今日の仮想通貨ニュースまとめ(海外最新情報から国内重要情報まで):2018年1月21日(日)

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

海外ニュース

韓国主要6銀行の仮想通貨取引用口座からの手数料収益が前年比36倍に

韓国金融監督院が最近公表したデータによると、昨年、韓国の大手銀行は仮想通貨投資用バーチャル口座からの手数料として計22億ウォン (約2億2000万円) の収入を得ており、前年の6100万ウォン (約600万円57340ドル) と比べ、全体で36倍にのぼる増収となっていることがわかった。現地の通信社である 聯合ニュース が伝えた。  銀行の収益に関するこのデータは、 ...

今の韓国を見ていると、ウォンの信用より仮想通貨のほうが信用ありそうな気がします。

08年金融危機で活躍の米FDIC元議長「政府はビットコイン禁止すべきでないが規制強化は必要」 今はブロックチェーン関連企業取締役

米連邦預金保険公社(FDIC)の前議長であるシェイラ・ブレア氏が19日、 米CNBCの人気経済番組「ファスト・マネー」において 、政府はビットコイン(BTC)を禁じるべきではないが、デジタル通貨のさらなる規制は必要である、と語った。  同氏は08年の金融危機の際、米国民が金融システムに不安を持つ中で米銀行の取り付け騒ぎを防いだことで有名だ。 ...

肩書きがある人が言うと私みたいな凡人は一喜一憂しますが、これも一個人の意見として見ていただけると。

国内ニュース

大山倍達の仮想通貨「マスコイン」登場 責任者は孫の照羅氏、門下生・ファンらの利用想定

極真空手の創始者・大山倍達氏の名前を冠した仮想通貨「MASOYAMACOIN」(マスコイン)が新たに誕生する。プロジェクトの責任者は倍達氏の孫・大山照羅(あきら)氏で、国内外にある道場の月謝支払いなどに使える決済通貨を目指すという。新規仮想通貨公開(ICO)は2018年5月で、総発行枚数は5億枚。

極真空手の創始者の孫が立ち上げました。

使い道がかなり限られていますがこういうのが仕手のターゲットになるときもありますからねぇ。

ちょっと気になります!!

昨日の上昇銘柄

軟調が続いてますねぇ。

早く上昇気流乗らないかなぁ。。。

昨日の下降銘柄

![/files/upload/blog/201801/0121/0121_low_smart.png]

最近、SMARTやたら登場しますwww

関連記事

  • ポイ活で貯めたポイントを資産運用で増やせる?|仮想通貨・ポイント・おつり投資で稼ごう

    元手ゼロで資産運用をはじめるなんて、そんな美味しい話はありません!と思いきや、ポイ活で貯めたポイントを資産運用にまわせば、まさに元手ゼロで資産運用できるんじゃ!?って思って調べてみると既に方法がいくつかあるんですね。この記事ではポイ活で貯めたポイントを投資する方法をご紹介いたします。「投資をやったことないけど興味はある」という方の参考になりますと幸いです。って思ったあなたは、非常に勿体無いです。とは普段の私生活で利用するネットサービスをポイントサイト経由で利用するだけでお得なポイントがゲットできるお得なサイトです。最近ではとして、あるいは主婦のお小遣い稼ぎの手段としてポイ活(ポイントサイト
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.33 - チャットのスパム通報・ハイパーリンク・AIアラートの開発を進めております。

    先週はサムスンと関連がある仮想通貨が大きく上昇し、仮想通貨市場全体を牽引する一週でした。仮想通貨市場は現在ベアーマーケットではあるが、好材料があればまだ大きく上昇する可能性があることが再確認できました。さて、先週と今週もユーザー様のために頑張って開発を進めております。詳しくは以下の内容からご確認ください。チャット機能をリリースしてから、荒らし行為や煽り行為に対して否定的な方々が多くいらっしゃったと思います。その対策としてコイン相場チームでモニタリングを行っておりますが、全部はカバーできないのでユーザー様から通報ができる機能を実装する予定です。チャットの中でコイン相場アプリのdAppsみんな
  • 【元手ゼロで仮想通貨を稼ぐ】ポイントサイトで貯めたポイントをビットコインに換金しよう!

    「に興味はあるけど、投資するのは恐い」そう感じている方は少なくないのではないでしょうか?それもそのはずです。2017年に大盛り上がりした仮想通貨はその後の取引所ハッキング事件を経て、価格暴落。テレビや新聞も危険性を謳う報道をしてきました。しかし事件の後は、国の規制が入り、仮想通貨取引所は証券会社並みのセキュリティ体制が最低限の運営条件になりました。ハッキングリスクが全くないとは言えませんが、安全面はかなり向上したといえるでしょう。ただし、、、仮想通貨がであることは変わりありません。まだまだ不安定な市場ですから、暴落の危険もありますし、逆に高騰する可能性もあるのです。そこでですが、、、一

コメント