Blackmoon投資ファンドのトークン化プラットフォームが仮想通貨はさらなる盛り上がりを見せる

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

トークンファンドで現実の世界と暗号経済の両方に投資機会を提供するために世界最高のフレームワークを作成することを目指しています。

ボーナス

  • プレオーダー & 最初の48時間 1 BMC = 1.00 USD
  • 3日目 ~ 7日目 1 BMC = 1.05 USD
  • 7日目以降 1 BMC = 1.10 USD

実世界と仮想通貨経済の両方で投資機会を提供するため、世界最高峰のトークン化された資金の枠組みを作り、維持することを目指しています。これは認可機関に柔軟性をもたらし、仮想通貨投資に対する蓄積された財務知識を活かします。

両者への利点

地方分権化、透明性、取引可能性、コスト効率など、クリプト世界全体の利益を維持しながら、収入源の多様化を行います。

持続可能性

投資ファンドの法的に準拠した構造は、当社の法律顧問によって審査され承認されます。規制リスクを分類することにより、Blackmoon Crypto Platformは投資家の信頼を高め、投資プロセスの持続可能性を提供します。

標準化

個人投資家や機関投資家からの投資を誘致することが可能で、現在トークン化された投資ファンドを設定するための業界標準を導入する適切な時期です。

透明性

投資ファンドは、大量の細かいレポートで報告を行うようなブラックボックスではありません。これにより、投資管理者の説明責任と投資家の信頼が大幅に向上します。

スケーラビリティ

Blackmoon Crypto Platformを使用することで、投資マネージャーは、必要なITおよび法的インフラストラクチャを作成する際の苦労や手間をかけずに、トークン化された投資ファンドを設定して実行可能です。

流動性とユーザー

クリプト投資運用マネージャーのように、フィアット世界出身の投資マネージャーは、簡単にトークン化された投資ファンドを作成し、既存の顧客にブロックチェーンの利点のすべてを提供することができます。

詳細を確認

関連記事

  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
  • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

    より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の

コメント