2017年12月注目のICOランキングTOP10発表!

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    COIN JINJAで2017年12月に注目を集めたICOのTOP10を

    COIN JINJAの個別ICO紹介ページへのアクセスの多さをベースに編集部独自の目線でランキング形式で発表していきます。

    (※QASHなど日本のICOは別途詳細な記事にします)

    計算方法 ・1ドル=112円

    ・1ETH=110,000円

    ・!BTC=1,840,000円

    ・100万円以下切り捨て

    11月が1ETH=50,000円で計算していたのでETHで調達して今もホールドしていたチームが羨ましいです。

    調達したETHをいくら現金化したかとかは不明なのでその点はあしからず。



    第10位: REGEN

    ビットコインのように高い送金手数料をなくし、カジノでも使えるウォレット機能を備えます。

    調達金額:8億9000万円(1ドルで全て発行したと仮定)



    第9位: SonoCoin

    ゲーム業界や広告業界で使用される通貨を目指しています。

    第2期のセール中で、1.5ドルで購入可能です。

    1期目調達金額:21億円



    第8位: SwissBorg

    スマートコントラクトを利用してスイスのプライベート・バンクのサービスが受けられます。

    調達金額:14億円以上(現在募集中)



    第7位:Bankera

    従来の銀行と同じサービスを仮想通貨で早く安く提供します。

    調達金額:229億9500万円



    第6位: Bread

    以前、COIN JINJAでも記事にしました。

    ウォレットと送金機能がセットになったサービスです。

    調達金額:約36億円



    第5位: Naga

    本体はドイツの証券取引所に上場しているので安心感が強いです。

    2015年創業の若いFinTechの会社で金融業界の古い体質にイノベーションを起こすことをミッションに掲げています。

    調達金額:78億円(※発行時の1ドルで計算)



    第4位: TokenPay

    現在進行中のプロジェクトです。

    動画では世界で一番安全なコインを目指すと述べています。

    調達金額:39億円



    第3位: X8 Project

    8つの法定通貨と金で連動しており、資産としての保全性が高く現金化が容易です。

    調達金額:不明(サイトに非掲示のため)



    第2位: Okoin

    VRでのポルノプラットフォームです。

    このサイトでもアクセス多いですが、世界共通でアダルトは人気高いですね。

    調達金額:23億円



    第1位: Sirin Labs

    高度なセキュリティーを備えたスマホを開発しています。

    ファウンダー曰く、今のスマホはユーザー体験を重視しすぎてセキュリティーが弱いと指摘しています。

    確かにそれは同意です。

    調達金額:177億円

    コインポイン

    関連記事

    • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

      ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
    • ビットポイント、ハッキングで資金流出

      日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
    • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

      ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・

    コメント