【API連携】Zaif/ザイフとAPI連携する方法 - 画像付きで分かりやすい!

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

もし、多数の仮想通貨取引所で取引を行っている方々はこの記事に注目してください。

多数の取引所の資産を一目で管理できる機能が今から説明するAPI連携機能です。

一回だけ各取引所と連携しておくと、取引や資産管理がスピーディーにできますので是非、API連携をお試しください。

Zaif(ザイフ)とは?

Zaif運営元はテックビューロという会社です。2018年取引所に不正アクセスにより約70億円の仮想通貨流出被害を受けました。

テックビューロはこの事件によりJASDAQ上場企業であるフィスコグループのフィスコ仮想通貨取引所へZaifの事業を譲渡することを決めている状態です。

Zaifの取り扱い銘柄はビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・ネム(XEM)・ビットコインキャッシュ(BCH)・モナコイン(MONA)です。

人気の高い仮想通貨をたくさん揃えていますので、投資選択肢が多いというメリットがあります。

APIとは

仮想通貨取引所が公開しているAPIは取引所によって若干異なりますが、主に参照・取引・出金の3つの機能を公開しています。

※コイン相場では万が一の危険性を配慮し、参照・取引のみのAPIに対応しています。絶対に出金(withdrow)のチェックは付けないようご注意下さい。

※セキュリティの観点からコイン相場はサーバーレスアーキテクチャー(後ほど解説)を採用しています。

コイン相場アプリと各取引所のAPI連携した際の長所

1.多数の取引所にアクセスする必要がなくなる。

2.資産が円で表記されるので資産管理及びドル(USD)取引になれていないユーザーは取引の判断が早くなる。  

など

コイン相場とは

ポートフォリオ、ウォレット、仮想通貨ニュース、チャート価格アラート、相場ランキング、dApps、税金計算など"便利"で"楽しい"機能が充実した仮想通貨のオールインアプリです。

現在50万ダウンロードを記録しており、国内有数の人気アプリとなっています。

API連携によりポートフォリオの自動連携、ひとつのアプリから複数の取引所での取引、取引所トークンの自動取引が可能です。

▶︎App Store

▶︎Android

API連携 対応取引所(取引)

  • Bigone
  • Binance
  • bitbank
  • Bitfinex
  • bitFlyer
  • Bithumb
  • BitMEX
  • Bittrex
  • Bytex.io
  • Coincheck
  • CoinEx
  • Coinone
  • FCoin
  • FISCO
  • Gate.io
  • HitBTC
  • Huobi
  • Kraken
  • Kucoin
  • Liquid
  • OKEx
  • zaif
  • ZB

API連携 対応取引所(自動売買)

  • CoinEX
  • FCoin
  • Bytex.io
  • BigONE

API連携 対応取引所(ポートフォリオ)

  • Bigone
  • Binance
  • bitbank
  • Bitfinex
  • bitFlyer
  • Bithumb
  • BitMEX
  • Bittrex
  • Bytex.io
  • Coincheck
  • CoinEx
  • Coinone
  • FCoin
  • FISCO
  • Gate.io
  • HitBTC
  • Huobi
  • Kraken
  • Kucoin
  • Liquid
  • OKEx
  • zaif
  • ZB
  • CoinPark
  • Simex

コイン相場のポートフォリオ管理機能では上記に加えて9個のウォレットと連携し自動反映することができます。

対応ウォレット

  • Bitcoin
  • Bitcoin Cash
  • Ethereum
  • Ripple
  • EOS
  • NEM
  • MONA
  • ADA
  • Counterparty

コイン相場はセキュリティ重視のサーバレスを採用

通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。

コイン相場ではサーバーレスアーキテクチャを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。

API連携時の注意点

  • APIキー生成の際に「出金」「Withdraw」の項目にはチェックを入れない
  • 利用サービスのAPIキーのセキュリティ管理方針を確認する
  • アプリを利用する場合には、本体のウィルス感染や紛失には要注意 となります。

スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。

【手順】

1.開発者向けAPIより取得

二段階認証している場合は再度ログイン

2.「Info」と「Trade」(2項目)にチェックしてcreateを押す

3.「key」と「secret」をアプリに貼り付け

4.貼り付け後ログイン

5.ログイン後、トレード可能です

APIキーが認証されない場合はこちらの記事をご覧下さい。

API連携がうまくいかない

コイン相場の使い方とFAQ

コイン相場のトリセツ

まずはコイン相場のダウンロード

▶︎App Store   ▶︎Android

コインポイン

関連記事

  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・

コメント