今日の仮想通貨ニュースまとめ(海外最新情報から国内重要情報まで):2018年1月1日(月)

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

明けましておめでとうございます。

2017年は仮想通貨が一気に社会的地位を得た年になりました。

今年はさらに仮想通貨の存在を広めるべく、邁進していきますので引き続きCOIN JINJAをよろしくお願いいたします。

海外ニュース

GoogleやAppleなどが開発した決済用APIにリップルが関係していた? | COIN NEWS

リップルの強みは異なる通貨間の橋渡しができるということです。

これにより送金が一気にスムーズになります。

とりあえず、リップルはガチホということですね。

欧州連合「ビットコインを規制する予定はない」 | COIN NEWS

ビットコインを推進するというよりも投機的な側面が強いから落ち着くまでは通貨としての役割を果たせないので今は様子見って感じです。

そうなんです、ボラティリティが激しいと通貨として使いづらいからあまりユーロの脅威ではないのかもしれません。

国内ニュース

NEMの2018年になぜ凝視が必要なのか?

XEM、買うべきでしょうか?

私は2017年はADAとリップル派だったのでXEMは「上がってるなー、ミスったなー」と指を加えて見ていただけでした。

めっちゃ悩み中です。

昨日の上昇銘柄

2016年2月公開なのでもうそろそろ2年経ちます。

利点はなんと言っても取引手数料がゼロ円という点です。

Mercatoxで購入可能です。

昨日の下降銘柄

昨日の上昇銘柄が今日は下降銘柄になってしまいました。

利確売りでしょうか、時価総額がそこまで大きくない銘柄は仕手の餌食になることが多いので注意が必要です。

2018年もよろしくお願いいたします

今年は2017年以上に仮想通貨がメジャーになると確信しています。

その一翼を担えるようにブログで仮想通貨の魅力を発信し続けて参りますので、引き続きご愛読よろしくお願いいたしますm( )m

関連記事

  • TEAMZが9月28日にBLOCKCHAIN SUMMITを開催

    日頃お世話になっている弊社のCoinJinja読者の皆様と先日NEXTECONOMY CONFERENCEにご参加頂いた皆様、コイン相場をご利用の皆様にパートナーであるTEAMZが開催するTEAMZ BLOCKCHAIN SUMMITのDay1チケット(9/28)を無料でプレゼントいたします!!枚数や期限があるのでお早めにお申込み下さい。スピーカーと出会う機会…世界クラスのリーダーや専門家が一堂に会し、ブロックチェーン業界における最先端のイノベーションについて、今日および今後に向けて話題となっているトピックについて見解を語ります。堀江貴文NEM財団 元代表 – ロン・ウォン(Lon Wong
  • ウォレットの復元について

    新しいスマホで新規作成すると、以前のスマホでウォレットにアクセスできなくなりますので、以前のスマホにデータが残っている方は新規作成をしないでください。ウォレット画面右上からシークレットキー(バックアップキー)をバックアップしてください1. 右上のボタンをタップ 2. シークレットキー(バックアップキー)をタップ3. シークレットキーをコピーウォレットを復元したら、以前のスマホではウォレットにアクセスできなくなるのでご注意ください。
  • 暗号通貨に関する最大の問題のいくつかをPlatioはどのようにして解決するのか

    暗号通貨は、経済を変革する大きな可能性を秘めています。 暗号通貨は、支払いをより速くし、財政的な包括性を高め、すべての種類の取引の機能性を高めることができます。 国家の境界が意味をなくし、世界市民が直接迅速に安価に取引ができるような、かつてない真のグローバル経済がすぐ近くに迫ってきているのです。しかし、すべての暗号通貨の利点に関わらず、その特徴のいくつかは、通常の人々やビジネスによって使用される妨げとなっています。市場がこういった問題の解決策を見いだすことができない限り、暗号通貨が広く普及するには困難を伴うでしょう。ロンドンの金融センターの中心に本部を置く国際フィンテックプロジェクト、Plat

コメント