができるようになります。財団はまた、多彩な商品、サービスを扱う自社オンラインショッピングポータルサイト及びマーケットプレイスの2018年末までの立ち上げも計画しています。

    アリババコイン所有者は多くの取引所を利用できるだけでなく、オンラインショッピングウェブサイトでコインを使うことができるようになるので非常に大きな恩恵を受けることになるでしょう。仮想通貨マーケットの勢いが陰り、デジタル通貨価格が下落しているという状況も、常に拡大し続けるコミュニティの一部をなすABBCでの取引はユーザーにとってのチャンスとなるものです。

    免責条項: アリババコイン財団は中国のアリババグループホールディング社の系列ではありません。

    関連記事

    • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

      ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう
    • 【開催報告】Next Economy Conference 2018

      かれこれ、もう5ヶ月も前の話になってしまいますが、コイン相場が初の主催イベント、Next Economy Conference 2018を2018年9月15日に開催致しました。あいにくの天候だったのですが、350名の方に遊びに来て頂けました。改めまして、登壇者の方、来て頂いた方、ブース出展して頂いた方、スポンサー様、みなさんありがとうございました。開催報告と言っても、Logmiさんが全文を書き起こしてくれたのと、ダイジェスト動画が出来たのでご報告です。今見ても、とても豪華な登壇者の方々なので、お時間がある時に、ぜひ見てみてくださいね。なお、する予定です。共催したい、とか出展したいとか登壇した
    • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

      先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!

    コメント