【API連携】Zaif/ザイフとAPI連携し仮想通貨取引やポートフォリオ管理を効率化する方法

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

もし、多数の仮想通貨取引所で取引を行っている方々はこの記事に注目してください。

多数の取引所の資産を一目で管理できる機能が今から説明するAPI連携機能です。

一回だけ各取引所と連携しておくと、取引や資産管理がスピーディーにできますので是非、API連携をお試しください。

Zaif(ザイフ)とは?

Zaif運営元はテックビューロという会社です。2018年取引所に不正アクセスにより約70億円の仮想通貨流出被害を受けました。

テックビューロはこの事件によりJASDAQ上場企業であるフィスコグループのフィスコ仮想通貨取引所へZaifの事業を譲渡することを決めている状態です。

Zaifの取り扱い銘柄はビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・ネム(XEM)・ビットコインキャッシュ(BCH)・モナコイン(MONA)です。

人気の高い仮想通貨をたくさん揃えていますので、投資選択肢が多いというメリットがあります。

APIとは

仮想通貨取引所が公開しているAPIは取引所によって若干異なりますが、主に参照・取引・出金の3つの機能を公開しています。

※コイン相場では万が一の危険性を配慮し、参照・取引のみのAPIに対応しています。絶対に出金(withdrow)のチェックは付けないようご注意下さい。

※セキュリティの観点からコイン相場はサーバーレスアーキテクチャー(後ほど解説)を採用しています。

コイン相場アプリと各取引所のAPI連携した際の長所

1.多数の取引所にアクセスする必要がなくなる。

2.資産が円で表記されるので資産管理及びドル(USD)取引になれていないユーザーは取引の判断が早くなる。  

など

コイン相場とは

ポートフォリオ、ウォレット、仮想通貨ニュース、チャート価格アラート、相場ランキング、dApps、税金計算など"便利"で"楽しい"機能が充実した仮想通貨のオールインアプリです。

現在50万ダウンロードを記録しており、国内有数の人気アプリとなっています。

API連携によりポートフォリオの自動連携、ひとつのアプリから複数の取引所での取引、取引所トークンの自動取引が可能です。

▶︎App Store

▶︎Android

API連携 対応取引所(取引)

  • Bigone
  • Binance
  • bitbank
  • Bitfinex
  • bitFlyer
  • Bithumb
  • BitMEX
  • Bittrex
  • Bytex.io
  • Coincheck
  • CoinEx
  • Coinone
  • FCoin
  • FISCO
  • Gate.io
  • HitBTC
  • Huobi
  • Kraken
  • Kucoin
  • Liquid
  • OKEx
  • zaif
  • ZB

API連携 対応取引所(自動売買)

  • CoinEX
  • FCoin
  • Bytex.io
  • BigONE

API連携 対応取引所(ポートフォリオ)

  • Bigone
  • Binance
  • bitbank
  • Bitfinex
  • bitFlyer
  • Bithumb
  • BitMEX
  • Bittrex
  • Bytex.io
  • Coincheck
  • CoinEx
  • Coinone
  • FCoin
  • FISCO
  • Gate.io
  • HitBTC
  • Huobi
  • Kraken
  • Kucoin
  • Liquid
  • OKEx
  • zaif
  • ZB
  • CoinPark
  • Simex

コイン相場のポートフォリオ管理機能では上記に加えて9個のウォレットと連携し自動反映することができます。

対応ウォレット

  • Bitcoin
  • Bitcoin Cash
  • Ethereum
  • Ripple
  • EOS
  • NEM
  • MONA
  • ADA
  • Counterparty

コイン相場はセキュリティ重視のサーバレスを採用

通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。

コイン相場ではサーバーレスアーキテクチャを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。

API連携時の注意点

  • APIキー生成の際に「出金」「Withdraw」の項目にはチェックを入れない
  • 利用サービスのAPIキーのセキュリティ管理方針を確認する
  • アプリを利用する場合には、本体のウィルス感染や紛失には要注意 となります。

スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。

【手順】

1.開発者向けAPIより取得

二段階認証している場合は再度ログイン

2.「Info」と「Trade」(2項目)にチェックしてcreateを押す

3.「key」と「secret」をアプリに貼り付け

4.貼り付け後ログイン

5.ログイン後、トレード可能です

APIキーが認証されない場合はこちらの記事をご覧下さい。

API連携がうまくいかない

コイン相場の使い方とFAQ

コイン相場のトリセツ

まずはコイン相場のダウンロード

▶︎App Store   ▶︎Android

関連記事

  • 仮想通貨でお小遣い稼ぎをする3つの方法【2019年版】

    仮想通貨投資はオワコン、と言われ始めてはや何ヶ月・・・という感もありますが、ちょっと投資は置いておいて、仮想通貨でお小遣い稼ぎをする方法ってどうなんだろうというお話です。ご存知のように仮想通貨市場は一時期のような盛り上がりは無く、「今からお金を入れるのはどうなの!?」と思うような状況です。なので、一旦ここでは、、お金を掛けずに仮想通貨でお小遣い稼ぎをする方法を考えていきます。少しづつですが、サービスを利用するだけで仮想通貨が貰えるものが出てきています。日本ではというブログサービスが一番有名ですね。ブログ記事を書いたり、いいねを押す事で、 ALIS という仮想通貨が貰えます。世界的にも有名な
  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう
  • 【開催報告】Next Economy Conference 2018

    かれこれ、もう5ヶ月も前の話になってしまいますが、コイン相場が初の主催イベント、Next Economy Conference 2018を2018年9月15日に開催致しました。あいにくの天候だったのですが、350名の方に遊びに来て頂けました。改めまして、登壇者の方、来て頂いた方、ブース出展して頂いた方、スポンサー様、みなさんありがとうございました。開催報告と言っても、Logmiさんが全文を書き起こしてくれたのと、ダイジェスト動画が出来たのでご報告です。今見ても、とても豪華な登壇者の方々なので、お時間がある時に、ぜひ見てみてくださいね。なお、する予定です。共催したい、とか出展したいとか登壇した

コメント