2017年12月注目のICOランキングTOP10発表!

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    COIN JINJAで2017年12月に注目を集めたICOのTOP10を

    COIN JINJAの個別ICO紹介ページへのアクセスの多さをベースに編集部独自の目線でランキング形式で発表していきます。

    (※QASHなど日本のICOは別途詳細な記事にします)

    計算方法 ・1ドル=112円

    ・1ETH=110,000円

    ・!BTC=1,840,000円

    ・100万円以下切り捨て

    11月が1ETH=50,000円で計算していたのでETHで調達して今もホールドしていたチームが羨ましいです。

    調達したETHをいくら現金化したかとかは不明なのでその点はあしからず。



    第10位: REGEN

    ビットコインのように高い送金手数料をなくし、カジノでも使えるウォレット機能を備えます。

    調達金額:8億9000万円(1ドルで全て発行したと仮定)



    第9位: SonoCoin

    ゲーム業界や広告業界で使用される通貨を目指しています。

    第2期のセール中で、1.5ドルで購入可能です。

    1期目調達金額:21億円



    第8位: SwissBorg

    スマートコントラクトを利用してスイスのプライベート・バンクのサービスが受けられます。

    調達金額:14億円以上(現在募集中)



    第7位:Bankera

    従来の銀行と同じサービスを仮想通貨で早く安く提供します。

    調達金額:229億9500万円



    第6位: Bread

    以前、COIN JINJAでも記事にしました。

    ウォレットと送金機能がセットになったサービスです。

    調達金額:約36億円



    第5位: Naga

    本体はドイツの証券取引所に上場しているので安心感が強いです。

    2015年創業の若いFinTechの会社で金融業界の古い体質にイノベーションを起こすことをミッションに掲げています。

    調達金額:78億円(※発行時の1ドルで計算)



    第4位: TokenPay

    現在進行中のプロジェクトです。

    動画では世界で一番安全なコインを目指すと述べています。

    調達金額:39億円



    第3位: X8 Project

    8つの法定通貨と金で連動しており、資産としての保全性が高く現金化が容易です。

    調達金額:不明(サイトに非掲示のため)



    第2位: Okoin

    VRでのポルノプラットフォームです。

    このサイトでもアクセス多いですが、世界共通でアダルトは人気高いですね。

    調達金額:23億円



    第1位: Sirin Labs

    高度なセキュリティーを備えたスマホを開発しています。

    ファウンダー曰く、今のスマホはユーザー体験を重視しすぎてセキュリティーが弱いと指摘しています。

    確かにそれは同意です。

    調達金額:177億円

    関連記事

    • マイナーにとって素晴らしい日

      私たちの早期優先マイナーは、3日間の独占的なマイニング権を享受しており、7/11夜、最初のATと報酬を受け取りました。 マイナーにはどのようなメリットがありますか?私たちは何人かの早期優先マイナーと話し合い、素晴らしい話を伺うことができました。 優先マイナーの1人は、友人の紹介から参加した方でした。 彼はマイニングをして大きな衝撃を受け、スクリーンショットを送ってくれました。トレードとマイニングを通じて、1.57ETHは1.603ETH、0.000184BTC、0.000723USDT、5.19ATに増えました。まったく心配しないでください。7/12午後12時から、ABCCはTrade-to-
    • 【API連携】CoinEx/コインイーエックスのAPI連携

      通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。APIを取得したときのIPアドレスとアプリを使用する場所が違うとIPアドレスが変わり、ログインできなくなります。ログイン
    • 新興の仮想通貨取引所ABCCが本日(7月12日)午後1時から取引マイニングを開始

      仮想通貨取引所ABCCは数日前に、ATトークンのリリースを発表し、取引マイニングを開始している。4日間のプレマイニング期間が終了し、本日(7月12日)午後1時から全てのユーザーに取引マイニングが開放される。同取引所はFuncity Capital、Dream Seeker Capitalなどからの出資を受けている。既にマイニングが始まり、この数日間で、Coinhillsでは7位に位置する取引高を記録している。現段階では、ABCCではAPIを開放しておらず、数週間後に開放を想定している。現在の取引高が続くようであれば開放後にはさらなる取引高の増加が見込まれる。1. 第1半減期におけるATの総数:

    コメント