今日の仮想通貨ニュースまとめ(海外最新情報から国内重要情報まで):2018年1月1日(月)

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

明けましておめでとうございます。

2017年は仮想通貨が一気に社会的地位を得た年になりました。

今年はさらに仮想通貨の存在を広めるべく、邁進していきますので引き続きCOIN JINJAをよろしくお願いいたします。

海外ニュース

GoogleやAppleなどが開発した決済用APIにリップルが関係していた? | COIN NEWS

リップルの強みは異なる通貨間の橋渡しができるということです。

これにより送金が一気にスムーズになります。

とりあえず、リップルはガチホということですね。

欧州連合「ビットコインを規制する予定はない」 | COIN NEWS

ビットコインを推進するというよりも投機的な側面が強いから落ち着くまでは通貨としての役割を果たせないので今は様子見って感じです。

そうなんです、ボラティリティが激しいと通貨として使いづらいからあまりユーロの脅威ではないのかもしれません。

国内ニュース

NEMの2018年になぜ凝視が必要なのか?

XEM、買うべきでしょうか?

私は2017年はADAとリップル派だったのでXEMは「上がってるなー、ミスったなー」と指を加えて見ていただけでした。

めっちゃ悩み中です。

昨日の上昇銘柄

2016年2月公開なのでもうそろそろ2年経ちます。

利点はなんと言っても取引手数料がゼロ円という点です。

Mercatoxで購入可能です。

昨日の下降銘柄

昨日の上昇銘柄が今日は下降銘柄になってしまいました。

利確売りでしょうか、時価総額がそこまで大きくない銘柄は仕手の餌食になることが多いので注意が必要です。

2018年もよろしくお願いいたします

今年は2017年以上に仮想通貨がメジャーになると確信しています。

その一翼を担えるようにブログで仮想通貨の魅力を発信し続けて参りますので、引き続きご愛読よろしくお願いいたしますm( )m

関連記事

  • 新サービス「トークン発行サポート」

    株式会社COINJINJAは新サービス、トークン発行サポートを行います。仮想通貨関連に特化したサービスを行なっている当社のノウハウを駆使してトークン発行から仮想通貨取引所への上場支援まで一気通貫したワンストップサービスをいたします。2017年9月よりICO検索サイト「COINJINJA」、翌月より仮想通貨アプリ「コイン相場」をリリースいたしました。COINJINJAは開始4ヶ月で月間150万PVを達成、アプリは現在日英中韓の4ヶ国語対応で約50万ダウンロードとなっており、数多くの企業様からICOのサポート依頼のお問い合わせをいただき、今回サポートをすることにいたしました。COINJINJAでは
  • コイン相場「ニュース」にDappsカテゴリを追加しました

    仮想通貨アプリ・コイン相場の中では、国内有力仮想通貨メディア・ブログから毎日記事を提供して頂いております。今回は、「カテゴリ」の中に「Dapps」を設け、の3つを追加致しましました。Dappsと言っても、今回は特にGameを取り上げている3つのブログをピックアップさせて頂きました。仮想通貨アプリ・コイン相場のDLは「ニュース」の使い方を実は一度も説明していなかったので、この場を借りて使い方を簡単に説明させてもらいます。※今回はDappsを選択して下さい鉄板なのは、直近1ヶ月位を掛けて、このニュースセクションはカテゴリ分けやソースを含めて精査していく予定です。
  • 【7月2週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報

    BigONEとFCoinがマイニングを再開したことに加え、CoinExの取引所マイニング(コイン相場の機能では「ハミングバード」と命名)をスタートしました。さらにマイニングスピードと安定性も向上させました。マーケットページは、通貨の分類と主要通貨の情報が豊富になりました。マーケットページだけで市場の最新動向を十分に理解することができます。 

コメント