今日の仮想通貨ニュースまとめ(海外最新情報から国内重要情報まで):2018年1月1日(月)

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

明けましておめでとうございます。

2017年は仮想通貨が一気に社会的地位を得た年になりました。

今年はさらに仮想通貨の存在を広めるべく、邁進していきますので引き続きCOIN JINJAをよろしくお願いいたします。

海外ニュース

GoogleやAppleなどが開発した決済用APIにリップルが関係していた? | COIN NEWS

リップルの強みは異なる通貨間の橋渡しができるということです。

これにより送金が一気にスムーズになります。

とりあえず、リップルはガチホということですね。

欧州連合「ビットコインを規制する予定はない」 | COIN NEWS

ビットコインを推進するというよりも投機的な側面が強いから落ち着くまでは通貨としての役割を果たせないので今は様子見って感じです。

そうなんです、ボラティリティが激しいと通貨として使いづらいからあまりユーロの脅威ではないのかもしれません。

国内ニュース

NEMの2018年になぜ凝視が必要なのか?

XEM、買うべきでしょうか?

私は2017年はADAとリップル派だったのでXEMは「上がってるなー、ミスったなー」と指を加えて見ていただけでした。

めっちゃ悩み中です。

昨日の上昇銘柄

2016年2月公開なのでもうそろそろ2年経ちます。

利点はなんと言っても取引手数料がゼロ円という点です。

Mercatoxで購入可能です。

昨日の下降銘柄

昨日の上昇銘柄が今日は下降銘柄になってしまいました。

利確売りでしょうか、時価総額がそこまで大きくない銘柄は仕手の餌食になることが多いので注意が必要です。

2018年もよろしくお願いいたします

今年は2017年以上に仮想通貨がメジャーになると確信しています。

その一翼を担えるようにブログで仮想通貨の魅力を発信し続けて参りますので、引き続きご愛読よろしくお願いいたしますm( )m

関連記事

  • 【11月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.20

    すっかり肌寒くなり、秋もめっきり深まってまいりましたね。年末が近づき、世の中的にも何だか慌ただしい雰囲気になって参りました。そんな中、コイン相場の開発陣も黙々と開発しております。因みに新しいバージョンをリリースしたのはお気づきになりましたか?このバージョンでは読み込み速度が改善されて、動作が滑らかになりましたので是非お試し下さい!通貨詳細にて、ポジションと取引履歴を表示することで、一目で資産状況を確認することが可能になります。(※現在開発中。次回のバージョンアップにてリリース予定) システム改善しページの読み込み速度が大幅に向上しました。dAppの開発者管理画面をリリースしました。開発者は管
  • Betform - オンライン・ギャンブル環境の安全性の向上

    ここ数ヶ月、仮想通貨を利用したゲームの実需が高まっており。さまざまな方法で仮想通貨を利用したゲームが現れています。しかし、この分野の成長が続いているにもかかわらず、それらのゲームのうちごくわずかなものを除き、イーサリアムやビットコインの革新的なシステムを十分に組み込んではいません。イーサリアムやビットコインは純粋な分散型の体験を提供する強力なツールなのです。 たとえ革新的なシステムを適切に組みこめてはいなくとも、イーサリアムやビットコインの技術の柔軟性は、ゲームの面白さの源泉を損なうことなく、それらの技術の要素をシームレスにゲームに組み込むことが可能だということを示しています。以上のような理由
  • 【10月4週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.19

    10月の2・3週目は新機能を追加しました、今週は主にバグの改善に注力しました。 新しいバージョンを審査提出しましたので、通過すれば2・3週目の開発週報でレポートした新機能をご活用いただけます。 今月中旬にはbitcoinのボラリティ増減の指数が追加される予定です。 ポートフォリオの履歴データが改善されました。 ・dApp認証インターフェースを改善予定。

コメント